« 中欧3か国を巡る旅(その44) ドナウ川のボートクルーズ | トップページ | 中欧3か国を巡る旅(その46) ブダペストのリスト・フェレンツ国際空港へ »

2018年6月13日 (水)

中欧3か国を巡る旅(その45) ブダペストで宿泊したホテル

午後9時ころ、宿泊する「レオナルド ホテル ブダペスト」(LEONARDO BUDAPEST)に到着。ペスト地区(旧市街)の南端に近い場所にありました。
 
201804110978
   

ハンガリーでも喫煙は屋外だけに規制されているようです。2人の男性の後方に”so many salads, so little time”と書かれた看板があることに気づきました。このホテルのレストランのキャッチコピーのようですが、英語らしい常套句であり、セールス用キャッチコピーでよく見かけます。
 
201804110979
   

翌朝は午前5時過ぎに起床。午前6時ころに自室から見た公園
 
201804110980
   

空には雲がかかっています。
 
201804110981
   

午前6時半過ぎに近くの建物の屋根から太陽が覗き始めました。
 
201804110982
   

午前7時になりましたのでカフェテリアへ向かいました。
 
201804110984
   

ホテル名に合わせてレオナルド・ダビンチの「ウィトルウィウス的人体図」が廊下のカーペットに描かれています。
 
201804110995
   

廊下に飾られた装飾品
 
201804110983
   

カフェテリアに到着しました。右手にはすでに多くの宿泊客が朝食を摂っています。カフェテリアを通り抜けた先にはバーがありました。
 
201804110985
   

これは同行者の選択ですが、私が選んでいるうちに食べ始めていました。
 
201804110986
   

私の選択はこの日もあれこれ欲張りです。
 
201804110987
   

この日は午前9時20分にブタペスト空港(リスト・フェレンツ国際空港)へ向かうことになっていますから、それまでの時間を利用してホテルの周辺を30分ほど散策することにしました。
 
201804110989 
201804110988 
201804110990
   

路上駐車は当たり前のようです。
 
201804110991
   

単調な街路を四角いルートで歩いたため、15分ほどでホテルの横に戻ってしまいました。
 
201804110992
 
早朝、ホテルの自室から眺めた公園に入ってみました。
 
201804110993 
201804110994
   

歩いたエリアは道路と建物しかなくて殺風景だと思いましたが、航空写真で確認すると、それぞれの建物にはほぼ例外なく中庭が設(しつら)えられていました。人口密度が高い都市の住宅地には優れた都市計画です。注、京都の町屋の構造に近い つまり、開放された公園はブダペストの旧市街では珍しいのです。
 

しばらく公園で過ごした後、ホテルへ戻りました。朝になって見ると自室は簡素なものですが、一泊するだけですから、これで十分です。いつものことですが、夜のうちにパッキングをほぼ済ませていますから、最終確認をした後は出発時間が来るまで自室で寛(くつろ)ぎました。
 
201804110996
   
(続く)

« 中欧3か国を巡る旅(その44) ドナウ川のボートクルーズ | トップページ | 中欧3か国を巡る旅(その46) ブダペストのリスト・フェレンツ国際空港へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/66811032

この記事へのトラックバック一覧です: 中欧3か国を巡る旅(その45) ブダペストで宿泊したホテル:

« 中欧3か国を巡る旅(その44) ドナウ川のボートクルーズ | トップページ | 中欧3か国を巡る旅(その46) ブダペストのリスト・フェレンツ国際空港へ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ