« 東山ドライブウェイと将軍塚(その1) | トップページ | 東山ドライブウェイと将軍塚(その3) »

2015年12月31日 (木)

東山ドライブウェイと将軍塚(その2)

標識にしたがって右手奥に進むと展望台がありました。
 
Dscf6559
 
 

かなり古びた案内図には左手の伏見・西山・嵐山から愛宕山と北山までが見渡せることが描かれていますが、雨上がりのため湿度が高く、京都の市街地が霞(かす)んでいることは残念です。
 
Dscf6560
 
 

それでも京都駅前の京都タワーは容易に見つけることができました。
 
Dscf6561
 
 

その左手には鴨川を越える阪神高速道路8号京都線、それと交差する名神高速道路が確認できます。2つの高速道路が立体交差する辺りに伏見稲荷大社があり、その先には伏見桃山城があるはずです。
 
Dscf6562
 
 

右手方向に視線を移すと、東山の稜線に隠れて円山公園・八坂神社・平安神宮・京都御所などは見えませんが、船岡山と思われる小山が確認できます。
 
Dscf6563 
 
 

山頂公園の100mほど先に山門が現れました。東山粟田口にある天台宗青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)の飛地境内である将軍塚大日堂(青龍殿)です。山門の右手前にある無料駐車場(10台ほどのスペースがある)に車を停めました。
 
Dscf6565
 
 

山門と駐車場から伸びる参道の先にある大日如来を祀(まつ)る大日堂の受付で拝観料500円を払いました。
 
Dscf6566 
Dscf6569
 
 

門を抜けて大護摩堂「青龍殿」へ向かいました。
 
Dscf6571
 
 

清龍殿の奥にはガラスの茶屋「光庵」があるようです。
 
Dscf6570
 
 

この建物は大正天皇の即位を記念して、大正2年に「大日本武徳会京都支部武徳殿」として北野天満宮前に建立された価値ある木造大建築物で、戦後は京都府警の柔道剣道の道場「平安道場」(平成10年閉鎖)となり、平成26年(2014年)に青蓮院が継承・移設したものだそうです。
 
Dscf6573
 
 

「青龍殿」の先に「将軍塚」と思われる大きな塚が見えますが、まず「青龍殿」に入ることにしました。
 
Dscf6574
 
堂内は広い板敷きの空間があります。
 
Dscf6575 
Dscf6580
 
組入れ天井も見事です。
 
Dscf6579
 
正面の祭壇には国宝の青不動明王のレプリカ(礼拝画像:絹本着色青不動明王二童子像)が飾られています。二人の童子を従えた青不動明王は烈火のような迫力で参拝者に迫ります。ちなみに、不動明王は大日如来の生まれ変わりであり、青不動は五色(青・黄・赤・白・黒)不動の中心(最上位)といわれます。そして、最近になって『国宝青不動明王御開帳』が開かれたそうです。
 
Dscf6578
 
清龍殿の脇を抜けて清水寺の舞台の約4.6倍の面積があるといわれる大舞台(北の展望台)に出ました。
 
Dscf6606 
Dscf6603
 
(続く)

« 東山ドライブウェイと将軍塚(その1) | トップページ | 東山ドライブウェイと将軍塚(その3) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/62974744

この記事へのトラックバック一覧です: 東山ドライブウェイと将軍塚(その2):

« 東山ドライブウェイと将軍塚(その1) | トップページ | 東山ドライブウェイと将軍塚(その3) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ