« 初春の湯島散策(最終回) 湯島のグルメ イタリア料理店「グラット・シエル」 | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 成田空港発 »

2015年3月12日 (木)

最近、注目したニュース(2件)

その1 「大手家具店のお家騒動」

 

昨日配達された郵便物を確認していて2通の封書に目が止まりました。いずれの封筒にも「O家具」の名前がありました。しかし、封筒の色調はそれぞれ緑色と茶色で異なります。封書の内容物を確認すると、前者は株主総会における委任を求める議決権行使書で、後者は同じく委任状でした。通常は前者のみのはずですが、今回はなぜか2通あるのです。そして送り主は、前者が株式会社O家具、後者が会長O氏の事務局。ここまで確認すれば間違いありません。テレビなどで連日取り上げられている「O家具」の御家騒動(骨肉の争い)によって生じたプロキシーファイト(委任状争奪戦)に私個人も巻き込まれたのです。
 

O家具」との出会いは20年ほど前にアメリカから帰国した時でした。アメリカから持ち帰ったアメリカ製の木製家具にマッチする家具を求めるため、江東区の有明に出来て間もない「O家具」の本社ショールームへ出かけて、リビングルーム用の木製ソファーと小物家具を購入したのです。その際に会員登録をしています。しかし、それ以降は幽霊会員も同然で、国際会議場へ出かけるためにユリカモメに乗った時に車窓から大きな店舗を眺めるだけになりました。
 

その後、長期にわたる同社の業績低迷を受けて前社長の長女で才媛の現社長(竹取物語の赫映姫をもじって家具屋姫と呼ばれている)が6年ほど前に後継社長になりましたが、その新しいビジネス戦略と改善し始めた業績に注目して同社の小口株主になったのです。しかし、昨年7月に業績低迷(実際は経営方針の違い)を理由に社長を突然解任され、会長である前社長が復帰して社長職を兼務しました。しかし、経営戦略を強引に後戻りさせたことで社内が混乱して業績がさらに悪化したため、半年後の今年1月に開かれた取締役会で前社長が復帰することが急遽決定されました。
 

それを受けて会長は3月27日に本社で開催される株主総会の場で巻き返しを図ることを表明し、株式配当を現在の3倍に引き上げると発表するなど、多数派工作に乗り出したのです。一方、大手投資ファンドの一つが現社長を支持する側に回ったようで、どちらが多数派に成功するかはまだ予断を許しません。熟慮したうえでどちらかを期日までに返信するつもりです。

 

 

その2 「ISISによる遺跡破壊」

 

過激派組織ISIS(通称イスラム国あるいはIS)がイラク北部モスルの郊外にあるユネスコが認定した世界遺産のハトラ遺跡(約2000年前に栄えた古代パルティア王国の都市遺構)を爆破し始めたとのニュースをインドネシアの観光旅行中に知ってショックを受けました。本件はタリバンが2001年にアフガニスタンにあるバーミヤンの巨大石仏を破壊したことに並ぶ暴挙と言わざるを得ません。

81実は、今から30年ほど
前に隣国シリアの中央部にあるローマ帝国支配時の都市遺跡であるパルミラ遺跡(世界遺産)を訪れたことがありました。パルミラは地中海沿岸のシリアやフェニキアと東のメソポタミアやペルシアを結ぶ交易路となっており、シリア砂漠を横断するキャラバンにとって非常に重要な中継点であったようです。

首都ダマスカスから230kmほど北東方向に位置するパルミラ遺跡を訪れるため、悪路を片道5時間近く走ったと記憶しています。両者はいずれも中東を代表する遺跡です。(写真は隣国ヨルダンのアンマン市内にある古代ローマ遺跡ジェラシュで雰囲気が似ている)

余談ですが、私の当時のパスポートにはシリアを訪れた記録が残っていたため、その後アメリカへ出張した時に空港での入国審査中に別室へ連れて行かれて事情聴取を受けたことがあります。当時からシリアはアメリカに取って危険国と見做(みな)されていたのです。

今月初旬ののインドネシア旅行で訪れたジャワ島のボルブドゥール遺跡でも30年ほど前に同様の遺跡を爆弾を使って破壊するテロがあったことを知りました。次回から投稿を開始するインドネシア旅行記の中で関連の記事を投稿する予定です。

« 初春の湯島散策(最終回) 湯島のグルメ イタリア料理店「グラット・シエル」 | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 成田空港発 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/61270347

この記事へのトラックバック一覧です: 最近、注目したニュース(2件):

« 初春の湯島散策(最終回) 湯島のグルメ イタリア料理店「グラット・シエル」 | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 成田空港発 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ