« 洛南の紅葉名所 泉涌寺(その3) | トップページ | わが家の年末年始 »

2015年1月 1日 (木)

洛南の紅葉名所 泉涌寺(終)

坂道をさらに上がった行き止まりに「孝明天皇後月輪東山陵」がありました。
 
2014_11280361
 
 

こちらの陵はかなりの規模があるようです。
 
2014_11280362
 
 

通用口にはしっかり鍵がかけられています。
 
2014_11280363
 
 

元来た坂道を引き返します。右手には石柱の柵が続いています。
 
2014_11280364
 
 

Y字路まで戻って、「今熊野観音寺」にも立ち寄りました。東山三十六峰のひとつ今熊野山に建つ泉涌寺の塔頭寺院です。後で気づきましたが、来迎院の前にある細い道が近道だったようです。鳥居橋を渡ります。
 
2014_11280365
 
 

『正しくは「新那智山今熊野観音寺」といい、西国三十三所観音霊場第十五番目の札所になっている。空海が自ら観音像を刻んで草堂に安置したのが始まりと言われ、斉衡年間(854-857年)左大臣藤原の緒嗣(おつぐ)が伽藍を造営したとも伝える。文暦元年(1234年)後堀河上皇を葬るなど、歴朝の崇敬を得て栄えた』と説明されています。
 
2014_11280366
 
 

楓(かえで)が多いことで深紅に染まったアーチの下に参道が続きます。
 
2014_11280368
 
 

簡素な門があります。右手の石柱に、「荒神道」と「楊貴妃観世音」へ行く道があることが表示されています。
 
2014_11280370
 
 

まず、本堂へ向かう石段を上がります。
 
2014_11280372
 
 

石段の先にあるスペースには紅葉茣蓙(ござ)が敷き詰められていました。
 
2014_11280373
 
 

子護(弘法)大師像
 
2014_11280375
 
 

右手前にある鐘楼
 
2014_11280376
 
 

右手には「ぼけ封じ観音」
 
2014_11280378
 
 

その奥には大師堂
 
2014_11280377
 
 

小高い場所には多宝塔
 
2014_11280379
 
 

弘法大師の霊水「五智水」
 
2014_11280381
 
 

新那智山今熊野観音寺の「本堂
 
2014_11280380
 
2014_11280382
 
 

本堂に参拝したあと、大講堂の方へ向かうと、「菩提樹」がありました。
 
2014_11280383
 
 

門の方角を見下ろしました。
 
2014_11280384
 
 

講堂の展望台から見た紅葉
 
2014_11280385
 
 

歩き疲れた上に日没が近づきましたので、おチビちゃんの家に戻ることにして、京都タワーを見ながら泉涌寺道を九条通り(東大路通)へ向かいました。(終)

« 洛南の紅葉名所 泉涌寺(その3) | トップページ | わが家の年末年始 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/60904491

この記事へのトラックバック一覧です: 洛南の紅葉名所 泉涌寺(終):

« 洛南の紅葉名所 泉涌寺(その3) | トップページ | わが家の年末年始 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ