« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ボロブドゥール遺跡(その2) 日の出 | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ボロブドゥール遺跡(その4) 回廊巡りと浮彫彫刻レリーフ »

2015年4月29日 (水)

インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ボロブドゥール遺跡(その3) 露壇巡り

青空を背景にした大ストゥーパと円壇に並ぶストゥーパの周辺では観光客が思い思いの時間を過ごしています。ストゥーパを注意深く観察して分かりました。第3円壇(最上段)のストゥーパは窓の形が正方形ですが、第1・第2円壇のストゥーパは菱形になっているのです。
 
2015_031120050
 
 

大ストゥーパは円形の伏鉢鼓胴部(直径約16m)に四角柱と六角柱が載る構造は他のストゥーパ(仏塔)と同じでした。インドのストゥーパは円墳型でしたが、それが伝わった国によってさまざまな形に発展したようで、ボロブドゥールにあるものはこの四角柱に特徴があり、ミャンマーのシュエダゴンゴン・パゴダは頂部が細長く伸びています。ちなみに、ストゥーパはお釈迦(しゃか)様の仏舎利(ぶっしゃり)を納めた塚で、それを音訳した言葉が卒塔婆(そとば)、そして五重塔三重塔・多宝塔などの塔は卒塔婆を略した言葉です。
 
2015_031120076

 
東側の入口の先には夜明け前に歩いた広い遊歩道が一直線に伸びています。
 
2015_031120071 
 
そして、日の出を見るために上がってきた東側の入口(色界の5段目と4段目の門)

 
2015_031120051
 
 

ここにも獅子(ライオン)像が
 
2015_031120054
 
 

Borobudur Pasca Erupsi Merapi”(ムラピ山噴火直後のボロブドゥール)の解説看板が目に留まりました。ちなみに、ボロブドゥール遺跡は1814年に発見された時にも火山灰で埋もれていた(イスラム教徒による破壊を避けるため意図的に埋められたとする説もある)そうです。
 
2015_031120055
 
 

ムラピ(メラビ)山(標高2911m)の噴火(2010年秋)による被害状況と修復過程(左上から右下へ)が説明されています。1.火山灰に覆われたボロブドゥール、2.火山灰の厚さ、3.火山灰の除去作業、4.水洗作業、5.プラスチックを使ったストゥーパの保護、6.ボランティアによる火山灰の搬出作業、7.床の分解作業、8.排水設備の清掃作業、9.床の被害状況、10.床の補修作業、11.同仕上げ作業、12.補修作業後の状態 注)この作業が終了した2013年に遺跡への立ち入りが許可されました
 
 

三層の円壇を取り囲む露壇(ろだん、テラス)を作法に則(のっと)って3度巡ることにしました。ちなみに、円壇には鐘型ストゥーパが下から32、24、16の計72基、規則正しく並んでいます。右手が第1円壇で、左手が色界の第5段目の壁面です。ちなみに、72基のストゥーパ、釈迦による108の説法など、数字の組み合わせがすべて9になることを知りました。
 
2015_031120063
 
 

壁面が折れ曲がった部分の装飾にも小さなストゥーパが!
 
2015_031120062
 
 

石板の組み合わせが見事な床面
 
2015_031120068
 
 

西側の出入口ですが、出入りすることはできません。
 
2015_031120064
 
 

北北西の方向にも山が見えます。
 
2015_031120065
 
北側の出口
 
2015_031120067
 
2015_031120069
 
 

私は大ストゥーパの周囲を歩いてみました。これは南側のストゥーパです。南方向は山が迫っています。
 
2015_031120072
 
2015_031120073

 
北東方向です。眼下に広がる神秘の大パノラマが素晴らしく、メキシコ・ユカタン半島にあるマヤ遺跡のチチェン・イツァ遺跡と双璧(どうへき)をなすと言えるでしょう。

 
2015_031120077
 
東北東の方向
 
2015_031120078
 
 

現地ガイドの勧めがあって大ストゥーパを背景に同行者と一緒に記念撮影しました。珍しいことです。
 
2015_031120079
 
 

西方向の山を背景にもう一枚
 
2015_031120082
 
 

北の出入口を出る前に最後の一枚を撮影してもらいました。拱門(きょうもん、アーチ)の上部にある彫刻は魔を払う冥界(めいかい)の主「カーラ」です。 
2015_031120083
 
 

(続く)

« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ボロブドゥール遺跡(その2) 日の出 | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ボロブドゥール遺跡(その4) 回廊巡りと浮彫彫刻レリーフ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/61511211

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ボロブドゥール遺跡(その3) 露壇巡り:

« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ボロブドゥール遺跡(その2) 日の出 | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ボロブドゥール遺跡(その4) 回廊巡りと浮彫彫刻レリーフ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ