« ベトナムの旅(その28) 世界遺産「チャンアンの景観複合体」② | トップページ | ベトナムの旅(その30) 世界遺産「チャンアンの景観複合体」④ »

2016年4月25日 (月)

ベトナムの旅(その29) 世界遺産「チャンアンの景観複合体」③

「トイ洞窟」を出ます。
 
2016_03150637
 
 

川幅はかなり狭くなりました。
 
2016_03150638
 
 

振り返ると洞窟の狭さが確認できます。出口には警備員と思われる人が控えていて、何かを記帳しているようです。

2016_03150640
 
 

岩山もより急峻(きゅうしゅん)になったようです。
 
2016_03150639
 
 

見取れているうちに次の洞窟が迫りました。”HANG SANG:10M(サング洞窟:10m)は極端に短いため「明るい洞窟」の名があるのでしょう。
 
2016_03150642
 
 

とはいっても中は暗いため電気照明がありました。
 
2016_03150643
 
 

出口付近は折れ曲がっています。
 
2016_03150644
 
 

川幅はさらに狭くなったようです。
 
2016_03150645
 
 

屏風(びょうぶ)のように続く岩山の手前にあるS字カーブに差し掛かると“DEN TRAN”(警備所)の看板が立てられていました。
 
2016_03150646
 
 

同行者が指さす方を見ると鴨のような水鳥が・・。
 
2016_03150647
 
 

舟に乗った警備員がノートに何か記帳しています。
 
2016_03150648
 
 

洞窟巡りに夢中になっている間に青空が広がっていました。
 
2016_03150649
 
 

丈(たけ)の高い草が生い茂っていて水辺の自然環境がよく保護されているようです。
 
2016_03150650
 
 

反対側の岸には岩肌が露出しています。
 
2016_03150651 
2016_03150652
 
 

この先の洞窟はこれまでのものより高さがないようです。まるでリンボーダンスをしているのかと思わせます。洞窟の中から漏れる照明だけが頼り(あるいは目印)でしょう。
 
2016_03150653
 
 

洞窟の中に入りました。天井の石が今にも落ちて来そうで、スリリングです。
 
2016_03150654
 
 

前を行くクルーズ船の船頭さんはノンラー(菅笠)を被(かぶ)っていません。洞窟内では一時的に脱(ぬ)ぐのでしょうか。前方が明るくなりましたから、出口が近いようです。
 
2016_03150656
 
 

出口に差し掛かりました。
 
2016_03150657
 
 

(続く)

« ベトナムの旅(その28) 世界遺産「チャンアンの景観複合体」② | トップページ | ベトナムの旅(その30) 世界遺産「チャンアンの景観複合体」④ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/63529081

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムの旅(その29) 世界遺産「チャンアンの景観複合体」③:

« ベトナムの旅(その28) 世界遺産「チャンアンの景観複合体」② | トップページ | ベトナムの旅(その30) 世界遺産「チャンアンの景観複合体」④ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ