« ベトナムの旅(その4) ハノイ滞在初日(前編) | トップページ | ベトナムの旅(その6) 世界遺産の「ハロン湾」へ向けて出発 »

2016年3月23日 (水)

ベトナムの旅(その5) ハノイ滞在初日(後編)

店の男性スタッフが2階の客室へ案内してくれました。
 
2016_03150127 
2016_03150116 
 
 

私と同行者はともにハノイ料理をあれこれ楽しめるセットメニュー(1人45万ドン、約2700円)を選びました。そして、ドリンクとして私はハノイビール(6万ドン、約370円)、同行者はジャスミン茶とロータス茶(いずれも3万ドン、約180円)で迷ったうえ、珍しいからと後者を選びました。
   
2016_03150117
 
ハノイビールはマイルドで味のバランスが良く期待以上でした。同行者に訊(き)くと、ロータス茶はやや癖(くせ)があるものの、飲みやすいお茶だそうです。
 
2016_03150119
 
 

まず1品目の「ブンチャー」はベトナムのサラダ麺で、鶏肉が入った米麺スープに各種野菜をトッピングして食べます。スープの酸味が食欲をそそりました。男性スタッフが、『お好みでチリソースを入れても美味しいですよ』 と片言の英語で説明して、小鉢に入れたチリソースとカボスをテーブルに置いてくれました。
 
2016_03150120 
2016_03150121
 
 

2品目は「ベトナム南部風のお好み焼き」です。淡白な味付け(ほとんど味が感じられない)ですから甘辛味のスープをかけて食べました。
 
2016_03150122
 
 

3品目は「ジンジャー風味焼き鳥」。塩とカボスを付けて食べるようです。見た目とは違う柔らかな鶏肉は上品な味付けで、意外においしいと思いました。
 
2016_03150123
 
 

4品目は「ナスの豚ミンチはさみ、土鍋蒸し」。和食に近い味付の食べやすい料理です。
 
2016_03150125
 
 

5品目は蒸した「ごはん」。そして、6品目は「貝のカインチュア(貝の酸っぱいスープ)」で「ごはん」にかけて食べるよう男性スタッフから説明を受けました。見た目においしそうでしたが、カットしたパイナップルとパクチーが入っているため、私には微妙な味でした。同行者も、『パクチーが入っていなければね』 と同意見。そして、それらに続いた「空芯菜(くうしんさい)のニンニク炒め」はサービスのようです。
 
2016_03150124
 
 

「季節のフルーツ」はカットした「スイカ」
 
2016_03150126
 
 

多彩な料理に十分満足できました。品数が多いため結構なボリュームであり、「ごはん」とサービスで出された「野菜炒め」などを残してしまうことに・・。英語が得意な女性スタッフにタクシーを呼んでもらい、その到着をテラス席で待ちました。
 
2016_03150128 
2016_03150129
 
オートバイで大渋滞する大通りを何とかぬけ、15分ほどでホテルへ戻りました。レストランのスタッフが事前に確認してくれたように、料金は8万ドン(約490円)でした。
 
2016_03150130 
2016_03150131
 
 

ホテルの車寄せの脇にある噴水がライトアップされています。ホテルの利用者が多いようで、多数の車が駐車場から溢(あふ)れ出ていました。
 
2016_03150132
 
 

(続く)

« ベトナムの旅(その4) ハノイ滞在初日(前編) | トップページ | ベトナムの旅(その6) 世界遺産の「ハロン湾」へ向けて出発 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/63380105

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムの旅(その5) ハノイ滞在初日(後編):

« ベトナムの旅(その4) ハノイ滞在初日(前編) | トップページ | ベトナムの旅(その6) 世界遺産の「ハロン湾」へ向けて出発 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ