« 超高速名城巡り<近畿編①> 「舞鶴城」(田辺城) | トップページ | 超高速名城巡り<近畿編②> 「福知山城」(前編) »

2016年9月29日 (木)

超高速名城巡り<近畿編①> 「舞鶴城」(田辺城)の続編 「舞鶴東港」

舞鶴は江戸時代から北前船の寄港地として発展を遂げた古くからの港町です。特に市街地の西側(西舞鶴)を流れる高野川河口に位置する竹屋町(国道175号沿い)は、大商人が多く居住し、田辺(舞鶴)藩内の商品流通を全国の市場へと結びつける拠点だったそうです。

 

国道27号を大手交差点で右折し、丹後街道(敦賀-宮津を結ぶ街道、現在の国道27号・国道175号・国道178号)に入って東舞鶴方面へ向かいました。東舞鶴はかつて軍港によって栄えた地域です。ちなみに、現在、舞鶴港といえばこちらの舞鶴東港を指し、舞鶴西港と区別されています。

 

中舞鶴歩道橋交差点を右折

2016_09250062
 

海上自衛隊の基地(舞鶴造修補給所、最初の3枚)と舞鶴赤レンガパーク(4枚目)の脇を通過
 
2016_09250063 
2016_09250064 
2016_09250065 
2016_09250066
 
 

舞鶴市役所の角を左折して新日本海フェリーの乗り場(舞鶴港前島埠頭)へ向かいました。残念ながら、停泊するフェリーはありませんでした。
 
2016_09250068
 
 

舞鶴港からは、北海道の小樽(おたる)、ロシアのナホトカとポスト―チヌイ、中国の大連・青島(チンタオ)・上海、韓国の釜山(プサン)・浦項(ホコウ)への航路があるようです。
 
2016_09250075
 
 

近くの岩壁には水産庁の漁業取締船「はやま」(499トン)が停泊しています。
 
2016_09250069
 
山陰沖海域を担当する漁業取締船の一隻(せき)ですが、なぜか船尾には三浦市と表示されています。調べてみると、三浦市に船籍がある船を水産庁(境港漁業調整事務所)が傭船(ようせん、チャーター契約)して業務に当たっているようです。
 
2016_09250074
 
 

その周辺では多数の釣り客が釣り糸を垂(た)れています。
 
2016_09250073
 

北東方向の舞鶴平(たいら)湾を横断する舞鶴クレインブリッジ(1999年開通)が見えます。全長735m(橋長672.2m)の斜張橋は、最大支間長が350m、主塔の高さが92mです。ちなみに、日本海側では富山の新湊大橋に次ぐ規模の橋とのこと。
 
2016_09250072
 
 

海上自衛隊の基地(左手)と造船会社であるジャパンマリンユナイテッドの舞鶴事業所(右手)を望むことができました。
 
2016_09250070 
2016_09250071
 

舞鶴東港の北方、舞鶴クレインブリッジの袂(たもと)には「舞鶴引上記念館」がありますが、時間の制約があるため、立ち寄りを断念しました。第二次世界大戦が終わったことで、600万人以上の在外邦人を日本へ輸送する引き上げ船が入港した18港のひとつで、13年間で満州・朝鮮半島・シベリアから約66万人を受け入れたそうです。舞鶴東港の平(たいら)桟橋はヒットした流行歌「岩壁の母」(昭和29年/1954年発売)の舞台です。 

 

午前10時半ころに舞鶴東港を出発して国道27号で舞鶴西ICまで戻りました。
 
2016_09250105 
2016_09250106
 
 

舞鶴若狭自動車道で次の目的地へ向かいます。(続く)

« 超高速名城巡り<近畿編①> 「舞鶴城」(田辺城) | トップページ | 超高速名城巡り<近畿編②> 「福知山城」(前編) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/64273713

この記事へのトラックバック一覧です: 超高速名城巡り<近畿編①> 「舞鶴城」(田辺城)の続編 「舞鶴東港」:

« 超高速名城巡り<近畿編①> 「舞鶴城」(田辺城) | トップページ | 超高速名城巡り<近畿編②> 「福知山城」(前編) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ