« 続々・奥の細道擬紀行 帰路 | トップページ | 新東名高速道路の延伸区間を走る(後編) »

2016年9月26日 (月)

新東名高速道路の延伸区間を走る(前編)

7月初旬、伊勢神宮参拝の帰路に新東名高速道路(正式名称:第二東名高速道路)の延伸区間(約55.2km)、トヨタJCT-浜松いなせJCT(上り線)を初めて走行しましたが、夜間であったため、この区間の様子を知ることはできませんでした。今回は下り線になりますが、例によって当該(とうがい)区間である「浜松いなせJCT-「豊田東JCT」・「トヨタJCT」間を細かく確認しました。ちなみに、「豊田東JCT-「豊田JCT」間は伊勢湾岸自動車道に属しています。

 

現状は片側2車線・最高速度100kmですが、当該区間の以東のように、将来の片側3車線化(設計最高速度120km)が予定されているようです。ただし、この区間のトンネル幅はいずれも片側2車線ですが・・。この区間における最大の特徴はトンネルと橋の多さでしょう。下り線・上り線とも17のトンネルと38の橋が連続します。橋の数は他の区間と大差はありませんが、トンネルは平均すると3kmに1つと他の区間の倍以上であることが目立ちます。この理由は当該区間が美濃三河高原の南端を通過しているからなのです。また、ICは「新城(しんしろ)」と「岡崎東」の2か所、SA/PAも「長篠設楽原PA」と「岡崎SA」の2か所です。

 

浜松いなせJCT」を直進します。従来(今年の3月まで)は接続道路に入って東名高速道路を利用する必要がありました。
 
2016_09250001
 
 

「雨 走行注意」の表示が出されています。
 
2016_09250002
 
 

切通しを通過
 
2016_09250003
 
 

愛知県新城市に入ります。
 
2016_09250004
 
 

再び切通しに差し掛かると、雨天の注意報が出ているように、靄(もや)が立ち込めていました。
 
2016_09250006
 
 

愛知県では最長とされる「鳳来(ほうらい)トンネル」(長さ2470m、注、上り線は2542m)を通過します。8kmほど北方には2年前に訪れた「鳳来寺山」があります。
 
2016_09250007
 
 

新城ICに差しかかるころにはフロントガラスに雨粒が・・。
 
2016_09250009
 
 

長篠設楽原(ながしのしだらがはら)PA」に立ち寄ります。
 
2016_09250010
 
 

下り線には「長篠設楽(ながしのしだら)が原の戦い」をモチーフとした織田・徳川連合軍の物見櫓(やぐら)があました。ちなみに、上り線は武田軍の朱塗り本陣をイメージさせるものだそうです。
 
2016_09250011 
2016_09250012
 
 

雁峰(がんぼ)第一トンネル(長さ590m)は9本も連続するトンネルの1番目です。ちなみに、従来の新東名では5本連続が最多でした。
 
2016_09250013
 
4本目の稲木(いなぎ)トンネル(長さ730m)
 
2016_09250014
 
 

5本目の東上(とうじょう)トンネル(長さ820m)
 
2016_09250015
 
 

8本目の千両トンネル(長さ320m)
 
2016_09250018
 
 

最後(9本目)の観音山トンネル(長さ1190m)
 
2016_09250019
 
 

額堂山(がくどうやま)トンネル(長さ970m)
 
2016_09250020
 
 

額田(ぬかた)トンネル(長さ1810m)に入ります。
 
2016_09250021
 
 

ちなみに、『額田」の地名は三河の地に移り住んだ古代氏族の「額田部(ぬかたべ)氏」に由来するともいわれますが、後年になってからこの表記になったようで、真偽のほどは定かでないようです。「額田部氏」といえば、継体天皇を支えた部族のひとつともされれます。また、天武天皇の妃(きさき)であった「額田王(ぬかたのきみ)」は皇族の額田鏡王(かがみのおおきみ)の娘といわれ、また初の女性天皇となった「推古天皇(すいこてんのう)」の諱(いみな)が「額田部皇女」(ぬかたべのひめみこ)であることから大和国の豪族「額田部氏」に養育されたのかもしれません。(続く)

« 続々・奥の細道擬紀行 帰路 | トップページ | 新東名高速道路の延伸区間を走る(後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/64258962

この記事へのトラックバック一覧です: 新東名高速道路の延伸区間を走る(前編):

« 続々・奥の細道擬紀行 帰路 | トップページ | 新東名高速道路の延伸区間を走る(後編) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ