« 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> 枚方市の百済寺跡と百済王神社(前編) | トップページ | 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> パティスリー「JOKER」と京都麺屋「たけ井」 »

2015年11月10日 (火)

秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> 枚方市の百済寺跡と百済王神社(後編)

「百済寺跡」の西隣にある「百済王(くだらおう)神社」へ向かいました。
 
2015_10060028
 
「交野行宮(かたのあんぐう)址」(大正8年太政官)と刻んだ石碑が神社の鳥居の傍にありました。「桓武(かんむ)天皇行宮(あんぐう)跡」のようです。ちなみに、行宮は天皇が行幸された時の一時的な宮殿。桓武天皇長岡京平安京を造営した際に、百済王氏などの渡来人が経済面や技術面で大きく貢献したことで、遷都後には渡来人を母に持つ桓武天皇はしばしば交野(かたの)ヶ原を訪ねて百済王氏宅を行宮としたと伝えられているそうです。
 
2015_10060029
 
 

鳥居を潜(くぐ)った左手には「天皇陛下御即位50年記念」の碑が立っています。すぐ近く(4-500m先)を流れている天野川は住宅などが建て込んでいてよくは確認できませんが、創建されたころには天野川はもちろん、淀川とその先も見渡せる景勝の地であったと思われます。
 
2015_10060030
 

手水舎
 
2015_10060031
 

神馬とその後方にある参集殿(社務所)
 
2015_10060032
 

「百済王神社」にまつわる歴史的な背景の説明として、『大和朝廷の臣下となって東北地方に赴任(ふにん)した百済国宗家の子孫の集団が赴任地で金を採掘して聖武天皇の大仏建立時に黄金900りょう両を献上した。その褒美(ほうび)として河内国(現在の枚方市中宮)を与えられた。そして、この地に一族の祖霊を奉る氏寺として百済寺や廟(びょう)を建てたとされます。現在の百済王寺神社は江戸時代中期(1700年ころ)に中宮の地を新田開発した人たちが氏神を祀った際に、この地に伝承されていた土地神の「百済王神」(くだらおうがみ)と「スサノオノミコト(牛頭大王)」を奉ったことが百済王神社の基であり、百済国との関係を直接示す史実はない』(百済王神社)、と解説してあります。
 
2015_10060022
 

こちらの「百済王神社」の説明看板(枚方市教育委員会)には、『祭神は拝殿の扁額(へんがく)が示すように百済国王および牛頭天王で、当社の基は、古代朝鮮にあった百済(660年滅亡)の王家の末裔(まつえい)、百済王氏の祖霊を祀る神社であったことを今につたえているとしています。本殿は春日大社の本社本殿の遺構を移築した「春日移し」で、高欄(こうらん)の擬宝珠(ぎぼし)銘に「文化10年」と刻まれていることから、江戸時代後期の文化5年(1808年)に春日大社で造営された後、文政10年(1827年)に当社へ移築されたものと考えられます。(以下略)』、と神社側とは異なるニュアンスの内容が書かれています。
 
2015_10060027
 

境内案内図
 
2015_10060024
 

山車(だし)の保管庫と由緒
 
2015_10060026 
2015_10060025
 
 

その奥にある龍王山浮島神社
 
2015_10060040
 
 

現在の拝殿は平成13年(2001年)に新しく建立されたそうです。
 
2015_10060023
 
 

その拝殿の右手前に移された旧拝殿脇にあるこの本殿は春日造で、文政10年(1828年)に春日大社の本殿を移築した「春日移し」の一つと言われるようです。
 
2015_10060034
 
 

朱の鳥居がある境内社の稲荷社
 
2015_10060035 
2015_10060033
 

境内社「相殿社」
 
2015_10060036 
2015_10060037
 

境内社「若宮八幡神社」
 
2015_10060038
 

後先になりますが、参考までに、百済(くだら)と枚方の雑知識を以下にまとめました。

 

4世紀の前半から7世紀の終りに掛けての朝鮮半島には三国時代と言われる時代がありました。高句麗(こうくり)、百済、新羅(しらぎ)の3つの国が鼎立(ていりつ)して勢力を争った時代です。そして、660年に新羅によって百済は滅ぼされました。その後、百済の復興運動が起こって、支援を求められた日本(斉明天皇・中大兄皇子)は援軍を出しますが、663年に日本軍と百済遺民の連合軍は白村江(はくすきのえ)の戦いで唐・新羅連合軍に大敗を喫(きっ)して、百済は完全に滅亡してしまいました。百済が滅亡したあと、日本に滞在中であった百済の王子「扶余豊璋」(ふよほうしょう)は摂津(せっつ)国難波(なんば)に移住し、百済からの多くの亡命者とともに天王寺の辺(あた)りに百済郷を造り、百済王(くだらのこにしき)の姓(かばね)を持統(じとう)天皇から受けました。

 

難読地名のひとつである「枚方」は、アイヌ語の”Pira” は「崖」と”Kata” は「上」が由来であるとする説と、古事記の神武天皇東征の記事のなかに天皇軍は「青雲の白肩の津」に上陸したとあり、「白肩」(白砂の潟、つまり白潟)が由来であるとするなど諸説があるそうです。ちなみに、日本書記の継体天皇紀は、天皇の命令で朝鮮半島南端にあった任那(みまな)に派遣された近江毛野臣(おうみけなのおみ)が帰国途中に死亡したため、その妻が亡骸(なきがら)を迎えた時に詠(よ)んだ歌、「ひらかたゆ 笛吹き上る 近江のや 毛野(けな)の稚子(わくご)い 笛吹き上る」で締めくくられていますが、そこでは「ひらかた」に「比攞哿駄」という難しい漢字が当てられています。(続く)

« 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> 枚方市の百済寺跡と百済王神社(前編) | トップページ | 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> パティスリー「JOKER」と京都麺屋「たけ井」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/62650250

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> 枚方市の百済寺跡と百済王神社(後編):

« 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> 枚方市の百済寺跡と百済王神社(前編) | トップページ | 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> パティスリー「JOKER」と京都麺屋「たけ井」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ