« 臺灣縦断超速美食紀行 台北市で台湾郷土料理を楽しむ | トップページ | 臺灣縦断超速美食紀行 桃園国際空港から帰国(後編) »

2015年1月 5日 (月)

臺灣縦断超速美食紀行 桃園国際空港から帰国(前編)

中山高速公路から桃園空港へ向かう平面レーン入ります。
 
2014_10230813

 
亀山(ぐいしゃん)と林口(りんこう)方面の出入り口を通過
 
2014_10230815
 
ETC
(自動課金装置)を発見
 
2014_10230816

 
中山高速公路(国道1号)から機場支線(国道2号)にそれました。
 
2014_10230817

 
台湾新幹線が高架上を通過して行きます。
 
2014_10230818
 
 

着陸態勢に入った飛行機が見えました。
 
2014_10230819
 
 

桃園(たおゆあん)国際空港の敷地内に入りました。
 
2014_10230821
 
 

第一旅客ターミナルへ向かうようです。
 
2014_10230822
 
 

しかし、第二旅客ターミナルが前方に見えてきました。
 
2014_10230823
 
 

バスはまだまだ空港内を走ります。
 
2014_10230825
 
 

これは第一旅客ターミナルの先にある新しい管制塔です。ここで大きく折り返すようです。
 
2014_10230826
 
 

ターミナルをほぼ半周したようで、再び第一旅客ターミナルが現れました。
 
2014_10230827
 
 

旅客ターミナルの間にある管制塔が近づきました。
 
2014_10230828
 
 

今度は第二旅客ターミナルです。
 
2014_10230829
 
その入口はこちら
 
2014_10230830
 
 

前方に旅客機と戦闘機が見えます。航空科学館のエリアを横切ります。
 
2014_10230831
 
またまた第二旅客ターミナルかと思っていると、この先でバスがやっと止まりました。最初に見かけた「二航出境」(第二旅客ターミナル・出国)の案内標識に従って左折しそびれたため、かなり遠回り(2つのターミナルを周回)したように思われます。第一・第二旅客ターミナルが縦に並んでいるため、空港エリアに入った車は先ず第二旅客ターミナル(到着)・次いで同(出発)、第一旅客ターミナル(到着)と第一旅客ターミナル(出発)の脇を通過してから管制塔の手前を折り返しても、各ターミナルに横付けできるようにバス用のアクセスルートがレイアウトされているようです。やっと、第二旅客ターミナルの大客車下車(バス降車所)へ向かいます。
 
2014_10230832
 
 

第二旅客ターミナル内に入りました。
 
2014_10230833
 
 

出発ホールの表示があります。
 
2014_10230834
 
 

3階の出発ホールに到着
 
2014_10230835
 
 

(続く)

« 臺灣縦断超速美食紀行 台北市で台湾郷土料理を楽しむ | トップページ | 臺灣縦断超速美食紀行 桃園国際空港から帰国(後編) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/60925778

この記事へのトラックバック一覧です: 臺灣縦断超速美食紀行 桃園国際空港から帰国(前編):

« 臺灣縦断超速美食紀行 台北市で台湾郷土料理を楽しむ | トップページ | 臺灣縦断超速美食紀行 桃園国際空港から帰国(後編) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ