« 信州の清水と遺跡を訪ねるドライブ旅 安曇野の「犀川白鳥湖」と「わさび田湧水群」(前編) | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタ市内 ホテルで迎えた最終日の朝(前編) »

2015年5月26日 (火)

信州の清水と遺跡を訪ねるドライブ旅 安曇野の「犀川白鳥湖」と「わさび田湧水群」(後編)

この小さな湖に1000羽以上のハクチョウが暮らせるのかと疑問に思いながら犀川(さいがわ)の堤防に上がってみました。こちらは犀川の上流方向。
 
2015_05110039
 
 

下流方向にある小さなダムがダム湖を構成していますから、こちらがメインの「犀川白鳥湖」だと思われます。これだけの広さがあれば2000羽のハクチョウが十分越冬するには十分でしょう。ちなみに、遠くに見えるのは犀川に架かる長野道の橋です。
 
2015_05110037
 
 

「犀川白鳥湖」は白鳥の飛来地として知られるだけではなく、白鳥が去った後も、残雪がある北アルプスの絶景を眺めることができるビューポイントなのです。白鳥湖越しに冠雪した美しい黒沢山(標高2051m)・鍋冠山(標高2194m)・角蔵山(標高1164m)などの山並み(を鑑賞しました。しかし、この日は残念なことに雲が視界を遮っており、「代掻(しろか)き馬」や「武田菱(びし)」などの「雪形」は確認できませんでした。
 
2015_05110038
 
2015_05110040
 
 

安曇野市には「犀川白鳥湖」の他に、犀川の少し下流にある「御宝田(ごほうでん)遊水池」にも白鳥が飛来する場所があるようです。「犀川白鳥湖」を後にして、県道310号へ戻る途中に、田植えが行われたばかりの水田を見かけました。水路には小さな水門が設置されています。ちなみに、後方の山は光城山(ひかるじろやま、標高912m)。
 
2015_05110042
 
 

次に向かったのは、安曇野市豊科南穂高にある「安曇野わさび田湧水群公園」です。大きく左にカーブする県道310号で万水川(よろずいがわ)に架かる万水橋の手前を「県民豊科運動広場」の案内標識にしたがって左手(南方向)に入りました。堤防上の狭い道を走ると、「県民豊科運動広場(県民グラウンド)」に出ました。広い駐車場に車を停めさせてもらい、駐車場脇の道路を横切った北側の小さな階段を下りました。「名水百選 安曇野わさび田湧水群」と刻まれた丸太の柱と「憩いの池」が見えます。
 
2015_05110045
 
 

安曇野わさび田湧水群公園」は思ったよりも広い公園です。
 
2015_05110047
 
 

階段を下りると、きれいな水をたたえた池の縁から大量の水が湧き出ています。
 
2015_05110046
 
 

北アルプスの山々から湧き出た清流である梓川・黒沢川・烏川・中房川によってできた複合扇状地である安曇野は、至るところから地下水が湧き出していて(水量は1日70万トンとも言われる)、水が綺麗でないと育たない山葵(わさび)や虹鱒(にじます)の養殖が行われていることなどが説明されていました。
 
2015_05110048
 
 

遊歩道に従って「憩いの池」を一周することにしました。小さな堰(せき)があり、流れ落ちる水量から湧水量の豊かさが分かります。
 
2015_05110049
 
 

木橋を生かした遊歩道が続きます。
 
2015_05110050
 
 

一番奥の水門のようなものを通って外へ流れ出ているようです。
 
2015_05110051
 
 

水の流れ行く先を知りたくなり、車に戻って水門がある「憩いの池」の反対側(北側)へ回り込むと、「安曇野わさび田湧水群公園」小さな専用駐車場がありました。
 
2015_05110053
 
 

この駐車場に車を停めて、水路に沿って歩きました。右手に見える温室のような白い建物は「山葵(わさび)田」のようです。
 
2015_05110054
 
 

水路は県道を横切って伸びているようで、県道から階段を下りた場所に水量測定ポイントがありました。地図で調べると、多くの山葵田(わさびだ)に清水を提供しながら、かなり下流で万水川に合流し、さらに犀川となっているようです。
 
2015_05110055
 
 

「信州の清水と遺跡を訪ねるドライブ旅」はまだ始まったばかりですが、「インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅」を終えてから、この続きを投稿します。(続く)

« 信州の清水と遺跡を訪ねるドライブ旅 安曇野の「犀川白鳥湖」と「わさび田湧水群」(前編) | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタ市内 ホテルで迎えた最終日の朝(前編) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/61638423

この記事へのトラックバック一覧です: 信州の清水と遺跡を訪ねるドライブ旅 安曇野の「犀川白鳥湖」と「わさび田湧水群」(後編):

« 信州の清水と遺跡を訪ねるドライブ旅 安曇野の「犀川白鳥湖」と「わさび田湧水群」(前編) | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタ市内 ホテルで迎えた最終日の朝(前編) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ