« 湖南三山・国宝巡り(番外) 近江牛料理の「徳志満」 | トップページ | 帰路の大渋滞 »

2017年8月21日 (月)

湖南三山・国宝巡り(その3) 岩根山善水寺の本堂と厨子

県道22号で菩提寺西交差点まで戻り、さらに県道27号で甲西大橋北詰交差点を左折して岩根山(十二坊、標高405.5m)の山道に入り、温泉施設「ゆらら」を過ぎ、S字カーブを道なりに老人ホーム「ヴィラ十二坊」方面へ走りました。
 
201708080227
 
老人ホームを過ぎると、国宝「善水寺」の案内標識には右手400mと表示されていました。よく整備された山道はこの先で狭くなるようです。
 
201708080228
 
 

50台の車が停められる広い駐車場に到着しました。正面に「善水寺」の入口があるようです。
 
201708080229
 
 

「善水寺」の案内図には失われた僧坊跡(推定)も表示されています。
 
201708080246
 
 

洗面所の前を通過したところに入山受付を見つけました。その先には「本堂」のような建物が確認できます。
 
201708080230
 
 

「善水寺」は奈良時代和銅年間(708-715年)に元明天皇の勅命により鎮護国家の道場として草創され、和銅寺と号したそうです。桓武天皇が病気になられた時、最澄上人が本尊の薬師仏の前に池水を供えて7日間病気平癒の祈祷を行い、その霊水を天皇に献上したところ、病がたちまち平癒したことで、天皇より「善水寺」の寺号を賜ったとのこと。

 

入山受付の先、左手には寛文三年(1663年)に建立された「鐘楼」
 
201708080231
 
 

右手にあるのは「元三大師堂(がんざんだいしどう)」は江戸時代、正徳三年(1713)再建で、 本尊元三慈恵大師良源大僧正の等身大尊像を奉安しているそうです。
 
201708080232
 
 

「百伝池」は「岩根の池」とも呼ばれ、前述した寺号の「善水寺」に縁がある池です。
 
201708080233
 
 

国宝の「本堂」は南北朝時代の貞治五年(1366年)に再建された木造平屋建・入母屋造桧皮葺(ひわだぶき)・桁行(けたゆき)七間・梁行(はりゆき)五間の天台密教仏殿です。正面に向拝を持たないため、屋根の曲線を見ることができます。
 
201708080245 
201708080236 
201708080237
 
国法建造物「善水寺本堂」の説明看板には寺号についてパンフレットとは少し異なる内容が書かれていますので引用します。『善水寺(天台宗)は、和銅年中(710年ころ)の開基で、和銅寺2と号した。その後、延暦9年(790年)に伝教大師が中興して善水寺と改めたという。しかし、延文5年(1360年)3月に火災にあい、記録などが消失した。貞治3年(1364年)5月に延海が再建し、天和2年(1682年)に東叡山輪王寺より医王院の号が下がり、岩根山医王院善水寺と号した。』
 

201708080234
   
さらに詳しい説明もあります。
 
201708080235
   
 

その前には蓮の花が咲いています。
 
201708080238
 
 

本堂の入口は左奥にありました。
 
201708080239
 
 

横から見た本堂の屋根
 
201708080240
 
 

履物を脱いで本堂の回廊を進みます。
 
201708080241
 
 

本堂の横にある庭
 
201708080242
 
 

本堂の前面に出ました。蔀戸(しとみど)は上下2枚に分かれ、上半分だけが内開きできる、半蔀(はじとみ)です。ちなみに、蔀戸は板の両面に講師を組んだ戸のこと。
 
201708080243
 
 

この寺でも本堂内の写真撮影はできません。
 
201708080244
 
 

本堂内は前二間通りが礼堂(外陣)、中二間通りが正堂(内陣)、後一間が後戸、後戸には五間幅の張り出しが付いています。内陣仏壇上には厨子(国宝)内の本尊薬師如来(重要文化財)をはじめ、三十余躯(く)の仏像が安置されていました。拝観コースは後一間まで続いていました。安置されている本尊をはじめとする仏像は善水寺のhp(本尊ならびに諸尊)に写真と説明が掲載されていますので、そちらを参照してください。

 

一通り拝観させていただいた後は、境内を散策するつもりでしたが、外気温が上昇し、日差しも強くなりましたので、駐車場に停めた車に戻ることにしました。

 

本記事で紹介したもの以外に、行者堂・地蔵堂・観音堂・閼伽井(あかい)・不動岩などの見どころがあり、善水寺のhp(境内案内)で紹介されていますので、関心がある方は参照すると良いでしょう。(終)

« 湖南三山・国宝巡り(番外) 近江牛料理の「徳志満」 | トップページ | 帰路の大渋滞 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/65687044

この記事へのトラックバック一覧です: 湖南三山・国宝巡り(その3) 岩根山善水寺の本堂と厨子:

« 湖南三山・国宝巡り(番外) 近江牛料理の「徳志満」 | トップページ | 帰路の大渋滞 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ