« 住みたい街「武蔵小杉」(前編) | トップページ | 目覚ましい興隆から長期停滞に陥った日本経済の戦後70年を振り返る »

2017年1月11日 (水)

住みたい街「武蔵小杉」(後編)

「グランツリー武蔵小杉」と東横線の高架の間にある通路を抜けました。
 
2016_12170032 
2016_12170033
 
 

「グランツリー武蔵小杉」の北側にある市道に出ました。
 
2016_12170034
 
 

パークシティ武蔵小杉ザ・グランドウイングタワー
 
2016_12170036
 
 

ガードを抜けて東横線の西側に出ると、昔ながらの雰囲気が残る商店街「こすぎ南壱番街」がありました。
 
2016_12170037
 
 

右手に市道が伸びていますのでそちらへ向かうことにしいました。従来から存在した東横線・武蔵小杉駅南口(現南口3)の前を通過。
 
2016_12170039
   
 

右前方に東横線の武蔵小杉駅複合した「武蔵小杉東急スクエア」(手前)と「エクラスタワー武蔵小杉」(奥)が見えます。東横線の西側に建設されたタワーマンションの先輩格です。
 

2016_12170038
 
2016_12170044
 
JR
南武線の北側には以前からあるオフィスビル「武蔵小杉タワープレイス」(地上23階建、地上高100m、1995年竣工)を望むことができます。左手にある工事中の高層ビルは「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン イースト」です。
 
2016_12170042
 
 

JR武蔵小杉駅西口の前に出ました。
 
2016_12170043
 
 

東横線の西側にあるもう一棟の高層ビルを目指して歩きましたが、道路工事が行われているためJR南武線の北側の市道へ迂回すると、高架越しに「プラウドタワー武蔵小杉」(地上45階建、地上高158.95m)の全景が見えました。
 
2016_12170052
 
 

反対側(北側)にはオフィスビルの「武蔵小杉タワープレイス」(地上23階建、地上高100m)を間近に見ることができます。
 
2016_12170053
 
 

その左手には先ほど南武線越しに見た建設中の「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン イースト」(地上53階建、高さ178.9m、2017年12月竣工予定)
 
2016_12170051
 
 

歩道に埋め込まれた中原区のプレートに区役所が表示されていましたので、略図に従ってJR南武線の南側に移動して立ち寄ることにしました。
 
2016_12170062
 
 

中原区役所の建物には「川崎フロンターレ」の大きなユニフォームが飾られているのはこの地に本拠地があるからでしょう。
 
2016_12170064
 
 

ちなみに、中原の地名は江戸(東京)と厚木の中原御殿(将軍家の別荘)を結ぶ中原街道が通っていることによるそうです。その街道に沿う小杉御殿町には徳川将軍家の休憩・宿泊所の小杉御殿があったと伝えられます。

 

行き当った府中街道(国道408号)を右折して南武線の高架をくぐり、南部沿線道路(市道)でJR南武線の武蔵小杉駅方面へ戻ることにしました。交差点の左前方に工事中の高層ビル(タワーマンション)があります。「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン ウエスト」(手前)と「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン イースト」(右奥)のツインビルです。商業施設とコンベンションセンターもできるようです。ちなみに、新日本石油(現JXホールディングス)の社宅跡地を再開発するものだそうです。
 
2016_12170067 
2016_12170068 
2016_12170069
 
 

東横線の武蔵小杉駅を出発して高層ビル街を一周、約40分後にJR南武線武蔵小杉駅の北口(正面口)に到着。その後方には東横線武蔵小杉駅のロータリーから撮影した「パークシティ武蔵小杉 ステーションフォレストタワー」(中央)、その左に「KDX武蔵小杉ビル」と「ブリリア武蔵小杉」が確認できます。
 
2016_12170059
 
 

関連の参考情報です。現在の日本医科大学武蔵小杉病医院跡地(武蔵小杉タワープレイスの北側)には「三菱地所レジデンスツインタワー」(地上約50階建、高さ約180m、2022年竣工予定)が、ホテルエルシー跡地(武蔵小杉タワープレイスの南側)には170m級のタワービルが計画されているようです。

 

最後に公共施設についても説明しましょう。特徴的なことは中原消防署や川崎市中原市民館などがタワーマンションの低層階に入っていることです。もちろん、中原区役所や中原警察署なども武蔵小杉駅の周囲に集中していますから、いずれも徒歩圏内といって良いでしょう。

 

冒頭に書いたように、当ブログはこれまで2回にわたって武蔵小杉を紹介してきましたが、今回は大きく発展した武蔵小杉エリアにおける高層ビルの現状を網羅的(もうらてき)に紹介しました。それでは、知人たちとの会食(ランチ)の時間が迫りましたので武蔵小杉の高層ビル紹介はここまでにします。□

 

« 住みたい街「武蔵小杉」(前編) | トップページ | 目覚ましい興隆から長期停滞に陥った日本経済の戦後70年を振り返る »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/64736262

この記事へのトラックバック一覧です: 住みたい街「武蔵小杉」(後編):

« 住みたい街「武蔵小杉」(前編) | トップページ | 目覚ましい興隆から長期停滞に陥った日本経済の戦後70年を振り返る »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ