« 「アルコール依存体質」を克服する!? | トップページ | 「過剰反応社会」を考える »

2016年6月28日 (火)

カジュアル・イタリアン「カフェ ラ・ボエム渋谷」

先週、英国で行われた国民投票の結果は大方の楽観的な予想(期待)とは異なり、EUからの離脱を支持する票が過半を占めました。これにともない、EUに残留することを主張していたキャメロン首相が9月までには辞任することを発表。これに留まらず、予想外の結果は世界的な株価暴落と通貨変動(ポンド安と円高)を引き起こしました。翌日の日本市場では日経平均株価が1286円も下落して15000円を下回り、円/ドルの為替レートは瞬間的に100円/$の大台を割りこみました。週明けには両指数ともやや戻したものの、事態が改善されたわけではありません。
 
ちなみに、2008年のリーマンショックでは日経平均株価が4か月間で約50%(つまり半額へ)と壊滅的な水準まで下落しましたが、一日当たりの最大下落幅は1089円であり、今回の下落はそれを上回るものになりました。また、英国内ではスコットランドの独立機運が再燃し始め、EUの強いタガ(結束)を揺るがす強い衝撃を与えました。当面は事態の推移を見守るしかありませんので、影響の強さとそれが及ぶ範囲を確認した段階で、日本への影響と個人レベルでの対処法についての私見を書きたいと思います。
 
よって、今回は事前に作成した日常についての記事を予定通り投稿します。
 
                          ☆
 
10日ほど前のことです。久しぶりに渋谷駅で下車してハチ公前改札口を出ました。
 
2016_06180001 
2016_06180008 
2016_06180007
 
ハチ公がある広場を横切ってアメリカ映画「バイオハザードⅣ アフターライフ」の冒頭シーンに登場したスクランブル交差点を横断します。
 
2016_06180009 
2016_06180006
 
井の頭通りを北上し、神南一丁目交差点から渋谷公園通りに入り、渋谷区役所方面へ歩いて10分ほどで到着した渋谷区役所前交差点の右手前にあるカンパリビルに入りました。
 
2016_06180012 
2016_06180013
 
そのビルの3階ある「カフェ ラ・ボエム渋谷」(Cafe La Boheme)がこの日の目的地です。ちなみに、2階にはメキシコ/テキサス料理のゼストキャンティーナ、4階にはエスニック料理のモンスーンカフェが入店しています。いずれも同じ企業が展開するチェーン店です。
 
2016_06180014 
2016_06180015
 
このレストランはユニークな経営で知られるグローバルダイニングが展開するカジュアル・イタリアンの店で、都内を中心に15店舗ほどがあるようです。店名はプッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」に登場するボヘミアンに由来し、業態はパスタとワインを中心とするレストランとのこと。ちなみに、同社の店舗は、ゼストとモンスーンカフェなど別業態のレストランを含めると、48店舗(うち海外が2店舗)まで急成長したそうです。

中世のヨーロッパを模したインテリアの店内(完全禁煙)は、ビルの3階にあることを忘れさせるように開放的で、4人掛けのテーブル席を中心に席数は98席もあるそうです。(内観は同社のhpを参照) この日は上京した旧友を囲むためランチョン・ミーティングが急遽開催されることになりました。
 

ランチセットメニュー」は週替わり・蒸し鶏と青ネギの和風ソース・ボロネースなど8種類あるパスタから好みのものを選べ、たっぷりサラダ・アイスティー・本日のデザートがついて、1000円ポッキリとお得感があります。
 

初夏のように暑い日ですから、「とりあえずビール」で乾杯することになりましたが、休酒してちょうど3週間になった私は涙を呑(の)んでノンアルコール・ビールのキリンフリーを注文。
 
2016_06180018
 

アイスティーに続いて大きめの皿に盛られたサラダが配膳されました。野菜は全国の契約農家から取り寄せているそうで、見た目にも新鮮さが感じられます。
 
2016_06180019
 

次いで、私が注文した大好物のカルボナーラ。こちらもランチにはほどよいボリュームです。写真の奥に写るのはおつまみの「イカリング」。他のメンバーはビールからワインへと移っています。
 
2016_06180020
 

最後に出されたデザートはゴマ風味のプリンでした。
 

駅からかなり離れた場所にあり、しかもこの日が平日(金曜日であったためか、渋谷区役所や国立代々木競技場周辺の企業などに勤める若いサラリーマンがほとんどの)ようです。茶系統に統一されたインテリアの落ち着いた雰囲気とリーズナブルな価格で提供されるパスタとドリンク(〆て2000円ほど)は好感が持てました。

« 「アルコール依存体質」を克服する!? | トップページ | 「過剰反応社会」を考える »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/63797854

この記事へのトラックバック一覧です: カジュアル・イタリアン「カフェ ラ・ボエム渋谷」:

« 「アルコール依存体質」を克服する!? | トップページ | 「過剰反応社会」を考える »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ