« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ボロブドゥール遺跡(終) 全景鑑賞とマノハラ・ホテルのカフェ | トップページ | 亀戸天神の藤祭り(後編) »

2015年5月 4日 (月)

亀戸天神の藤祭り(前編)

4月下旬の日曜日(26日)、半蔵門線の錦糸町駅で下車し、4番で出入口を出て錦糸公園の中を抜けました。隣接する高層ビルはオフィスビルのオリナスタワー(左)と高層マンションの”Brillia”タワー東京(中央)です。右端にショッピングモールの”olinas”コアも少しだけ写っています。
 
2015_04260003
 
 

オリナスタワーの左手には東京スカイツリー
 
2015_04260006
 
 

墨田区総合体育館を回り込むようにして北上しました。
 
2015_04260005
 
 

東西に伸びる蔵前橋通りの天神橋を渡って江東区に入りました。
 
2015_04260009
 
 

天神橋の下を流れる横十間川では改修工事が行われています。川の両岸に遊歩道が造られるのかもしれません。
 
2015_04260010
 
 

天神橋の先には「亀戸天神 藤まつり」の幟(のぼり)が雰囲気を盛り上げています。
 
2015_04260013
 
 

50mほど先にある創業210年の老舗和菓子店「船橋屋本店」には長い行列が出来ていました。葛餅(くずもち)と餡蜜(あんみつ)に人気があるようです。
 
2015_04260014
 
 

さらに50mほど先で亀戸天神の参道が左手に伸びていました。
 
2015_04260015
 
 

屋台が並ぶ参道を鳥居の方向へ歩きました。「焼きラーメン」派手な幟(のぼり)が目立ちます。「焼きラーメン」はもともと福岡の地元グルメでしたが最近は全国区になったようです。
 
2015_04260016
 
 

参道の脇にも船橋屋の店舗がありました。
 
2015_04260017
 
 

大鳥居の先は太鼓橋があるようです。
 
2015_04260018
 
 

鳥居をくぐった太鼓橋の袂(たもと)に差し掛かると、みごとな藤の房(ふさ)が目に飛び込んできました。
 
2015_04260019
 
 

藤の房を近接撮影
 
2015_04260054
 
 

池を背景にした右手の藤棚
 
2015_04260020
 
2015_04260021
 
 

太鼓橋(男橋)の上からその藤棚を撮影
 
2015_04260053 
 
2015_04260022
   
 

左手の池(心字池)には甲羅干(こうらぼ)しをする亀が2匹、仲良く寄り添っているように見えます。番(つが)いなのでしょうか。
 
2015_04260024
 
 

太鼓橋の上から見た境内を覆いつくすような藤棚の先に拝殿が見えました。
 
2015_04260025
 
 

代表的な白梅の白加賀越しに見る藤棚には下からライトアップする設備(イルミネーションランプ)が確認できます。
 
2015_04260026
 

(続く)

« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ボロブドゥール遺跡(終) 全景鑑賞とマノハラ・ホテルのカフェ | トップページ | 亀戸天神の藤祭り(後編) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/61536780

この記事へのトラックバック一覧です: 亀戸天神の藤祭り(前編):

« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ボロブドゥール遺跡(終) 全景鑑賞とマノハラ・ホテルのカフェ | トップページ | 亀戸天神の藤祭り(後編) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ