« 続々・奥の細道擬紀行(その32) 福井市の「福井城址」から敦賀市へ | トップページ | 洋食店「つばめグリル」(玉川高島屋SC店) »

2016年8月25日 (木)

続々・奥の細道擬紀行(その33) 敦賀市の地魚料理店「まるさん屋」

「ホテルルートイン敦賀駅前」にチェックインしました。自室からはJR西日本の北陸本線/小浜線/湖西線の列車が発着する敦賀駅を見下ろすことができますが、そのプラットフォームに人影はほとんどありません。
 
2016_07060750
 
近い将来(7年後の2023年、3年前倒しの案があり)には北陸新幹線が敦賀駅まで延伸されることが決まっていますが、その駅前エリアは昨年9月に再開発事業が終わり、10月にオープンしたばかりです。ヘアピンカーブがある公共交通ゾーン(写真左端)には路線バスとコミバスの乗降所、およびタクシーの乗降場とタクシープールがあり、右手には市民交通ゾーン(写真中央)が広がり、公共交通ゾーンの左手には広場ゾーン(イベント広場)があるようです。
 
公共交通ゾーンの奥には一昨年に完成した敦賀市の交流施設「オルパーク」(駅の待合室を兼ねる)、その左隣には同じ色調に改修された敦賀駅の駅舎が見えます。ちなみに、市民交通ゾーンの右隣には、写真には写っていませんが、福井大学国際原子力研究所もありました。ただし、全体として空きスペースが目立つのは、東電福島第一原子力発電所の事故が影響して財源の確保(原子力発電所関連の税収など)が不確実になったため、当初案が見直されて縮小したことによるようです。
 

ホテル内にもレストランがありますが、今回の旅行では私の手違いから同行者が気に入る夕食に出会っていませんから、港町である敦賀らしく海鮮料理の店へ出かけることにしました。ホテルから1-2分の距離にある地魚料理店「まるさん屋」です。敦賀駅前通り面した建物の2階にありますが、大きな看板と提灯がある入り口はよく目立ちました。
 
2016_07060758
 
 

2階に上がりました。ファミレスのように記帳するシステムです。魚の装飾がある店内と思っていましたが、反対側の部屋に案内されました。
 
2016_07060751
 
 

メニューは居酒屋風
 
2016_07060752
 
 

生ビール(小)(486円)で一日の疲れを癒(いや)します。塩辛・玉子白身・ジャガイモが入った付け出し/前菜小鉢(300円)が肴(さかな)です。
 
2016_07060753
 
 

同行者の希望にしたがって、まずは「刺身の盛り合わせ(8点)(2160円)
 
2016_07060754
 
 

次いで「岩がきの刺身」(1058円)を注文。魚津市の記事に書きましたように、9月から5月が旬である「真牡蠣(まがき)」と異なり、「岩牡蠣(いわがき)」のシーズンは夏場(7‐9月)なのです。
 
2016_07060755
 
 

私は「焼さば寿し膳(2種4かん膳)」(1404円)を選びました。名物の「へしこ焼き」(540円)にも興味があったのですが・・。
 
2016_07060756
 
 

同行者は海鮮料理に満足してくれたようで一安心です。ホテルに戻って1階にある大浴場「旅人の湯」へ向かいました。
 
2016_07060763

 
脱衣籠が6つだけのやや小ぶりの脱衣所に入ります。
 
2016_07060759
 
 

説明書によるとラジウムにより軟水化された、水当たりが軟らかく肌に潤いを与える人工温泉とのこと。大浴場にある横長の浴槽は、窓越しに見える植込みが落ち着いた雰囲気を与え、駅前のホテルであることを忘れさせました。
 
2016_07060760
 
 

洗い場はビジネスホテルらしくカランが6つ並んでいます。
 
2016_07060761

 
早めに就寝したことで、翌朝はいつも通りに午前5時過ぎに起床。窓の外を見ると小雨が降っているようですから、朝の散歩は中止することにしました。午前6時になるのを待って1階のレストラン「花々亭」へ向かいました。

 

同行者がバイキング朝食で選んだのは控えめの内容です。
 
2016_07060767
 
 

私はあれこれ欲張った和洋折衷(せっちゅう)ですが、前夜飲み過ぎたこともあり、ご飯ではなく、お粥(かゆ)にしました。
 
2016_07060768
 
 

3日目に入ったところで、また投稿を小休止します。(続く)

« 続々・奥の細道擬紀行(その32) 福井市の「福井城址」から敦賀市へ | トップページ | 洋食店「つばめグリル」(玉川高島屋SC店) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/64089988

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・奥の細道擬紀行(その33) 敦賀市の地魚料理店「まるさん屋」:

« 続々・奥の細道擬紀行(その32) 福井市の「福井城址」から敦賀市へ | トップページ | 洋食店「つばめグリル」(玉川高島屋SC店) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ