« 春の萌(きざ)し 「せたがや梅まつり」とスマート・スシ・ダイニング「ツマミグイ中目黒店」(最終回) | トップページ | 初春の湯島散策 湯島天神 梅まつり(その1) »

2015年2月25日 (水)

池井戸潤著「ロスジェネの逆襲」を読む

半沢直樹シリーズの第3弾である経済小説「ロスジェネの逆襲」(2012年ダイヤモンド社刊、1500円+税)を読みました。『別冊文藝春秋』で連載された前2作の「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」(2013年7月7日から9月22日までTBS系列でテレビドラマ化)とは異なり、経済専門雑誌『週刊ダイヤモンド』の2010年8月7日号から2011年10月1日号まで連載された小説を単行本化したものです。ちなみに、タイトルにある「ロスジェネ」とはロス・ジェネレーション(ロスジェネ、失われた世代)世代のことで、元々は第1次世界大戦後に活躍した米国人作家(ヘミングウェイなど)に代表される世代を指したが、日本ではバブル崩壊後の「失われた10年」(1993年から2005年ころまで)に就職氷河期のさなかに社会に出た昭和40年代後半から50年代前半の生まれの若者たちを指します。

 

高層ビルを俯瞰する景色が描かれたソフトカバーの表紙を捲(めく)って現れたジャケットには、『ときはー行の系列子会社東京セントラル証券の業績は鳴かず飛ばず。そこにIT企業の雄、電脳雑伎集団社長から、ライバルの東京スパイラルを買収したいと相談を受ける。アドバイザーの座に就けば、巨額の手数料が転がり込んでくるビッグチャンスだ。ところが、そこに親会社である東京中央銀行から理不尽な横槍が入る。責任を問われて窮地に陥った主人公の半沢直樹は、部下の森山雅弘とともに、周囲をアットといわせる秘策に出たーーー。胸のすくエンタテイメント企業小説!』とあります。

 

                          ☆

 

主人公の半沢直樹が東京中央銀行の営業第二部次長から同銀行の証券子会社「東京セントラル証券」に出向して(営業企画部長に左遷されて)約二カ月後の十月、電脳雑伎集団(でんのうざつぎしゅうだん)の平山一正社長と副社長の妻美幸が同社を訪れて、東京スパイラル(スパイラル)を買収し、その上でアドバイザーになってもらいたいと申し入れてきたことから物語が始まった。

 

半沢の部下である諸田(もろた)祥一次長は自部門の収益改善になるとして引き受けに積極的であるが、電脳雑伎集団の担当である森山雅弘調査役は慎重な意見を述べる。これに苛立(いらだ)った諸田次長は強引に半沢の了承を得ると、プロパー社員の森山を外して同じ銀行からの出向組(バブル入行組)の三木重行調査役をリーダーとして4名のプロパー社員をチームメンバーに人選した。

 

東京セントラル証券は証券会社としての業歴が浅く、大型買収のノウハウも持ち合わせていないため、半沢は敵対買収になりそうなこの案件に乗り気ではなかったが、部下の諸田に押し切られた形ではこの案件のアドバイザーチームを発足させ、買収のスキームを練らせる。収益を高くできることから成功報酬とすべきであるとの諸田の提案が東京セントラル証券の岡光秀社長(元東京中央銀行の専務取締役)に承認され、電脳雑伎集団との契約が調印された。

 

頭取の椅子を巡る出世競争に敗れて一年前に現職に就いた岡は企業買収の分野で高収益を上げ、親会社の鼻を明かしたいからだ。しかし、諸田の鼻息とは裏腹に、三木をリーダーとするプロジェクトチームは、それから一週間ほど経っても具体的なスキームを出せないでいた。半沢の見直し指示で提案書らしきものがまとまったのは、それからさらに一週間ほどしてからである。それを持参して電脳雑伎集団に平山社長のもとを訪ねると、対応の遅さを理由にアドバイザー契約は無かったことにしたいと取りつく島がない。

 

会社へ戻った半沢に銀行の同期である融資部の渡真利忍(とまりしのぶ)から電話があり、東京中央銀行の証券営業部が電脳雑伎集団と企業買収のアドバイザー契約を結んだらしいとの情報を教えられる。半沢はすぐに電脳雑伎集団の平山社長に電話すると、平山は突慳貪(つっけんどん)な口調でその事実を認めた。対応の遅さは単なる口実に過ぎず、図らずも証券側に情報をリークした人物がいることを示していた。半沢はいった。「この借りは必ず返す。やられたら倍返しだ」。

 

人事部の横山(出向組)から半沢は銀行の人事部付きになるかもしれないことと、三木が銀行の証券営業部へ異動することについての意見を求められた。実質的には内示である。そして、三木は銀行へ戻った。十一月初旬の月曜日、渡真利からの電話で電脳に対する支援(1500億円)が承認されたらしいと聞かされた。広報室が明日記者会見を準備していることを知った半沢は、電脳が東京スパイラルの株式を買い始めるとみて部下の森山に命じて株価をモニターさせるが、翌日は大量に買いが入っている様子はまったくない。

 

しかし、渡真利から電脳が東京スパイラル株式の三割弱を市場外取引で買い占めたことを知らされた。三分の一以上の株式を買い取る場合は公開買い付けが必要になるからである。そして、年末までに残る二割強の株式を公開買い付けすることが発表され、東京スパイラルを傘下に収める目論見が明らかになった。

 

やがて、半沢はこの買収劇の裏に隠された真実を知ることとなるが、立ち塞がるさまざまな障害を社内外の多くの人物たちの協力を得て一つひとつ排除しながら、攻めの姿勢を貫いて核心に迫って行く。しかし、証券部門出身の三笠洋一郎副頭取の支持を受けた証券営業部(伊佐山泰二部長)は行内の根回しに注力して半沢の動きを封じ込め、半沢を絶対絶命に追い込むとともに、半沢自身の身分を窮地(きゅうち)に陥(陥れおとしい)れて行く。

 

そこで、前二作と同様、クライマックス・シーンで半沢が打って出たここ一番の大勝負は?

 

                          ☆

 

《読後感》 池井戸潤氏ならではの軽妙な文体は読みやすく、登場人物の近くにいるような錯覚を読者に持たせ、印象的な導入部とダイナミックなストーリー展開が読者を一気に惹(ひ)きつける。半沢直樹のユニークな考えと突飛な行動には現実感が乏しいことを分かっていながらも、読者は半沢が次にどんな手を打つかに期待してしまう。そして、「勧善懲悪」を絵に描いたような本小説の結末はテレビドラマ「水戸黄門」が持つ抗しがたい魅力に通底(つうてい)するものがあるようだ。

« 春の萌(きざ)し 「せたがや梅まつり」とスマート・スシ・ダイニング「ツマミグイ中目黒店」(最終回) | トップページ | 初春の湯島散策 湯島天神 梅まつり(その1) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/61139048

この記事へのトラックバック一覧です: 池井戸潤著「ロスジェネの逆襲」を読む:

« 春の萌(きざ)し 「せたがや梅まつり」とスマート・スシ・ダイニング「ツマミグイ中目黒店」(最終回) | トップページ | 初春の湯島散策 湯島天神 梅まつり(その1) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ