« 続々・奥の細道擬紀行(その22) 金沢市の「兼六園」と「金沢城公園」(後編) | トップページ | 続々・奥の細道擬紀行(その24) 金沢市の「長町武家屋敷跡」(後編) »

2016年8月13日 (土)

続々・奥の細道擬紀行(その23) 金沢市の「長町武家屋敷跡」(前編)

夕食のあと、最上階にある温泉「サウナ片町」へ向かいました。宿泊者は無料で利用できます。
 
2016_07060518
 
 

大浴場には細長い浴槽があり、天然温泉の泉質はナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)で、加水・加温・循環ろ過されていますが疲れを癒(いや)すことができました。
 
2016_07060520
 
 

露店風呂「「壮健の湯」からは白山連峰から日本海まで一望できるとのことですが、薄い雲で遠くを見ることができません。注、最初から3枚の写真は利用者がまだいない翌朝6時に撮影
 
2016_07060522
 
 

翌朝は午前5時過ぎに起床。朝食までの時間を利用して、旅先の習慣である朝の散歩に出かけることにしました。香林坊方面に向かい、東急スクエアの角を左折し、
 
2016_07060525
 
 

鞍月(くらつき)用水沿いの散策路を歩きます。『名前の由来は、鎌倉から室町時代に存在した鞍月庄にもとづいてます。水力を利用して灌漑(かんがい)や菜種油を採ることを目的に造られたそうです』(出典:せせらぎ通り商店街のhp)
 
2016_07060526
 
 

「せせらぎ通り」の名が付いています。
 
2016_07060527
 
 

「長町武家屋敷跡」の案内看板に従います。
 
2016_07060530 
2016_07060528
 
 

細長い露地が続いています。
 
2016_07060529
 
 

武家屋敷の雰囲気に代わりました。
 
2016_07060531 
2016_07060532
 
 

金沢らしい「職人大学校 長松検収塾」の看板を見つけました。
 
2016_07060533
 
 

家紋が入った鬼瓦
 
2016_07060534
 
 

落ち着いた雰囲気の食器店
 
2016_07060535
 
 

「金沢市伝統環境保存区域」は小さな公園のような佇(たたず)まいです。
 
2016_07060536
 
 

カラフルな消火栓の蓋(ふた)には日本庭園の意匠があります。
 
2016_07060537
 
 

露地の先には一般住宅が続いています。
 
2016_07060538
 
 

立派な長屋門がありました。『この「新家邸長屋門」(金沢市指定保存建造物)はもと、加賀藩士の桑嶋氏住宅長屋門で、亀甲積みとした基礎、礎石、礎盤などの役石をすべて戸室石とし、門を構成する柱は根具金具打ちとするなど、加賀藩中級武士住宅の風格を見せている。また出窓の形をとる武者窓を叉首(さす、合掌)、出桁の木口を銅板巻とするなど、木部の洗練された意匠とともに、しっかりとした工匠の意気がうかがえる』 と説明されています。
 
2016_07060539
 
 

クランク状に折れ曲がった道の角で何かに見入る同行者
 
2016_07060541
 
 

それは鈴木商舗(創業文政5年/1822年)の店先にある九谷焼(加賀市の発祥で加賀藩の名産、佐賀の有田焼から技術を導入)の絵柄が彫り込まれた灯籠(とうろう)でした。
 
2016_07060543
 
(続く)

« 続々・奥の細道擬紀行(その22) 金沢市の「兼六園」と「金沢城公園」(後編) | トップページ | 続々・奥の細道擬紀行(その24) 金沢市の「長町武家屋敷跡」(後編) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/64029223

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・奥の細道擬紀行(その23) 金沢市の「長町武家屋敷跡」(前編):

« 続々・奥の細道擬紀行(その22) 金沢市の「兼六園」と「金沢城公園」(後編) | トップページ | 続々・奥の細道擬紀行(その24) 金沢市の「長町武家屋敷跡」(後編) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ