« 所沢航空記念公園で飛行機の展示を楽しむ(その3) | トップページ | 所沢航空記念公園で飛行機の展示を楽しむ(その5) »

2015年8月16日 (日)

所沢航空記念公園で飛行機の展示を楽しむ(その4)

「重力のちがい」を体感できるアトラクション「スペースウォーカー」がありました。この記念館では一番人気がある施設のようです。
 
086

 
「大気の仕組みと高度」と題したパネルには、下から対流圏(0km~11km)・成層圏(11km~50km)・中間圏(50km~80km)・熱圏(80km~800km)の区分と、各種の飛行機が上昇できる高さが小型飛行機(約3,000m)・ジェット旅客機(約10,000m)・ジェット戦闘機(約30,000m)・スペースシャトル(200~600km)であることが図解されています。
   
104
 
 

「スペースウォーカー」は、「A:地球脱出コース」「B:月間探検コース」「C:宇宙探検コース」のなかから好きなコースを選ぶことができます。
 
130
 
 

まずオチビちゃんが挑戦します。座席に座ってシートベルトをスタッフに絞めてもらいます。スタートする前に体重を測定する手順がありました。重力を正しく体感させるためでしょう。
 
131
 
 

「C:宇宙探検コース」を選んだようで、月面と小さな地球が見えます。
 
133
 
 

次は同行者の番です。まず体重測定から・・。
 
134

「A:地球脱出コース」のようです。高度10km近くまで上昇して熱気球と同じ高さに達しました。
 
135
 
 

ジェット戦闘機がスクリーンの上端に見え始めました。床面には高度から見た地上が映し出されています。
 
136
 
 

最後はコチビちゃん。準備が整ったようです。
 
137
 
 

順調に熱気球の高さまで上昇
 
138
 
 

そして、小型飛行機の高さへ
 
139
 
 

ジェット旅客機の高さに達したところで終了しました。
 
141
 
 

隣りの「世界記録への挑戦」コーナーには歴代の飛行機による速度・航続時間・距離・高度などの記録が2つのパネルで説明されていました。
 
093
 
 

その下にはミニチュア飛行機が並べられていました。最初は音速の壁を破った「ベルX-1」
 
094
 
 

次いで、「メッサーシュミットMe209」
 
095
 
 

日本の「航空研究所長距離機」は航続距離の世界記録(11、651km)を達成
 
096

 
イギリスの「ブリストル138A高々度研究機」は1937年6月30日、高度16,440mの世界記録を樹立
 
098

 
イタリアの「マッキ・カストルディMC72」は1933年に高速水上機の世界記録(668.20km/h)を樹立したプロペラ機で、プロペラ機としては現在も速度記録を保持している。
 
097
 
(続く)

« 所沢航空記念公園で飛行機の展示を楽しむ(その3) | トップページ | 所沢航空記念公園で飛行機の展示を楽しむ(その5) »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/62092558

この記事へのトラックバック一覧です: 所沢航空記念公園で飛行機の展示を楽しむ(その4):

« 所沢航空記念公園で飛行機の展示を楽しむ(その3) | トップページ | 所沢航空記念公園で飛行機の展示を楽しむ(その5) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ