« 洛西のドライブ旅 西山の名刹「松尾大社」(後編) | トップページ | 洛西のドライブ旅 西山大原野の古社「大原野神社」 »

2016年2月 2日 (火)

歯の治療は楽しい!

この数年、歯の定期検診で歯の磨き方に合格点をもらっている私ですが、3年ほど前から上顎(じょうがく、うわあご)の犬歯(けんし)の内部で虫歯化が徐々に進行し、昨春になってついにその歯にピンホールができたことを担当歯科医から指摘されました。

 

ちなみに、虫歯とは口のなかに存在しているミュータンス菌(いわゆる虫歯菌)により歯質が軟らかくなり、崩壊していく厄介(やっかい)な病気です。具体的には、食事によって歯茎周辺や歯間に付着した食べ滓(かす)にミュータンス菌や歯周病菌などの口内菌が取りついて増殖し、8時間ほどで歯垢(しこう、プラーク)を作り出します。細菌の塊(かたまり)ともいえる歯垢は柔らかいので歯ブラシを使ってしっかり磨くことで落とすことができますが、放置すると2-3日で石灰化し始め、やがて硬化して歯石となります。この歯石は歯磨きでは取り除くことができませんから、歯科医院で取り除いてもらう必要があります。

 

歯垢で増殖したミュータンス菌は、歯垢に含まれる糖分を取り込んで酸を作り出し、歯の表面を覆(おお)うエナメル質を溶かす脱灰(だっかい)現象を引き起こします。もし、歯磨きによって早めに歯垢を取り除けば、唾液(だえき)の力が溶けた歯を再石灰化して回復させようとします。しかし、このバランスが崩(くず)れると虫歯化が進行します。そして、糖分の多い食物に含まれるラクトバチラス菌はミュータンス菌によってできた虫歯に取りついて症状を進行させるようです。

 

本題に戻ります。半年余りの経過観察を経た昨年末の定期健診で、担当歯科医師から虫歯治療を勧められました。物はついでと、これまでの定期健診で指摘された小さな不具合がある歯と私自身が気になる歯をまとめて治療してもらうことにしました。

 

最初に治療を受けたのは上顎の犬歯にできた小さな虫歯です。その手順は、虫歯化した(虫歯菌に侵された)部位を削り、エッチングで洗浄し、接着剤で最初のレイヤーを塗り、白い複合プラスチック(コンポジットレジン)を充填(じゅうてん)、硬化ライトから発した青色光線で硬化させ、表面を整えるというもので、わずか数分の処置でした。ちなみに、小さな部位の簡便な治療に用いられるコンポジットレジンの寿命は5年から10年程度とのこと。

 

その次に治療対象となったのは知覚過敏などの自覚症状がない3本の歯です。奥歯の噛(か)み合わせによるストレスが掛原因で歯茎付近に窪(くぼみ)みが出来た(表面が欠けた)歯が2本、そして口を大きく開いた時に見える銀インレーで詰め物をした歯が1本です。いずれも上記した犬歯と同様、コンポジットレジンを充填(じゅうてん)する処置でした。

 

歯医者オタクの(清掃を受けるのが好きな)私ですが、犬歯の虫歯化した部位と銀インレーを取り除くプロセスはやはり気持ちの良いものではありません。しかし、それを除けばあっけないほど簡単な治療で、歯科技術が近年大きく進歩したことを実感させます。治療に要した合計時間は約30分、治療費の自己負担額も予想したよりはるかに低額であることも嬉(うれ)しいことです。

 

今回、もう一つの課題を担当歯科医師から指摘されました。反対側の犬歯でも同様の虫歯化が進行しているというのです。これも、歯磨き方法の指導を受けるより以前の癖によって生じた歯間の磨き残しの影響が8年後の今になって顕在化(けんざいか)したようです。最後に、担当歯科医師から 『歯磨きがきちんとできていて、歯と歯茎の状態は良いですね!』、と褒(ほ)めてもらいました。年齢を重ねても褒められると気分が良いものです。

 

今回指摘された課題については、6か月後の次回定期健診の結果を見てから、他の不具合(もしあれば)と一緒に治療を受けようと思います。歯を削る治療はできるだけしない方が歯のために良いのですが、虫歯化が進行するようであれば止むを得ません。「一病息災」(いちびょうそくさい)の言葉通り、小さな課題があることは歯のケアを怠((おこた)らないためには良いことかもしれません。私の歯医者通いはこれからもさらに続くことは確かです。

 

余談です。歯周病についてはまったく問題ない私ですが、数年前の定期健診時に歯科衛生士の女性から、『舌の表面が白くなっていますから、舌磨きをして舌苔(ぜったい)を取り除くと良いですよ』、とのアドバイスをもらいました。それ以来、専用の舌ブラシを使っています。最初のうちは舌ブラシを軽く当てるだけでも嘔吐(おうと)反射がありましたが、慣れると違和感はなって気持ち良く感じられるようになりました。ちなみに、舌苔とは舌の細胞の角質に食べかすや口内菌などが溜(た)まって白く見える症状のことで、消化器系の疾患(しっかん)が原因でなければ、一日一回だけ舌磨きをすれば良いそうです。舌の表面を傷めることがあるため、歯磨きと同様、磨き過ぎ(回数・強さ)に注意する必要があるようです。

« 洛西のドライブ旅 西山の名刹「松尾大社」(後編) | トップページ | 洛西のドライブ旅 西山大原野の古社「大原野神社」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/63137113

この記事へのトラックバック一覧です: 歯の治療は楽しい!:

« 洛西のドライブ旅 西山の名刹「松尾大社」(後編) | トップページ | 洛西のドライブ旅 西山大原野の古社「大原野神社」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ