« 栃木県南部のドライブ旅(その6) 足利フラワーパークの「ふじのはな物語」⑥ | トップページ | 人はなぜ後悔するのか? »

2016年5月19日 (木)

栃木県南部のドライブ旅(その7) 足利フラワーパークの「ふじのはな物語」⑦

大きな「白藤」
 
2016_05120148
 
 

「西ゲート」の前にある「大長藤
 
2016_05120149 
2016_05120151
 
「大長藤」は「水上花壇」に隣接しています。
   
2016_05120152 
2016_05120150
 
 

遊歩道の脇にある「きばな藤」
 
2016_05120153
 
 

同じく、「ヤマモミジ」
 
2016_05120154
 
 

八重黒龍藤」に入ります。
 
2016_05120158 
2016_05120167 
2016_05120159

 
栃木県指定天然記念物の「足利のフジ」であると説明されていました。
 
2016_05120160
 
 

「足利の藤」は遅咲きのようで、まだきれいに咲いています。
 
 
2016_05120162 
2016_05120163
 
モネの池」の対岸に見えるのは「大藤」(B
 
2016_05120161
 
 

スダジイ」(ブナ科)の巨木です。関東では「シイノキ」と呼ばれると説明されています。
 
2016_05120165
 
 

「うすべにの藤」(円形の棚)の下に設置された休憩所(後列の椅子)から見たフラワーステージ」
 
2016_05120168
 
 

午前10時半になったところですが、屋根のある休憩所で早めの昼食(ブランチ?)を摂(と)ることにして、「テイクアウトコーナー」で選んだ「あっさり醤油佐野ラーメン」を同行者とシェアしました。縮れ麺の食感とコクのある醤油味のスープが期待通りでした。ワカメがたっぷり入っていますから、「ワカメラーメン」と呼んだ方が良さそうです。
 
2016_05120170
 
 

午前11時近くになると家族連れの客と団体客の入園が急に増えて、正面ゲート付近は混雑し始め、さらに日差しも強くなりました。そこで、次の目的地へ向かうことにして正面ゲートを出ると、目の前の大型車用駐車場には観光バスが並んでいました。
 
2016_05120171
 
 

その手前にある普通車用駐車場はいうにおよばす、西ゲート前の大きな駐車場には車の長い列ができていました。ほぼ満車状態と思われますから、昼近くに到着した車はさらに離れた臨時駐車場(徒歩7-8分の距離にある栗田美術館の駐車場)を利用する必要がありそうです。 

 

「栃木県南部のドライブ旅」はまだ続きますが、ここで投稿を小休止します。(続く)

« 栃木県南部のドライブ旅(その6) 足利フラワーパークの「ふじのはな物語」⑥ | トップページ | 人はなぜ後悔するのか? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/63644250

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木県南部のドライブ旅(その7) 足利フラワーパークの「ふじのはな物語」⑦:

« 栃木県南部のドライブ旅(その6) 足利フラワーパークの「ふじのはな物語」⑥ | トップページ | 人はなぜ後悔するのか? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ