« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 バリ島南端ウルワツ地区の「ウルワツ寺院」 | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 バリ島南端ウルワツ地区の「ケチャダンス」(後編) »

2015年4月 7日 (火)

インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 バリ島南端ウルワツ地区の「ケチャダンス」(前編)

「ウルワツ寺院」方面をズーム・インすると、こちら側からも断崖上に建つ「メル」を確認できました。寺院が建つ場所は楔形(くさびがた)をしており、「メル」はその先端部にあるからなのです。
 
2015_03110347

 
そしてズームアウトするとだいぶ傾いた陽光が海面に反射して輝いていました。
 
2015_03110345

 
階段を上がって「ケチャダンス会場」に入ると形状は、ローマ劇場に似た半円形をしており、客席は階段状になっています。現地ガイドのアドバイスにしたがって我々は、出口に近く、通路脇の前から3列目の席に座りました。終了時の混雑を避けて速やかに退場し、いち早く駐車場を脱出するするためです。割れ門がある側には様々な形をしたバリのお祭り用「ペンジョール(Penjor)」が立てられています。
 
2015_03110348

 
入口で手渡されたリーフレットの説明を見ると、『ケチャダンスは、とてもムードがあり、数あるバリ舞踊の中で、最もダイナミックでユニークなパフォーマンスである。いっさい楽器を使わず、腰布だけを身に着けた数十人の男性たちが松明(たいまつ)を囲み、男性の声(男声)だけで独特のリズムを刻み、ヒンドゥー教の創生神話の一部が踊り手たちによって演じられるとのこと。複雑かつ統制の取れた独特のリズムで「チャッ、チャッ」という奇声を繰り返し合唱する一糸乱れぬパフォーマンスが見どころである』と説明されています。

 

男性スタッフが現れて大きな松明を舞台の中央にセットしました。私には松明というよりも灯明(とうみょう)に見えました。
 
2015_03110349

 
眼前に広がるインド洋を見ると、先ほどまで雲間から漏れていた陽光が黒い雲に遮られはじめていました。
 
2015_03110350

 
辺りが薄暗くなるころには客席はほぼ埋まっていました。
 
2015_03110351

 
正装した僧侶(マンクー)が灯明の腕のような部分に点火し始めました。
 
2015_03110352
 
2015_03110353

 
準備の仕上げはお供え物でした。
 
2015_03110354

 
午後6時の開演時間になると女性司会者が登場して、割れ門の前でケチャダンスについてインドネシア語と英語で説明を始めました。
 
2015_03110355

 
1分ほどのスピーチのあと、割れ門から.楽器の音とともにダンサーの一団が現れました。掛け声もユニークです。 (注)「楽器の音」あるいは「掛け声」の部分をクリックするとその楽音を聴くことができます。アップロードできるファイルサイズの制限から5秒程度と短いことをご容赦ください。
 
2015_03110356
 
2015_03110357

 
灯明を取り囲むように円陣を作りました。両手を挙げた祈るしぐさのようです。
 
2015_03110358

 
ケチャ・ダンサーたちは円陣を組んだまま座り込み、一斉に叫び声を上げています。それが猿を連想させるため、「モンキーダンス」とも呼ばれるそうです。
 
2015_03110360

 
陽光は相変わらず弱々しくて夕日が沈む光景を見られるかどうかは微妙です。海面の一部がうっすら照らされるだけになりました。
 
2015_03110359

 
座ったまま両手で様々な様々な表現が続きます。
 
2015_03110361
 
2015_03110362
 
2015_03110364

 
(続く)

« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 バリ島南端ウルワツ地区の「ウルワツ寺院」 | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 バリ島南端ウルワツ地区の「ケチャダンス」(後編) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/61402656

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 バリ島南端ウルワツ地区の「ケチャダンス」(前編):

« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 バリ島南端ウルワツ地区の「ウルワツ寺院」 | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 バリ島南端ウルワツ地区の「ケチャダンス」(後編) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ