« 「四字熟語かるた」を作る | トップページ | 「Windows 10へのアップグレード」を考える »

2016年6月17日 (金)

「捨てる喜び」を考える

『年末に大掃除したはずの自室が半年後には乱れはじめ、翌年末には元の木阿弥(もくあみ)になる習性』から脱しようとして8年が過ぎました。以来、何度かの大掃除を経て、部屋のあちこちに物が積み上がったり、床に物が散乱したりすることはなくなり、それなりに快適な空間を確保してきました。しかし、昨春のことですが、新しい趣味を持ちたいと電子ピアノを購入したことで、事態が大幅に悪化してしまいました。購入する前にそのスペースに相当する持ち物を処分するべきでしたが、順序が逆になったため「一歩前進二歩後退」の状態になり、それからは「プチ断捨離」を継続する日々になりました。

 

しかし、ダイエットに似て整理整頓は一本調子には進みません。気がつけばいつの間にかリバウンドしているのです。最も気になることはいつか必要になるかもしれない小物類で、時として役に立つことがあるため、始末に負えない(捨てる決断ができない)のです。そこで発想を変えることにしました。小物類をちまちまと捨てるのではなく、大物類(大量にあるもの)を対象にするのです。10年以上前、エアチェック(つまりWOWOWなどテレビ放送番組の録画)をした映画のビデオ(VHSテープ)もすべて廃却して新たにDVD/BDのライブラリーに移行した考え方です。それと並行して、数年前には書籍類をブックオフでほとんど処分しました。

 

現時点で残っているものは、アメリカで購入した映画のビデオテープと自分で録画したDVD/BD(家族ビデオを含む)のライブラリーです。前者は迷わず廃却し、DVDBDの映画ライブラリーで重複するものはDVDの方を廃却、重複しないものでもこの数年間一度も観ていないものは廃却することにしました。DVD/BDほどの量ではありませんが、アナログのレコードはもうしばらく手元に置くことにします。そして、残るものは過去の仕事に関する参考資料(注、個人的なもの)の類です。思い出を保管しているだけですから、これもすべて廃却することにしました。

 

一方、約10万枚に達する膨大な写真はすべてパソコンのHDDCDDVDに入れて保管していますから、スペースはそれほど必要としません。意外に厄介(やっかい)なものは家電製品の取り扱い説明書です。最近はネットで検索すれば、家電メーカーのhpに掲載されていますが、古い製品については扱われていないものが存在します。また、各種の名簿類は個人情報の塊ですから、安易には破棄できません。ですから、いずれも捨てにくいのです。

 

また、パソコン関連では、以前使っていたWindows XP OSを搭載したノートパソコン、マルチディスプレイ用に使用していた液晶ディスプレイ(2台)を各メーカーに返送して、いずれも廃却してもらいました。ちなみに、「PCリサイクル」のマークがあれば送料を含めてすべて無料です。そして、溜(た)まりにたまった大量の名刺は小物ですが一枚ずつ手回しのシュレッダーにかけて裁断しました。思ったより大変な作業で、手が痛くなるほどでした。

 

話が横道にそれましたが、今回始めたプロジェクトは、容れ物(つまり自室)に適した物量を決め、優先順位にしたがって断捨離(だんしゃり)することが基本です。この枠からはみ出たものは自動的に廃棄するのがルールです。思い入れや思い出などの感情は一切、その判断基準にしません。それらは記憶の中にあれば良いのです。

 

以上の考えにしたがって、まず「ものを捨てる習慣」を身につけることにしました。日々努力することで「ものを捨てる習慣」を「ものを捨てる喜び」に繋(つな)げたいと考えたのです。つまり、『不要不急であるものを身の回りに置くことは、人の実生活だけではなく、精神生活においても、生活の質(Quality of Life)を低下させる』 との考えに至ったのです。まだ、道半ばですが、余裕がある時間を活用して「断捨離}を着実に進めています。

 

今回の結論です。徳川家康の人生訓には、『人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くがごとし 急ぐべからず』 とありますが、これはあくまでも例えであり、身の回りに絶えず重荷(不要不急のもの)を保管しておく必要はないでしょう。できるだけ身軽な方が良いのは明らかでしょう。事実、上記の人生訓の最後には、『及(およ)ばざるは、過(す)ぎたるに優(まさ)れり』 とあります。

« 「四字熟語かるた」を作る | トップページ | 「Windows 10へのアップグレード」を考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/63729685

この記事へのトラックバック一覧です: 「捨てる喜び」を考える:

« 「四字熟語かるた」を作る | トップページ | 「Windows 10へのアップグレード」を考える »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ