« 洛西のドライブ旅 西山大原野の古刹「願徳寺」と「勝持寺」 | トップページ | 洛西のドライブ旅 西山大原野の古刹「金蔵寺」(後編) »

2016年2月 8日 (月)

洛西のドライブ旅 西山大原野の古刹「金蔵寺」(前編)

「勝持寺(花の寺)」を後にして「東海自然歩道」のルートを辿(たど)ることにしました。府道141号と府道140号を引き返し、大野原小学校の近くを経由し、府道733号(東海自然歩道)を西進して京都縦貫自動車道の高架下を通過しました。
 
Dscf6850
 
 

府道733号は山間に入り、谷川沿いを小塩山(おしおやま、標高642m)の山麓を上がりました。
 
Dscf6881 
Dscf6880
 
 

案内標識にしたがって府道733号から山道へそれました。幅が狭くて曲がりくねった急坂が続きますから、運転に自信のない方は進入しない方が良いでしょう。
 
Dscf6851 
Dscf6852
 
 

幅が狭く急坂を上がって金蔵寺(こんぞうじ)の仁王門に到着しました。
   
Dscf6879 
Dscf6853
 
仁王像
 
Dscf6854 
Dscf6856
 
 

入山料・拝観料は200円
 
Dscf6878
 
 

養老2年(718年)、女帝・元正(げんしょう)天皇の勅(ちょく)で創建され、聖武天皇が勅願(ちょくがん)を贈った天台宗の古刹(こさつ)です。応仁の乱により焼失、現在の建物は江戸時代徳川綱吉の母・桂昌院の再建。山の斜面、石垣と石段の間に堂宇が立ち並ぶ。高さ約12mの産(さん)の滝、烏帽子岩、影向松などがあり、眺めもすばらしい。京都洛西観音霊場第2番札所です。(京都観光Navi

 

参道の長い石段が続いています。
 
Dscf6857
 
 

石段を上がりきった場所に「本堂と小塩山の登山口」の案内標識がありました。境内は小塩山中腹の急な傾斜地に広がっているようです。
 
Dscf6858
 
 

護摩堂
 
Dscf6859
 
 

鐘楼と庫裡(くり)
 
Dscf6860
 
 

手水舎
 
Dscf6861
 
 

麗仙池
 
Dscf6862
 
 

手水舎の脇から続く長い石段を上がったところにある本堂には本尊の十一面千手観音像を安置されているそうです。
 
Dscf6863
 
 

「勝運の佛」の説明
 
Dscf6865
 
 

(続く)

« 洛西のドライブ旅 西山大原野の古刹「願徳寺」と「勝持寺」 | トップページ | 洛西のドライブ旅 西山大原野の古刹「金蔵寺」(後編) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/63176807

この記事へのトラックバック一覧です: 洛西のドライブ旅 西山大原野の古刹「金蔵寺」(前編):

« 洛西のドライブ旅 西山大原野の古刹「願徳寺」と「勝持寺」 | トップページ | 洛西のドライブ旅 西山大原野の古刹「金蔵寺」(後編) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ