« ベトナムの旅(その35) 「水上人形劇」を鑑賞する(後編) | トップページ | ベトナムの旅(最終回) ハノイ空港から帰国の途へ »

2016年5月 3日 (火)

ベトナムの旅(その36) ハノイの最終日

いよいよ帰国する日になりました。前日までの疲れがたまっているはずですが、やはりいつもの時間に起きてしまいました。出発時間を気にする必要もありませんから、時間をかけて荷造りし、早朝の混雑が一段落した午前7時過ぎに朝食会場へ向かいました。この朝も私はフォーとオムレツを欠かしませんでした。写真はサラダとデザートです。
 
2016_03150779
 
こちらは同行者が選んだ少食メニューです。
 
2016_03150781
 
今回の旅で唯一し残していた朝の散歩に出かけることにしました。午前7時から入場できる「ホーチミン廟」の中を見学するプランも考えましたが、前日朝、バスの中から見た長い行列(待ち時間)を考えると、帰国する日の朝にはリスクがありそうです。そこで、いつもの習慣にしたがうことにしました。

 

ホテルの自室から見下ろすことができた広い道路の歩道に出ました。
 
2016_03150783
 
 

まず、ホテルの裏手にあるトゥーレ湖へ向かうことにします。車道には車とバイクの列が・・。
 
2016_03150784
 
 

デウーホテルの敷地(駐車場の一角)には真新しいと思われるパン屋が営業していました。その名は”DAEWOO DELI BAKERY”ですから、デウーホテルと関連する店舗のようです。
 
2016_03150785
 
 

トゥーレ湖畔に出るとバキュームカーが湖の水を汲(く)みあげていました。”VUON THU HA NOI”(ハノイ動物園)と表示されていますから、園内で業務用に使うために水でしょう。
 
2016_03150786
 
 

東西に長いトゥーレ湖の全景です。対岸方向(西方)を見ると中の島と湖畔を結ぶ橋があり、その袂(たもと)にはスワンボートも見えます。
 
2016_03150787
 
 

湖畔を北方向に歩きます。
 
2016_03150789
 
 

こちらの写真はバキュームカーが停まっていた辺りを振り返って撮影したものです。
 
2016_03150788
 
 

トゥーレ湖の北東の角付近に屋台が出ています。朝食を提供しているのでしょう。
 
2016_03150791
 
 

湖畔には西方へ伸びる道がありますから、橋の方面へ向かいたい気持ちはありましたが、同行者も一緒ですから、断念することに。前方を何組もの親子連れが歩道を歩いています。
 
2016_03150792
 
 

そこへ幼稚園バスと思われるマイクロバスがそちらへ走行して行きました。ここ先に幼稚園があるようです。
 
2016_03150794
 
 

反対方向(東方面)へ歩くとアーチ型のゲートを通過しました。振り返ると、”VUON THU HA NOI”(ハノイ動物園)の下に大きな文字で”KINH CHAO QUY KHACH”(ようこそお客さま)と表示されていました。動物園もこの先にあるようです。調べると、トゥーレ(Thu Le)動物園でした。ちなみに、”CAM XE TAXI”(車・タクシー禁止)ですが・・・。
 
2016_03150796
 
 

歩道にある露店では笊(ざる)に盛られた野菜・果物類が売られています。
 
2016_03150797
 
 

表通り(グエンチタン通り)に出た歩道の角にも屋台が2つ並んでいました。これらの屋台が売る”BANH MY”(バインミー)はベトナムのサンドイッチで、柔らかいフランスパン(バゲット)に切れ込みを入れて、パテとともに野菜や肉などを挟(はさ)んだものです。フランスの植民地時代に普及したそうです。手前の屋台に写真入りで表示されている”Doner Kebab”(ドネルケバブ)はトルコ料理(羊肉の串焼き)ですが、薄切りした羊肉を「バインミー」と同様にして食べるのでしょう。
 
2016_03150800
 
 

グエンチタン通りの反対側には長い塀に壁画が多数飾られている建物が見えます。
 
2016_03150799
 
 

さらに右隣りには超高層ビルが聳(そび)えていました。初日にホテルへ到着する時に見かけた”LOTTE CENTER HANOI ”(ロッテセンターハノイ)で、地上65階、地下5階とハノイでも有数の超高層ビルは6階以下にデパートとハイパーマーケット(大型スーパーマーケット)、8階以上にはホテル・オフィス・住宅(マンション)などが入居する複合施設です。最上階(65階)には展望デッキもあるようです。
 
2016_03150798
 
 

横断歩道を渡ることにしました。もちろん歩行者用の信号はありません。
 
2016_03150802
 
 

いつまで待っても車とバイクの列が途切れることはなさそうですから、意を決して道路を横断することにしました。ガイドさんから教えられたように、決して急がないで、一歩ずつ歩を進めると、車やバイクがスムーズに避(よ)けてくれるのです。日本とは全く異なる考え方(マナー)であることを実感しました。

 

壁画が飾られた建物の前に出ました。近くから見ると、壁画ではなく、人物を写した大きな写真パネルです。その先にある門にはオーストラリア大使館と表示されていました。写真パネルはベトナムとオーストラリアが友好国であることを強調するものであると感じます。
 
2016_03150803
 
 

その隣にあるLOTTE DEPARTMENT STORE(ロッテ百貨店)が午前9時30分に開店したところ(数分後)でしたので店内に入ってみました。私が初めて訪れる時のルールですが、まず最上階へ上がって、エスカレーターで1階ずつ下りる方法にしたがいました。(店内では撮影を遠慮)
 
2016_03150807
 
 

最上階の6階はレストラン街でした。"NGON NGON Buffet Lau"、"HONEST KITCHEN"(正直厨房、日本食)、"Thai Express"(タイ料理)、"SCHOOL FOOD"、"Rak's Work"、"BORNGA(Original Korean Taste)""CAFE DELI artisee PATISSERIE"など各国の料理店が並んでいます。5階以下は次の通り。

   

5階: 家庭用品・生活雑貨・幼児/子供用品

4階: 男性服・スポーツ/ゴルフ・贈答品

3階: 若者向けフカジュアルァッション・時計など

2階: 女性ファッション・靴・ハンドバッグ・若者向け化粧品・アクセサリー

1階: 輸入ファッション・時計・宝石・化粧品

地下1階: LOTTE Mart

 

韓国資本のデパートは、ベトナムの現状に合わせた(意識した)商品水準に押さえてありますが、20年前には考えられない商品の豊かさを確かに感じました。ただ、開店直後だったためか客の数は数えるられるほど少ないのです。
 
30分あまりの散歩からホテルに戻り、自室で日本のテレビ番組(NHKと民放)を観ながら、しばらく休憩することにしました。(続く)

 

« ベトナムの旅(その35) 「水上人形劇」を鑑賞する(後編) | トップページ | ベトナムの旅(最終回) ハノイ空港から帰国の途へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/63569161

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムの旅(その36) ハノイの最終日:

« ベトナムの旅(その35) 「水上人形劇」を鑑賞する(後編) | トップページ | ベトナムの旅(最終回) ハノイ空港から帰国の途へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ