« グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その17) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」① | トップページ | グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その19) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」③ »

2017年7月 1日 (土)

グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その18) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」②

アクセス道路の右側に溜池(ためいけ)がありました。「魚沼の里」の施設を説明するページに描かれていますから、「魚沼の里」を建設する時に造られたものかもしれません。
 
2017_05310352
 
 

右手には大きな第一駐車場(無料)があり、すでに10台ほどが駐車していました。こちらがメインとなる駐車場のようですが、敷地の南端近くにありますから、我われが車を停めた「つつみ屋」前の駐車場の方が便利かもしれません。「八海山雪室」は左手にあると表示されています。
 
2017_05310353
 
 

前方(敷地の南端)にある施設は「深沢原焼酎蔵」(見学不可)です。
 
2017_05310386
 
 

同行者は木立に中へ入って行きます。
 
2017_05310354
 
 

「魚沼の里」の施設配置図
 
2017_05310355
 
 

同行者は立ち止まって熱心に通路の脇を見ています。どうしたのかと尋ねると、密集するクローバの中から四葉を見つけたかったとのこと。右前方に大きな建物が見えます。
 
2017_05310356
 
 

これが「八海山雪室」です。2013年3月に雪入れが行われ、そして同年7月にはグランドオープンしたそうです。
 
2017_05310357
 
 

かなりの大規模な施設であり、少し離れた位置へ移動して撮影しました。
 
2017_05310358
 
 

入口の近くに「八海山雪室見学体験ツアー」ある案内看板
 
2017_05310360
 
 

自動ドアを入ると八海山の菰樽(こもだる)が出迎えてくれました。
 
2017_05310366
 
 

レイアウト図によれば、左手に「ユキナカキッチン」と「千年こうじや」があり、右手は「醸造所」と「雪中貯蔵庫」、そして一番奥には「焼酎貯蔵庫」が配置され、2階には”okatte(オカッテ)があるようです。
 
2017_05310378
 
 

1階の広いスペース「ユキナカキッチン」には、カウンターとテーブル、右手には「千年こうじや」の商品と地元の食材を使った調理のデモンストレーション用シンク(流し台)と調理台があり、壁面の棚には様々な商品が展示してありました。
 
2017_05310379 
2017_05310385
 
 

カウンターで「雪室見学体験ツアー」(午前11時スタート)を申し込みました。

 

棚に並べられた商品(ピクルス・豆類・ジャム)とともに”De’Longhi”(デロンギ)のトースターとエスプレッソ・カプチーノメーカーも販売されています。
 
2017_05310361 
2017_05310362 
2017_05310363 
2017_05310364 
2017_05310365
 
(続く)

« グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その17) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」① | トップページ | グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その19) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」③ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/65456248

この記事へのトラックバック一覧です: グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その18) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」②:

« グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その17) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」① | トップページ | グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その19) 新潟県南魚沼市「魚沼の里」③ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ