« 40年ぶりのミャンマー訪問(その1) 成田空港でのチェックインと出国手続き | トップページ | 40年ぶりのミャンマー訪問(その3) 機内映画「ラ・ラ・ランド」を観ながらヤンゴン空港へ »

2017年3月22日 (水)

40年ぶりのミャンマー訪問(その2) 成田空港を出発

出発25分前の10時35分に搭乗の案内がありました。いつもの習いとして、短時間で機内へ入れるよう、人の列が短くなってから最後尾に並ぶようにしています。
 
2017_03160029
 
 

中型双発旅客機のボーイング767-300(座席数は214、巡航速度870km/h、航続距離9,700km)はほぼ満席(CAさんによると空きは約30席)です。この機種には空気抵抗を減らすウィングレットと呼ばれる垂直翼が主翼の先端についています。全日空(エアージャパン)はこの機種を大量に使用していますが、初期のものは導入して20年が経過するため新鋭機のボーイング787などに置き換えられつつあるようです。ちなみに、ビジネス席は横5列で余裕がある一方、エコノミー席は横7列でやや手狭な印象があります。主翼脇の座席を割り当てられることが多いのですが、今回は少し後ろの主翼を外れた場所ですから、窓越しの視界が良いと期待されます。ただし、エンジン音は?!
 
2017_03160030
 
 

ちなみに、隣に駐機するのはワイドボディで航続距離が長い双発旅客機ボーイング777-300ERのようです。

 

各座席にはUSB端子(入力用)が装備されデジカメやスマホの充電ができ、機内Wi-FiOnAir(有料)も提供されていました。USB端子(写真右)の左隣にある見慣れないコネクタはドック接続するiOS機器との接続用と思われます。
 
2017_03160032 
2017_03160035
 
 

最新鋭機のボーイング787がエプロンから先に出て行きます。
 
2017_03160033
 
 

離陸後の飛行時間は7時間19分の予定であるとのアナウンスと機内の安全についての注意があって定刻の午前11時ちょうどにターミナルを離れました。
 
2017_03160034 
2017_03160036
 
 

誘導路は飛行機が列をなして、ちょっとした渋滞が発生中
 
2017_03160038
 
 

エヤ-カーゴの駐機場脇を通過
 
2017_03160039 
2017_03160040 
2017_03160041
 
 

A滑走路を離陸したのは11時20分過ぎでした。
 
2017_03160042 
2017_03160043
 
 

東関東自動車道成田JCTの上空を通過し、
 
2017_03160044
 
 

印旛沼の手前で旋回し、
 
2017_03160045
 
 

成田空港の上空に戻りました。
 
2017_03160046
 
 

そして、成田空港の南西約10kmにある酒々井(しすい)プレミアム・アウトレットが眼下に現れたと思えば、
 
2017_03160047
 
 

あっという間に東京湾を横切って三浦半島に差し掛かりました。
 
2017_03160048
 
 

12時40分ころに昼食のサービスがありました。私は「鶏の唐揚げと彩り野菜弁当」を、同行者は「シーフードのトマト煮バジル風味」を選択。
 
2017_03160055 
2017_03160052
 
 

いずれも美味しく食べましたが、量が多めで、少し残してしまいました。(続く)。

« 40年ぶりのミャンマー訪問(その1) 成田空港でのチェックインと出国手続き | トップページ | 40年ぶりのミャンマー訪問(その3) 機内映画「ラ・ラ・ランド」を観ながらヤンゴン空港へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/65047279

この記事へのトラックバック一覧です: 40年ぶりのミャンマー訪問(その2) 成田空港を出発:

« 40年ぶりのミャンマー訪問(その1) 成田空港でのチェックインと出国手続き | トップページ | 40年ぶりのミャンマー訪問(その3) 機内映画「ラ・ラ・ランド」を観ながらヤンゴン空港へ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ