« グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その18) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」② | トップページ | グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その20) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」④ »

2017年7月 2日 (日)

グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その19) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」③

八海山雪室の脇を通り、「魚沼の里」を見渡せる展望台へ向かいます。
 
2017_05310367
 
 

砂利道は山麓の傾斜にしたがい上り勾配(こうばい)になっています。
 
2017_05310375
 
 

歩いて2-3分で小高い場所にある「展望台」に到着しました。
 
2017_05310369
 
 

菜の花畑の先に「魚沼の里」の施設が点在し、水が張られて田植えが終わったばかりの水田があり、遠くの山にはスキー場が見えます。「五日町スキー場」のようです。
 
2017_05310368
 
 

右手には先ほど立ち寄った「菓子処 さとや」の先にある大きな黒い建物は「第二浩和蔵」(平成16年/2004年完成、見学は予約制)、その右隣は黄色い菓子工房の「ブラン ドゥ ブラン」です。
 
2017_05310370
 

「八海山雪室」へ戻ることにしました。「雪室」の建物は「第二浩和蔵」と同様、下部が打ちっぱなしのコンクリートで階上部は黒い壁と屋根で覆われていますが、右半分には明り取りの窓が設けられていることが分かります。
 
2017_05310374
 
 

同行者は入館した時から気になっていたようで、「ユキナカキッチン」の上階(2階)にある”okatte”(オカッテ)へ向かいました。
 
2017_05310380
 
 

ガラス製品や陶器類などさまざまなキッチン雑貨が展示されています。父の日が近いことで、「感謝」という販促の言葉が見に入りました。また、。天井付近には明り取りの窓が確認できます。
 
2017_05310381 
2017_05310384
 

ガラス製品のコーナー
 
2017_05310382
 
 

金属製の容器もありました。同行者が手に取っているのは同じ新潟県燕(つばめ)市にある玉川堂(ぎょくせんどう)の銅製品・大鎚目(おおつちめ)のようです。
 
2017_05310383 
 
同行者は気に入ったものがあるようです。私は1階に下りて、「ユキナカキッチン」の奥にある
「千年こうじや」へ入りました。冷房が良く利(き)いた部屋の手前左には「こしひかり」が、奥の部屋には「熟成菓子」が並べられています。
 
2017_05310387
 
 

こちらは清酒「八海山」、焼酎「よろしく千萬あるべし」、「うめ酒」など
 
2017_05310388
 
 

「八海山の塩麹漬け・酒粕味噌漬けシリーズ」のコーナー
 
2017_05310389
 
 

一番奥にある「焼酎貯蔵庫」も覗(のぞ)いてみました。
 
2017_05310390 
2017_05310391
 
 

(続く)

« グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その18) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」② | トップページ | グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その20) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」④ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/65460177

この記事へのトラックバック一覧です: グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その19) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」③:

« グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その18) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」② | トップページ | グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その20) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」④ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ