« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタ市内 プランバナン遺跡公園(その3) | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタ市内 プランバナン遺跡公園(その5) »

2015年6月 2日 (火)

インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタ市内 プランバナン遺跡公園(その4)

木立に囲まれたこの建物は屋外ステージがある「ラーマーヤナ劇場
 
2015_031120538
 
 

「シヴァ神」の妻である“Durga(ドゥルガ)の像
 
2015_031120542
 
 

同行者はその美しさに肖(あやか)ろうと顔を撫(な)で始めました。しかし、「ドゥルガ」は近づき難い者」を意味し、外見は優美で美しいのですが、実は恐ろしい戦いの女神なのです。クワバラクワバラ(桑原桑原)!!
 
2015_031120539
 
何気なくストゥーパ越しに北方向を見ると、団体の入場者が集まっているのが見えました。その先に見えるのは中苑を抜ける帰路のようです。
 
2015_031120543
 
 

北側の急な石段を下りました。
 
2015_031120544
 
 

北東方向から見た「シヴァ堂」の偉容(いよう)
 
2015_031120545
 
 

「シヴァ堂」の前でもう一枚
 
2015_031120548
 
 

「シヴァ堂」の裏手から見た西側の巨石が堆(うずたか)く積まれた中苑とその後方にある「ラーマーヤナ劇場」をもう一枚撮影しました。中央に写る照明器具は「シヴァ堂」をライトアップするためのもののようです。
 
2015_031120549
 
 

南西の角に僅(わず)かだけ残る石壁とその上のストゥーパ
 
2015_031120550
 
 

「ブラフマー堂」の前に出ると、そこには入場門の手前にあった被害状況の写真そのままに、灯籠のような形をした大きな石塔が横たわっていました。基部が折れたようにみえます。
 
2015_031120572
 
 

そして、近くにその基台と思われるものが埋設してありました。
 
2015_031120570
 
 

その間にある石碑には2006年5月27日に震災の被害を受けたことを世界遺産エンブレム(マーク)付で被害状況が解説されていました。
 
2015_031120571
 
 

その近くには内苑の南北端にある“Apit”(アピット)堂がありますが、中には何もありませんでした。ちなみに、”Apit”はインドネシア語で「取り囲まれた」あるいは「楔(くさび)」を意味します。

 2015_031120573
 
「アピット堂」から見た北の方向にもう一つの「アピット堂」が確認できます。
 
2015_031120575

 
「アピット堂」の左奥にあるのは“Kelir”(ケリル)堂で、す。ちなみに、“Kelir”は「色」を意味する言葉です。
 
2015_031120577
 
 

「ブラフマー堂」と向かい合う「ハンサ堂」を南側から撮影しました。
 
2015_031120551
 
 

こちらのレリーフは「シヴァ堂」のものと似ていますが、半人半鳥の女神「キンナラ」の代わりに猿が描かれ、獅子像の上のデザインもほんのわずかですが異なります。
 
2015_031120552
 
 

こちらは犬あるいは狐になっており、獅子像が紛失していました。
 
2015_031120553
 

(続く)

« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタ市内 プランバナン遺跡公園(その3) | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタ市内 プランバナン遺跡公園(その5) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/61678694

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタ市内 プランバナン遺跡公園(その4):

« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタ市内 プランバナン遺跡公園(その3) | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタ市内 プランバナン遺跡公園(その5) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ