« 久しぶりの南房総ドライブ旅を満喫する(その6) 鴨川市の「大山千枚田」 | トップページ | 高齢者による自動車運転を考える »

2017年2月 7日 (火)

久しぶりの南房総ドライブ旅を満喫する(最終回) 亀山渓谷温泉郷「湖水亭嵯峨和」の立ち寄り湯

県道34号を3kmほど戻って国道410号に入り、君津市方面を目指しました。高度を上げた国道410号は君鴨(きみかも)トンネル(長さ696m)を抜けて鴨川市から君津市に入り、徐々に高度を下げながら名取交差点で国道465号と県道24号に行き当たりました。

 

どちらの道を選んでも良いようですが、カーナビの推奨する県道24号(久留里街道)を選んだところ、亀山温泉は狭い市道の先であることを示しています。なんとか広い道に行き当たって右折すると「亀山温泉湖水亭嵯峨和」の立て看板が目に入りました。注、写真は帰る時に撮影
 
2017_01300184
 
 

案内看板にしたがって左折し、さらに左に折れると「湖水亭嵯峨和」の敷地内にある広めの駐車スペースに到着。以前、国道465号をドライブした時に見かけた亀山ダム湖に近い亀山温泉にある旅館のひとつです。
 
2017_01300170
 
 

大きな三角屋根で山小屋の雰囲気を演出する建物に入ります。
 
2017_01300171
 
 

右手にあるフロントで利用料金(大人700円/人)を支払って、食事処の手前にあるロビーを抜けて右手に伸びる廊下を進み、左手に折れると、そこには女湯の入口がありました。注、食事をすると温泉入浴が無料(入湯税150円のみ)になるセットメニューもあり
 
2017_01300182 
2017_01300172
 
 

男湯はさらに先にあるようですから、客室の前を抜けました。
 
2017_01300173
 
 

脱衣所はかなり小ぶりですが、右手前に鍵が掛かるロッカーもあります。
 
2017_01300176
 
 

壁に掛けられた温泉分析書には、泉質がナトリウム-炭酸水素塩泉(弱アルカリ性・低張性・冷鉱泉)と説明されています。先日、訪れた「綱島温泉湯けむりの庄」と同じ黒湯です。
 
2017_01300179
 
 

湯けむりが立ち込める浴室には小ぶりの岩風呂が設(しつら)えてありました。
 
2017_01300174 
2017_01300175
 
 

加温されている源泉(アルカリ性の冷鉱泉)が岩風呂へ流れ込んでいました。期待通りに濃い目の黒湯で、肌を滑らかに包みました。事前に確認した「湖水亭嵯峨和」のhpには露天風呂もあると説明されていましたが、宿泊者だけが利用できるのかもしれません。

 

同行者は入館した時にロビーで見かけた「韃靼蕎麦(だったんそば)アイス」を湯上りに食べることを楽しみにしていたようです。しかし、残念ながらその販売は終わってしまったようです。
 
2017_01300180
 
 

日が落ちて暗くなった国道410号を北上しました。木更津東ICの近くを抜けて行き当たった国道409号を西進して木更津北ICの前も通過し、行き当った国道16号を北上して、東京湾アクアライン連絡道の側道を西進しました。袖ケ浦ICにも入らず、往路と同様に木更津金田ICから東京湾アクアラインに入りました。
 
2017_01300186
 
 

同行者は、『いくつものICを通り過ぎたけど、なぜ入らないの? 高速道路の方が便利でしょ!?』 と口癖のようになっている質問を発しました。

 

強風が吹き抜ける東京湾アクアラインの橋梁区間を慎重に走行しました。最高速度は60km/hです。ちなみに、東京湾アクアラインは高速道路ではなく自動車専用道路ですから、標示がない限り、最低速度の制限はありません。
 
2017_01300188
 
 

「海ほたる」が近づきました。
 
2017_01300189
 
 

海底トンネル区間に入ります。
 
2017_01300191
 
 

海底トンネル内は通常通り時速80km
 
2017_01300194
 
 

浮島JCTが近づきました。
 
2017_01300195
 
 

午後7時半過ぎに帰宅。13時間弱のドライブになりました。走行距離は299.8km、平均速度は31km、燃費は27.1kmでした。
 
2017_01300203
 
 
 

<同行者のコメント> 何度もドライブした南房総ですが、どこをどう走ったのかはさっぱり分かりません。今回は漁港で海の幸を食べるのがテーマのひとつで、花を訪ねるのもテーマに入っていました。崖に造られた観音堂からの見晴らしがとても良かったことと、また黒湯の温泉を楽しむことができたこともうれしかったです。ただ、女湯は見晴らしが良くて(外から丸見えのようで)落ち着けませんでしたが・・。(終)

« 久しぶりの南房総ドライブ旅を満喫する(その6) 鴨川市の「大山千枚田」 | トップページ | 高齢者による自動車運転を考える »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/64859477

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの南房総ドライブ旅を満喫する(最終回) 亀山渓谷温泉郷「湖水亭嵯峨和」の立ち寄り湯:

« 久しぶりの南房総ドライブ旅を満喫する(その6) 鴨川市の「大山千枚田」 | トップページ | 高齢者による自動車運転を考える »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ