« 信州の清水と遺跡を訪ねるドライブ旅 白馬みずばしょう温泉の「古民家の湯」 | トップページ | 明治神宮外苑の名木とブラジル料理レストラン「カリオカ」(前編) »

2015年6月19日 (金)

信州の清水と遺跡を訪ねるドライブ旅 白馬村の大出公園

県道433号と国道148号でJR大糸線白馬駅の近くまで戻り、国道406号へそれました。姫川を渡って丘陵地帯へ入ると「大出(おおいで)公園」に行き当たりました。
 
2015_05110209
 
 

2007年にオープンした「大出公園」は、美しい姫川の清流と「大出吊橋」、そして北アルプスの山並みを展望できる場所として、白馬村における風向明媚(ふうこうめいび)な場所のひとつです。
 
2015_05110210
 
 

茅葺(かやぶき)の古民家「古径庵」
 
2015_05110213
 
 

駐車場の左手にある「大出吊橋」から見た姫川の下流方向です。吊橋を渡った対岸にも古民家風の建物が並んでいますが、いずれも一般の民家のようでした。
 
2015_05110212
 
 

吊橋を引き返して入った遊歩道で古民家の先へ進むと、姫川沿いに春の花が咲き始めた広場がありました。
 
2015_05110214
 
 

広場を横切って姫川沿いまで歩いてみました。
 
2015_05110216
 
 

遊歩道に戻って高戸山(1069m)の山麓にある展望スポットへ向かうことにしました。右手方向から流れ落ちる姫川の支流「峯方沢川」にある砂防ダムは滝のような設(しつら)えがあります。
 
2015_05110215
 
 

急な坂道となった遊歩道を600mほど上がると、「日本の原風景」と書かれた展望台の表示がありました。
 
2015_05110219
 
遊歩道の左手には、写真を撮影したり、絵を描いたりする人たちが見えました。
 
 
2015_05110221
 
大出公園展望台から見た姫川は先ほど渡った吊橋が見えます。しかし、北アルプスの白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)は雲に邪魔(じゃま)されて、山頂付近の輪郭がはっきり分かりません。先ほど立ち寄った広場にも写真撮影や写生をする人たちを確認できました。
 
2015_05110217

 
少し右手を見ると、先ほど吊橋を渡って歩いて古民家風の住宅が並ぶエリアも確認できます。その後方に見える山は岩茸山(いわたけやま、標高1290m)のようです。
 
2015_05110218
 
 

遊歩道の右手には純喫茶「カミニート」がありました。
 
2015_05110220

 
先ほど見た案内図には遊歩道がさらに先まで続き、2つ目の展望スポットと姫川の下流に架かる「押込吊橋」を経由して、大出吊橋から駐車場へ戻る周回ルートになっていました。このルートを辿(たど)って見たくもありましたが、下調べで「カミニート」の少し先で通行止めになっているとの情報を得ていましたので、ここで引き返すことにしました。
 

駐車場に戻ったのは午後3時20分過ぎで、宿泊するホテルへ向かいにはちょうど良い時間です。そこで、宿泊する宿を携行した資料で確認してみると、驚くべき事実が明なったのです。それは次回の記事で書くことにして、例によってここで投稿を小休止することにします。(続く)

« 信州の清水と遺跡を訪ねるドライブ旅 白馬みずばしょう温泉の「古民家の湯」 | トップページ | 明治神宮外苑の名木とブラジル料理レストラン「カリオカ」(前編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/61764914

この記事へのトラックバック一覧です: 信州の清水と遺跡を訪ねるドライブ旅 白馬村の大出公園:

« 信州の清水と遺跡を訪ねるドライブ旅 白馬みずばしょう温泉の「古民家の湯」 | トップページ | 明治神宮外苑の名木とブラジル料理レストラン「カリオカ」(前編) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ