« 40年ぶりのミャンマー訪問(その17) 「ナンダ・レストラン」で中華料理と人形劇を楽しむ | トップページ | 40年ぶりのミャンマー訪問(その19) バガン・ニャンウー空港からマンダレーへ »

2017年4月16日 (日)

40年ぶりのミャンマー訪問(その18) ホテルからバガン・ニャンウー空港へ

午前5時少し前に起床。しばらくすると、外で何人もの人が歩く気配があります。庭園内の歩道をたどってエントランスホールへ向かうと、フライイング・バルーン(熱気球)観光に出かける団体でした。霧が立ち込めている午前5時20分ころ、20名ほどのグループは2台のマイクロバスに分乗して出掛けて行きました。

 

軽くシャワーを浴びてから、午前6時にオープンするカフェテリアへ向かいました。仕切りのない庭園の濃い霧と鴨居に描かれた仏経画と思われる装飾が雰囲気を出しています。
 
2017_03160432
 
 

左手に並ぶ料理
 
2017_03160433

 
私のプレートに盛られた朝食メニューは軽めです。
 
2017_03160434

 
同行者の選択はと見れば、さらに控えめ
 
2017_03160435
 
 

外がかなり明るくなってきました。
 
2017_03160436 
2017_03160437
 
 

最初のプレートをほぼ食べ終えたころ、オムレツ・コーナーでプロパンガスの接続に手間取っていたコックさんが調理を始めました。やはりオムレツの誘惑には逆らえませんから、いつもとほぼ同じ具材を入れてもらい、しかり食べてしまいました。
 
2017_03160439
 
 

カフェテリアを出る時、入口脇にビルマの竪琴が飾られていることに気づきました。前日にホテルのエントランスホールで見たものとは異なり、ブチャトリウム・ホテル・ロイヤル・レイク・ヤンゴンにあったものと同様、調律用ペグが付いた新しいタイプです。ちなみに、ビルマの竪琴の正式名称(現地名)は曲がった琴を意味するサウン・ガウ(saung-gauk、サウン・ガッとも表記)。
 
2017_03160441
 
 

その隣にはワーパタラ(竹製の木琴)
 
2017_03160442
 
 

その上には操り人形
 
2017_03160444
 
 

自室へ戻る途中に見かけたヒンズー風の色っぽい雰囲気がある像
 
2017_03160445

 
建物内のホールにあった木製の装飾彫刻
 
2017_03160446 
2017_03160447
 
 

荷物を確認して、午前7時少し前にフロントがあるエントランスホールへ向かいました。
 
2017_03160450
 
 

エントランスホールに置かれた藤製のテーブルとイスにはミャンマー女性が描かれた砂絵が置かれています。
 
2017_03160448 
2017_03160449
 
 

すでに到着していたガイドさんによると、その日のフライイング・バルーンはキャンセルされた(中止になった)とのこと。ミャンマー旅行を計画する時に有力候補として考えたプランの一つでしたが・・・。

 

午前7時少し前にホテルをチェックアウトして空港へ向けて出発しました。アノーヤター通りに入り、緩やかな下り坂になったところで、ガイドさんから托鉢(たくはつ)に出かける僧の列が道路の反対側にあると教えられました。そして、撮影するため道路脇に車を停めてくれました。
 
2017_03160451
 
 

僧侶は托鉢する時も素足であり、
 
2017_03160452
 
 

思ったよりも大人数です。
 
2017_03160453
 
 

早朝で道路が空いていたため、15分ほどでバガン・ニャンウー空港に到着。ガイドさんによると、ヤンゴンからの便が霧で遅れているため、マンダレー行きの出発も遅れることになるそうです。
 
2017_03160454

 
2時間近くが経過した午前9時過ぎにヤンゴンからの便が到着。アナウンスによりターミナルビルの待合室から搭乗待合室へ移動し、そこで出発を待つことになりました。(続く)

« 40年ぶりのミャンマー訪問(その17) 「ナンダ・レストラン」で中華料理と人形劇を楽しむ | トップページ | 40年ぶりのミャンマー訪問(その19) バガン・ニャンウー空港からマンダレーへ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/65132045

この記事へのトラックバック一覧です: 40年ぶりのミャンマー訪問(その18) ホテルからバガン・ニャンウー空港へ:

« 40年ぶりのミャンマー訪問(その17) 「ナンダ・レストラン」で中華料理と人形劇を楽しむ | トップページ | 40年ぶりのミャンマー訪問(その19) バガン・ニャンウー空港からマンダレーへ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ