« 人はなぜ後悔するのか? | トップページ | 栃木県南部のドライブ旅(その9) 出流原町の「磯山弁財天」と「出流原弁天池の湧水」(後編) »

2016年5月24日 (火)

栃木県南部のドライブ旅(その8) 出流原町の「磯山弁財天」と「出流原弁天池の湧水」(前編)

「足利フラワーパーク」のあとは同じ佐野市の北部にある「出流原弁天池の湧水」へ向かいました。「正面ゲート」に近い駐車場を出て「西ゲート」付近に差しかかると、午前12時だというのに「西ゲート」前にある駐車場から長い車列が伸びていました。車列は動いていませんから駐車場は満車状態になったようです。表通りに出て両毛線の下(アンダーパス)を抜け、県道67号を東に向かい、両毛線富田駅の手前で県道175号に入って北進。出流原(いずるはら)歩道橋交差点で国道293号を横切り、案内標識にしたがって左折すると「磯山弁財天」(通称: 出流原弁財天)の前に出ました。
 
2016_05120172
 
 

佐野七福神のひとつである「磯山弁財天」は、平将門追討の功により下野・武蔵二ヶ国の国司となった藤原秀郷(ひでさと)によって948年に創建(鎌倉時代に再建)されたそうです。
 
2016_05120208
 
 

美しい造りの山門の後方、かなり高い場所に舞台造りの本堂が見えます。
 
2016_05120173
 
 

山門を潜った場所に「奉修磯山辨財天大開菩提也」と書かれた板塔婆(いたとうば)が目に入りました。撮影した時には気づきませんでしたが板塔婆の陰に「磯山の大蛇」像があります。
 
2016_05120174
 
 

折れ曲がって続く長い石段を上りました。
 
2016_05120175 
2016_05120176
 
 

右手には鐘楼
 
2016_05120177
 
 

左手に続く階段の先に本堂が見える場所に御手洗場があります。磯山弁財天は白蛇を祀っていることで、蛇の像の口からお水が出てきます。
 
2016_05120178
 
 

その右手にある注意書きと「磯山三峰神社登山道」と彫られた石柱が立っています。
 
2016_05120189
 
 

登山道は利用する人が多くないようです。
 
2016_05120190
 
 

本堂(弁天堂)へと続く石段はあともう少しです。
 
2016_05120179
 
 

本堂脇に掲げられた「弁財天の由来」
 
2016_05120180
 
 

先に参拝する同行者
 
2016_05120184
 
 

「磯山宮」と書かれた寺額
 
2016_05120182
 
 

本堂の内部
 
2016_05120183
 
 

本堂の「弁天堂」は三層の舞台造 になっていて、その2階には水の神である市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)が祀(まつ)られているそうです。

 

振り返ると出流原の景色を展望できました。右手に中の島がある池が見えます。ちなみに、左手から右手方向へ伸びる道路は茨城県日立市と栃木県足利市を結ぶ国道293号で、先ほどまで居た「足利フラワーパーク」は遠くへと続く山並みの左端付近の向こう側に位置(直線距離で約7km)します。
 
2016_05120181
 
 

弁天堂の裏手にまわると、弁天像の横にある岩の割れ目「風穴洞」がありました。岩の隙間から涼しい空気が吹き出てくるように感じます。奥に鍾乳洞があるのでしょうか。ちなみに、裏手にある小さな階段で本堂の2階へ上がれたようです。
 
2016_05120185
 
 

石段を御手洗場脇までを下りたとき、正面に「銭あらい弁天」があることに気づきました。
 
2016_05120187
 
 

石碑に、『この銭あらい弁天は北海道蛇文石として巳己(みき)の年に見つけられ二匹の大蛇に抱かれたタマリ石として造りあげられました』 と説明されている珍しい模様の石が置かれています。
 
2016_05120188

 

急な石段を注意して下りました。
 
2016_05120191

 
(続く)

« 人はなぜ後悔するのか? | トップページ | 栃木県南部のドライブ旅(その9) 出流原町の「磯山弁財天」と「出流原弁天池の湧水」(後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/63657309

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木県南部のドライブ旅(その8) 出流原町の「磯山弁財天」と「出流原弁天池の湧水」(前編):

« 人はなぜ後悔するのか? | トップページ | 栃木県南部のドライブ旅(その9) 出流原町の「磯山弁財天」と「出流原弁天池の湧水」(後編) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ