« 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> 京都縦貫自動車道とスーパームーン(前編) | トップページ | 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> 京都縦貫自動車道とスーパームーン(後編) »

2015年11月13日 (金)

秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> 京都縦貫自動車道とスーパームーン(中編)

本郷トンネル(長さ480m)
 
2015_10060242
 
 

八木東IC
 
2015_10060243

 
京都縦貫自動車道に3カ所あるPAのうちで一番京都市に近い南丹PAに差し掛かりました。
 
2015_10060244

 
ここ、南丹PAで一時休憩
 
2015_10060245
 
 

「南丹路の案内図」
 
2015_10060246
 
 

EV(電気自動車)の急速充電設備が設置してあります。”TAKAOKA TOKO”と表示してありますが、電機メーカーの高岳製作所と関係があるのかと思い調べると、高岳製作所と東光電気が設立した持ち株会社「株式会社東光高岳」(売上高約900億円)の製品でした。
 
2015_10060247
 
 

八木西ICの東側に設置された八木本線料金所
 
2015_10060248
 
 

南丹市園部地区にあるフルインターチェンジの園部ICの案内標識が見えて来ました。
 
2015_10060249
 
 

園部ICで一般道(国道9号方面)に出ます。
 
2015_10060250 
2015_10060251
 
 

府道19号と市道を走って山陰本線園部駅(西口)に到着しました。右手の建物が園部駅西口ステーションビルです。ちなみに、山陰本線の京都駅からこの園部駅までの区間は嵯峨野線(さがのせん)の愛称がつけられています。
 
2015_10060252 
2015_10060253
 
 

ここでプチ薀蓄(うんちく)を二題。古代には亀岡盆地が湖であったことが地質学的に確認されているそうです。丹波の地名も「美しい丹色(にいろ、赤土色)の波」が由来であるとの説があるようです。奈良にかかる枕詞(まくらことば)てわある「青丹(あおに)よし」の青丹は緑がかった土の色を意味しますが、春を表す青色と夏を象徴する赤()色を対比させたとする異説があるようです。

 

南丹市園部は2006年1月1日に合併するまで園部町と呼ばれ、江戸時代には園部城(小出氏3万石)の城下町でしたが、園部城には天守閣はなく、平城としての陣屋と小麦山山頂に三層の小麦山櫓(砦)が建っていたそうです。

 

園部駅(東口駅舎側)にも回ってみることにしました。いつのまにか青空が広がっています。
 
2015_10060261
 
 

園部駅前交差点から見た京都縦貫自動車道の法面(のりめん)に植栽(しょくさい)で描かれた「そのべ」の文字
   
2015_10060264
 
 

国道9号で園部城がある園部公園へ向かうと、南丹市国際交流会館の奥に城のような屋根が覗(のぞ)いています。
 
2015_10060265
 
 

園部公園の駐車場に入りました。
 
2015_10060277
 
 

写真は駐車場の奥にあった園部公園の案内図です。砦(とりで)があったという小麦山(こむぎやま)も公園の左手(北西)に位置していることが分かりました。
 
2015_10060257
 
 

史跡「園部城址」の碑
 
2015_10060266
 
 

櫓門(やぐらもん)は園部高校と付属中学校の正門になっていました。
 
2015_10060267

 
(続く)

« 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> 京都縦貫自動車道とスーパームーン(前編) | トップページ | 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> 京都縦貫自動車道とスーパームーン(後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/62663880

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> 京都縦貫自動車道とスーパームーン(中編):

« 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> 京都縦貫自動車道とスーパームーン(前編) | トップページ | 秋の京都で神社仏閣巡りを楽しむ<番外編> 京都縦貫自動車道とスーパームーン(後編) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ