« 中欧旅行(ダイジェスト版) オーストリアのザルツブルク | トップページ | 中欧旅行(ダイジェスト版) オーストリアのウィーン »

2018年7月31日 (火)

中欧旅行(ダイジェスト版) オーストリア・ウィーンのシェーンブルン宮殿

シェーンブルン宮殿(Schloss Schönbrunn)は18世紀にマリア・テレジアが完成させたハプスブルク家の栄華と隆盛の象徴するウィーン風ロココ様式の離宮で、建てられた場所はウィーンの旧市街の南西方向、約5kmの距離にあった狩猟用別荘の跡地である。

 

正門前から見たシェーンブルン宮殿。18世紀にハプスブルグ家のマリア・テレジアが完成させたウィーン風ロココ様式のこの宮殿には1441室もの部屋があり、1996年に世界遺産に登録されています。ちなみにシェーンブルンは「美しい泉」を意味する。
 
201804110639
 
シェーンブルン宮殿(本館)の前景
 
201804110662
 
左手にある参観者用の入口
 
201804110641
 
宮殿(本館)の2階から見る宮殿前広場には観光用馬車乗り場がある。注、本館内は撮影禁止
 
201804110646
 
同じく宮殿のバルコニー
 
201804110645
 
本館右手にある出口から庭園へ向かう途中にある緑のトンネル
 
201804110648
 
 宮殿(本館)を挟んで宮殿前広場の反対側にある広大な庭園
 
201804110653
 
 庭園の奥、丘の上にある「グロリエッテ」とギリシャ神話の海神・ネプチューンと女神テティスらを描いた噴水「ネプチューンの泉」(手前)
 
201804110656
   

庭園は横方向にも続いている。


201804110657
 
宮殿(本館)の屋上に飾られた双頭の鷲はハプスブルグ家の象徴
 
201804110655
   

同じく、神聖ローマ帝国の象徴であった単頭の鷲

 
201804110659
 
宮殿前広場の噴水
 
201804110660
 
フランス(ブルボン家)のベルサイユ宮殿を意識して建てられたシェーンブルン宮殿はその規模において見事である。しかし、ベルサイユ宮殿のように黄金を多用するのではなく、外壁を黄金に近い黄色(マリア・テレジアン・イエロー)に塗装するなどの演出によって豪華さが表現されている。フランスとの国力の差を反映したものであるが、中欧の国であるオーストリア(ハプスブルク家)らしさを感じさせる。時間に余裕がある場合は、広い庭園を巡る観光用馬車あるいは「グロリエッテ」まで上がるシェーンブルナー・パノラマバーン(汽車型のミニトレイン)に乗ると、その規模の大きさを十分実感できるであろう。(続く)

« 中欧旅行(ダイジェスト版) オーストリアのザルツブルク | トップページ | 中欧旅行(ダイジェスト版) オーストリアのウィーン »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/66946501

この記事へのトラックバック一覧です: 中欧旅行(ダイジェスト版) オーストリア・ウィーンのシェーンブルン宮殿:

« 中欧旅行(ダイジェスト版) オーストリアのザルツブルク | トップページ | 中欧旅行(ダイジェスト版) オーストリアのウィーン »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ