« 続々・奥の細道擬紀行(その23) 金沢市の「長町武家屋敷跡」(前編) | トップページ | 続々・奥の細道擬紀行(その25) 金沢市の「望湖台」と「金沢駅」 »

2016年8月14日 (日)

続々・奥の細道擬紀行(その24) 金沢市の「長町武家屋敷跡」(後編)

見事な土塀が続きます。
 
2016_07060545

 
先ほどとは別の川縁(かわべり)に出ました。
 
2016_07060546
 
 

石柱には「大野庄用水」の名前とともに、『藩政前からある用水で、犀川から取水し、旧石川郡大野庄の灌漑・仏師運搬・市街地の防火・防御(ぼうぎょ)・融雪などのための多目的用水で、御荷川・鬼川・オホノヒ川の別名があり、下流は木洩川という。今も庭に「やり水」するなど城下町に景趣をそえている』 とあります。用水に面した住宅は橋を利用して出入りするようです。
 
2016_07060548
 
 

「武家屋敷跡 加賀藩千二百石野村家」の大きな看板がありました。
 
2016_07060551
 
 

こちらがその「野村家」で、案内看板には午前8時30分に開館すると表示されています。また、説明看板には、『藩祖前田利家が金沢城に入場した際、直臣として従った野村伝兵衛信貞家は禄高千石千二百国と累進し、十一代にわたって御馬廻組組頭各奉行職を歴任、千有余坪の屋敷を拝して連綿と明治四年廃藩まで続いた由緒ある家柄である』 と説明されています。開館する午前8時30分にはまだ2時間近くも!
 
2016_07060552
 
 

左手に回り込んだところに正門がありました。
 
2016_07060555
 
 

すぐ近くに「金沢flat BUS」(長町ルート)の「長町武家屋敷跡」停留所があります。金沢城を取り囲むように4つの循環ルート(大人料金100円)があるようですから、住民はもちろん、観光客にも便利な交通機関です。名称は「ふらっと乗れる気軽さ」「段差のないフラットなバス」にちなんで付けられたそうです。同種のサービスを都心部と仙台市、そしてハワイのオアフ島(こちらは乗り放題のトロリーバス)などで利用したことがあります。
 
2016_07060559
 
 

こちらにも土塀が続いています。
 
2016_07060560
 
 

加賀友禅「千紅(ちこう)
 
2016_07060561
 
 

箔座長町」のショーウインドーには『箔とともにある、暮らし』 のキャッチコピーで金箔(きんぱく)製品が展示されていました。
 
2016_07060562 
2016_07060563
   
 

長町(ながまち)の石柱には、『藩政時代はすべて藩士の邸地で、香林坊下から図書橋(ずしばし)あたりまでの長い町筋であったところから、この長ついたという。なた、藩の老臣(大老)長氏や山崎長門の指名に由来するとも言う』 と刻まれています。
 
2016_07060564
 
 

金沢市中央公民館長町館
 
2016_07060565
 
 

金沢市老舗記念館
 
2016_07060567
 
 

その近くにある「長町一の橋」は大野庄用水に架かる橋のうち、犀川に一番近い橋です。ちなみに、「八の橋」までありますが、武家屋敷跡はこの「一の橋」から高田家がある「四の橋」あたりまでのようです。
 
2016_07060568
 
 

下水用マンホールの蓋(ふた)には伝統工芸の加賀水引と金沢金箔をイメージしたデザインが施されています。
 
2016_07060570
 
 

片町一丁目に入ってホテルへ戻りました。
 
2016_07060571 
2016_07060572
 
 

午前7時を少し過ぎていましたので1階のシアトルズベストコーヒーで和洋バイキング朝食を摂ることにしました。これは同行者が選んだメニューです。
 
2016_07060574
 
 

そして、私は和朝食にしました。ご飯の代わりに好きなお稲荷さんを加えました。験担(げんかつ)ぎでもあるのです。これまでも多くの記事(大阪高松武蔵小杉名古屋など)のなかにお稲荷さんを登場させています。金沢のお稲荷さんには、酢飯に入れるのではなく、外側に胡麻(ごま)が振りかけられているのは珍しいと思いました。
 
2016_07060576
 
 

この日も安穏(あんのん)なドライブ旅が続くことでしょう。(続く)

« 続々・奥の細道擬紀行(その23) 金沢市の「長町武家屋敷跡」(前編) | トップページ | 続々・奥の細道擬紀行(その25) 金沢市の「望湖台」と「金沢駅」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/64029751

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・奥の細道擬紀行(その24) 金沢市の「長町武家屋敷跡」(後編):

« 続々・奥の細道擬紀行(その23) 金沢市の「長町武家屋敷跡」(前編) | トップページ | 続々・奥の細道擬紀行(その25) 金沢市の「望湖台」と「金沢駅」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ