« 携帯電話産業は斜陽産業化するのか? | トップページ | ベトナムの旅(その2) ハノイへ向けて出発 »

2016年3月19日 (土)

ベトナムの旅(その1) 東京国際空港(羽田空港)

最近、何かと注目され、話題になることが多いベトナムへ出かけることにしました。22年前(1994年)に商用でハノイとホーチミンシティを訪れて以来です。今回は駆け足旅行が嫌いな同行者の希望を入れてハノイとその周辺に留めることにしました。

 

ベトナムの名前を聞いたのは小学生(低学年)のころでした。昭和30年(1955年)前後に民放ラジオで子供向けに放送されたラジオ劇「風雲黒潮丸」の主題歌で歌われた、♪♪黒潮騒ぐ海越えて、風にはためく三角帆、目指すは遠い夢の国、呂宋(るそん)、安南(あんなん)、柬埔寨(かんぼじあ)、はるか和蘭陀(おらんだ)、伊斯巴尼亜(いすぱにあ)、面舵(おもかじ)いっぱい、オオオ オ オオ~♪♪に登場する「安南」が今のベトナムだったのです。その名前は唐代の安南都護府に由来し、遣唐使で唐の高官に登用された阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)が地方長官である安南節度使を務めた場所なのです。もちろん、これは何年もあとになって知ったことでしたが・・。ちなみに、「呂宋」は現在のフィリピン、「伊斯巴尼亜」はスペインです。

 

ラジオ劇の題名と主題歌だけを覚えていた私は「風雲黒潮丸」のことを知りたくなってネットで調べると、60年以上も前のラジオ劇の概要が分かりました。『関が原の合戦に惜敗した豊臣方のキリシタン大名(武将)小西行長の一子・夢若丸が、仲間とともに徳川方の迫害を逃れて軍船黒潮丸を建造、世界の海に雄飛しようとする姿を描いたもの』で、1953年(昭和28年)に民放ラジオで放送され、1956年(昭和31年)に映画化、ついで1961年(昭和36年)にはテレビドラマ化されていることを知りました。当時の私は民放のラジオ劇「赤胴鈴之助」をはじめ、NHK第一放送の新諸国物語シリーズ「笛吹童子」「紅孔雀」「オテナの塔」などのラジオ劇に夢中だったことを今も覚えています。

 

その後は、高校・大学時代から社会人になっても続いたベトナム戦争(1960-1975年)、1990年ころにニューヨークのブロードウェイで家族と観たミュージカル「ミス・サイゴン」、そして1994年に商用でハノイとホーチミンシティ(旧サイゴン)を訪れたことで強く印象に残る国なのです。前置きはここまでにして本題に入ります。

 

                           ☆

 

3月11日(金)の早朝、空港バスで東京国際空港(羽田空港)の国際線ターミナル(1階)に到着しました。ベトナム行きのフライトが出発する2時間15分前で、エスカレーターを利用して3階にある全日空のカウンター(E:ビジネスクラス、D:エコノミークラス)へ向かい、直ちにチェックインしました。事前に座席予約をしていたことにより、パスポートを提示するだけで、預け入れ荷物の受け入れとボーディングパスの発券をしてくれました。ちなみに、預け入れ荷物(2つ)の合計重量は22kgと軽量。
 
2016_03150002 
2016_03150003
   
 

ショップで電源プラグアダプター(CタイプとSEタイプの組み合わせ、831円)を購入しました。ベトナムは多くのヨーロッパ諸国と同じCタイプであり、クロアチアやインドネシアを旅行した時に使ったものがあるはずですが、なぜか旅行用品のなかに見つからなかったのです。

 

イミグレグレーション(出国手続き)カウンターを抜けて144番ゲートへ向かいました。
 
2016_03150005 
2016_03150009
 
 エプロンに駐機しているのは全日空機、韓国のアシアナ航空機、日本航空機です。
 
2016_03150006 
2016_03150007 
2016_03150008
 
 

その途中、113番ゲート付近にあったみずほ銀行の窓口で両替をしようとしましたが、ベトナムのドンは扱っていないとのこと。教えられたSBJ銀行(韓国資本)がある112番ゲート付近まで戻ることになりました。ちなみに、ドン/円の為替レートは0.0061(つまり1円=164ドン)でした。
 
2016_03150025
 
 

114番ゲート付近で同行者が「ALL DAY AIR DINING TOKYO SKY KITCHEN」を見つけました。そこの”BAR RAGE(バー・レイジ)で購入した「スモークサーモンの和風シーザーサンド」(734円)”TRUE SOUP(トゥルースープ)の「シーフードビスク(エビやカニを裏ごししたスープ)」(750円)を二人でシェア。いずれもおいしく、軽い朝食にぴったりでした。ちなみに、カップに表示された”Chowder’s”は同店の旧名のようです。
 
2016_03150013 
2016_03150016 
2016_03150020
 
 

8:55発全日空NH857便の搭乗ゲートは144番で間違いなさそうです。この表示盤でハノイ(HANOI)は中国語で河内と表記することを知りました。
 
2016_03150011
 
 

長い通路が行き当たりT字型に左右に通路が続いています。
 
2016_03150022 
2016_03150024
 
 

T字路を曲がった場所から見た国際線ターミナルの外観
 
2016_03150023
 
T字の先端部に駐機している広州行き中国東方航空、ロンドン行き英国航空、ソウル行き日本航空機を眺めて歩きました。
 
2016_03150030 
2016_03150031 
2016_03150033
 
 

144番ゲートがある階下(2階)へ下ります。
 
2016_03150027
 
 

全日空NH857便は荷物の積み込み作業中
 
2016_03150040
 
 

(続く)

« 携帯電話産業は斜陽産業化するのか? | トップページ | ベトナムの旅(その2) ハノイへ向けて出発 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/63365623

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムの旅(その1) 東京国際空港(羽田空港):

« 携帯電話産業は斜陽産業化するのか? | トップページ | ベトナムの旅(その2) ハノイへ向けて出発 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ