« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 デンパサール市内(その3) 専用シャトルバスでもう一つのホテル「アヤナ・リゾート&スパ バリ」へ(前編) | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 デンパサール市内(その5) バティック工房「アディ・バティック」 »

2015年3月25日 (水)

インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 デンパサール市内(その4) 専用シャトルバスでもう一つのホテル「アヤナ・リゾート&スパ バリ」へ(後編)

敷地内に点在するバーやグリルはまだ開店していません。
 
2015_03110160
 
2015_03110161
 
2015_03110164
 
2015_03110162
 
 

チャンドラ・スリア庭園を海へ向かって歩くと、「崖に注意!」の標識がありました。下を覗(のぞ)いてみたくなりますが・・。どうしても見たい方は同ホテルの「バーチャル・ツアー」にアクセスしてください。
 
2015_03110163
 
 

目当ての「ロックバー」は海岸の近くまで急な崖を下りる必要があるようですから、時間の制約で立ち寄ることを断念しました。

 

メインロビーに戻っても同行者の姿がありません。もしかしてと思い、ブティック店を覗(のぞ)くと、同行者がカウンターで支払いをしているところでした。Tシャツと小物類を土産物として購入したようです。「アヤナ・レジデンス・バリ」や「クブ・ビーチ」に立ち寄る時間的な余裕はありませんから、とんぼ返りですが、「リンバ」へ戻ることにしました。帰路は運転手のすぐ後ろの座席に座りました。もちろん、写真を撮影するためです。ホテルを出発するとほどなく路傍に大きな瓶(かめ)を発見。
 
2015_03110171
 
 

そして、「アヤナの道標」を通過します。「ホテル入口」以外の「クリフビラロビー(Cliff Villa Lobby)」「サーメス・マリンバリ・スパ(Thermes Marine Bali Spa)」「クブ・ビーチ(Kubu Beach)」はこの先にあると表示されていました。ここにも巨大な器が!
 

2015_03110172
 
この植込みが美しいロータリーはアヤナ・リゾート内の幹線道路と「アヤナ」へのアクセス道路の分岐点です。
 
2015_03110173
 
緩(ゆる)やかにカーブしながら「リンバ」への道が続きます。174
 
2015_03110174

 
あっという間に「リンバ」へ帰着。いつものことですが、帰り道は行く時より近いものです。
 
2015_03110175

 
メインロビーの奥にある人工池は水面下に円形のベンチがあります。
 
2015_03110177

 
好奇心が旺盛(おうせい)な同行者はさっそくそこへ向かいます。
 
2015_03110178
 
ベンチに座って見た景色
 
2015_03110179
 
2015_03110180

 
(続く)

« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 デンパサール市内(その3) 専用シャトルバスでもう一つのホテル「アヤナ・リゾート&スパ バリ」へ(前編) | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 デンパサール市内(その5) バティック工房「アディ・バティック」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/61334819

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 デンパサール市内(その4) 専用シャトルバスでもう一つのホテル「アヤナ・リゾート&スパ バリ」へ(後編):

« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 デンパサール市内(その3) 専用シャトルバスでもう一つのホテル「アヤナ・リゾート&スパ バリ」へ(前編) | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 デンパサール市内(その5) バティック工房「アディ・バティック」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ