« 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ 「伏見稲荷大社」と稲荷山ハイキング(その2) | トップページ | 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ 「伏見稲荷大社」と稲荷山ハイキング(その4) »

2015年10月12日 (月)

秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ 「伏見稲荷大社」と稲荷山ハイキング(その3)

境内に「文学散歩 竹乃下道」の説明がありました。「竹乃下道」は大亀谷(深草の地名)方面への道で、大和へもつながる道だったと説明されています。
 
2015_10060118
 
神宝神社に参拝したあとは当然伏見稲荷大社の参拝コースへ戻るべきでしたが、臍(へそ)曲りの私はそれでは物足りません。しかも、右手には中央に石畳みが細く設けられた遊歩道が続いているのが見えました。
 
2015_10060119
 
 

どこへ続いているのかは分かりませんが、『どこへも行けない道はない』と信じる私は迷わず「竹の下道」へと足を踏み出しました。ちなみに、これは私が好きな松本清張氏の長編小説「波の塔 」のなかでヒロインが呟(つぶや)いた言葉、『どこへも行けない道ってあるのね。道があるからどこかいけるかと思ったけど』を意識した言葉です。
 
2015_10060120 
2015_10060121
 
周囲には美しい竹林が広がりました。「竹取物語」の舞台だとする説にも頷(うなづ)けそうです。ちなみに、孟宗竹(もうそうちく)で有名な京都府日向市/長岡市・筒城宮(つつきのみや)があったとされる京田辺市・藤原京に近い奈良県広陵町などとする諸説があるようです。
 
2015_10060122
 

「竹乃下道」をさらに歩くと、「京都一周トレイル」の案内標識を見つけました。「竹乃下道」は全長約70kmあるという「京都一周トレイル」の一部になっているのでしょう。「山頂まで40分」と手書きされていますから、このまま進んでも稲荷山へ登れそうです。
 
2015_10060123
 

「金光大神」や「葛の葉姫大神」と表示された鳥居群を見つけました。手前の鳥居の額束(がくづか、額柱)に「弘法」の額が架かっています。調べてみると、「金光きょうの教祖」と陰陽師(おんみょうじ)・安部晴明(あべのせいめい)の出生にまつわる白狐伝説「葛の葉姫」に由来するようです。
 
2015_10060124 
2015_10060125 
2015_10060126
 
 

「稲荷大社」と刻まれた石柱がありましから、この深草トレイルは伏見稲荷大社の外周にもなっているようです。
 
2015_10060127
 
 

青木ヶ瀧(たき)」と刻まれた石柱と「青木大神」の鳥居がありました。「青木大神」は古事記と日本書紀に登場する猿田彦(さるたひこ)を祀(まつ)っているようです。
 
2015_10060128 
2015_10060129
 
 

近くには「青木ヶ瀧道」の石柱が
 
2015_10060130
 
 

農道のような広い道に出たところに「白菊ノ滝」の案内標識がありました。
   
2015_10060131

 
すぐ先にももう一つの標識
   

2015_10060132
   
「七面大天女の滝」があります。ちなみに、七面大天女には法華経の守護神である七面天女様が祀られています。
  
2015_10060133

 
白菊ノ滝
 
2015_10060134 

2015_10060135
 
そして、こちらは「御釼ノ瀧(みつるぎのたき)」。ちなみに、紹介したいくつもの滝はいずれも滝行場となっている(なっていた)ようです。
 
2015_10060136
 

(続く)

« 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ 「伏見稲荷大社」と稲荷山ハイキング(その2) | トップページ | 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ 「伏見稲荷大社」と稲荷山ハイキング(その4) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/62458599

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ 「伏見稲荷大社」と稲荷山ハイキング(その3):

« 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ 「伏見稲荷大社」と稲荷山ハイキング(その2) | トップページ | 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ 「伏見稲荷大社」と稲荷山ハイキング(その4) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ