« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタ市内 プランバナン遺跡公園(終) | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅(最終回) デンパサールのングラ・ライ国際空港から帰国の途へ  »

2015年6月 7日 (日)

インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタからデンパサールへ

ジョグジャカルタの市街地へ戻ると相変わらずの渋滞がありました。その原因の一つはUターン専用の場所があることが主要因のようです。
  
2015_031130012
 
2015_031130013
 
 

交通整理をする係員にチップを渡す人もいるようです。
 
2015_031130014
 
 

午後4時過ぎにジョグジャカルタのアディスチプト空港から3kmほど西方(市街の中心部寄り)にある「アンバルクモショッピングモールThe Executive Mall Ambaruk)」に立ち寄りました。2006年にオープンしたジョグジャカルタで最大かつ一番華やかなショッピングモールで、そのエントランスホールから老舗ホテル「ロイヤル・アンバルクモ」の広い庭が見えます。写真に写る“VALET SERVICE”は、接客係が運転手に代わって車寄せに到着した車を駐車する(VALETPARKING)サービスで、日本でも大手ホテルや空港などで見かけます。ちなみに、”VALET”は英語でホテルのボーイを意味します。
 
2015_031130015
 
 

映画館、スーパーマーケットの“カルフール”、デパートの“セントロ”、本屋の“グラメディア”、ブティック、レストラン、ファストフード店、電化製品店、携帯電話ショップ、靴店、カバン店、日用雑貨屋など多彩で、歩き回るだけでもおもしろい場所でした。モール内をウインドーショッピングし終えた午後5時ころ、最上階にあるフードコートに入りました。軽い夕食をしてから午後8時30分発のフライト(GA254便)でデンパサールへ移動するためです。インドネシア料理はもちろんのこと、牛丼やたこ焼きなど日本のファストフードもありました。モール内は写真撮影が規制されているようですから、店舗の様子を撮影することは控えました。写真はこのモール3階にある映画館”Cinema XXI”です。
 
2015_031130016
 
 

同行者はトーストサンドイッチとサラダの組み合わせを選びました。
 
2015_031130017
 
私は春雨が入ったスープ、つまりベトナムのフォーのような麺類に
 
2015_031130018
 
 

午後7時ころに「アンバルクモショッピングモール」からアディスチプト空港へ移動。混雑する国内線ターミナルにあるガルーダ航空のカウンダ―で無事にチェックインし、午後8時15分ころにガルーダ航空機に搭乗しました。機材はデンパサールからジョグジャカルタまで利用したガルーダ航空GA253便と同じボーイング社製737-800NGのようです。
 
2015_031130019
 
 

前後にある搭乗口のどちらを利用するかが座席の列で分かるように表示してあるのは合理的です。
 
2015_031130020
 
 

ガルーダ航空GA254便は定刻より少し遅れて出発しました。機体が上昇すると雨がパラつき始めたようです。
 
2015_031130021
 
 

デンパサールのングラ・ライ国際空港への着陸態勢に入り、
 
2015_031130026
 
2015_031130028
 
 

降雨による水たまりがエプロンに残るングラ・ライ国際空港へ約20分遅れで到着。
 
2015_031130030
 
 

航空会社に預けた荷物を手荷物受取所でピックアップしました。ジャオグジャカルタのアディスチプト空港から成田空港まで預けた荷物をスルーすることもできますが、預けた手荷物が積み忘れられた昔の苦い経験を忘れられない私は、乗り換え時間に余裕がある場合は確認する目的で、預けた手荷物をいったん受け取ることにしています。
 
2015_031130031
 
2015_031130032
 
 

しかし、国内線ターミナルと国際線ターミナルは隣接しているはずですが、通路は予想外の長さであり、重い手荷物を引っ張りながら歩くことになったのは大きな誤算でした。言い訳になりますが、成田空港から到着した時には国際線ターミナルから直接出たため、この通路についての予備知識がなかったのです。
 
2015_031130033
 
2015_031130034
 
 

10分近く歩いてやっと国際線ターミナルに到着
 
2015_031130035
 
出発搭乗口に入ればもう大丈夫と思いきや、
 
2015_031130036
 
 

出国税支払カウンターで我われのEチケットは出国税が事前に支払われていると指摘されました。支払い済みですから、あらためて出国税を支払わなくても良いのですが、その代わりに別の手続きが必要だと言うのです。それは下の写真正面に写るガルーダ空港のカウンターで出国税が支払い済みであることを証明するスタンプを押してもらう必要があったのです。従来は搭乗時に出国税を支払う仕組みでしたが、今年3月から航空券料金に含めて支払うように仕組みが変わったばかりでしたので、切り替え時の暫定的な処置と思われます。ちなみに、旅行を申し込んだのは3月1日以降に利用する航空券へ出国税を上乗せ方する法に変わった直後の2月中旬で、インドネシアを出国したのは新しい方法が実施された10日後の3月11日でした。
 
2015_031130037
 
 

残ったルピア紙幣を使い切るため出発ロビーの売店で土産物をあれこれ探して選び終えたところまでは良かったのですが、ディスカント価格について商品を説明してくれた店員とキャッシュアー(レジ係)の言うことが食い違い、同行者がキャシュアーと揉(も)めることになったのです。押し問答のすえ、いったんは料金を支払って領収書ももらったのですが、キャッシュアーがやはりディスカウントなしの金額との差額を支払えと言い出したため、、購入した商品すべてを返品することに。このハプニングのため、別の店で改めて土産物を選びなおしているうちに最終コールの時間になってしまいました。そんは、ドタバタ騒ぎはありましたが、ガルーダ航空GA880便の機内へはほとんど最終乗客として乗り込むことができました。ヤレヤレです!(続く)

« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタ市内 プランバナン遺跡公園(終) | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅(最終回) デンパサールのングラ・ライ国際空港から帰国の途へ  »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/61698492

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタからデンパサールへ:

« インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅 ジョグジャカルタ市内 プランバナン遺跡公園(終) | トップページ | インドネシアの遺跡と舞踊劇を楽しむ旅(最終回) デンパサールのングラ・ライ国際空港から帰国の途へ  »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ