« 中欧旅行(ダイジェスト版) チェコのチェスキー・クルムロフ | トップページ | 中欧旅行(ダイジェスト版) オーストリア・ウィーンのシェーンブルン宮殿 »

2018年7月26日 (木)

中欧旅行(ダイジェスト版) オーストリアのザルツブルク

ザルツブルクはオーストリアの西端、ザルツブルク州の州都で、人口は約15万人、標高は424m。古くはローマ帝国の属州であったが、中世に入るとゲルマン人が南ドイツに建国したバイエルン王国の支配下となり、696年に王国が大司教にザルツブルクを領土として寄進したことでドイツ諸州のひとつとして栄えた都市である。そして、19世紀以降はフランス革命の余波(ウィーン会議)によりオーストリアに併合された。ちなみに、ザルツブルグは、モーツアルトの生誕地(1756年)、モーツアルトを記念したザルツブルグ音楽祭(1920年~)、映画「サウンド・オブ・ミュージック」(1965年)のロケ地として知られる。

 

旧市街の東端にあるノンベルク修道院は映画「サウンド・オブ・ミュージック」で主人公のマリアが見習い修道女をしていた場所
 
201804110442

 
旧市街の中心部近くには8世紀(774年)創設され17世紀にバロック様式で建て直された大聖堂、モーツアルトが洗礼を受けた教会でモーツアルトが演奏したパイプオルガンがある、映画「サウンド・オブ・ミュージック」ではマリアが家庭教師を求めるトラップ大佐の邸宅へ向かう時に♪I have confidence in me♪(自分を信じている!)を歌い始めた場所。
 
201804110451 
201804110447
   

バロック様式のコレギエン教会(注、ザルツブルク大学の付属教会)には見事な時計塔がある。
 
201804110463
   

内部は白い壁が印象的。正面に主祭壇があり、その上はステンドグラスではなく透明なガラスを嵌めた明り取り用の窓が縦に2つ並んでいます。左右の壁には肖像画が架けられていた。
 
201804110512
   

ゲトライデ通りの中ほどにあるモーツアルトの生家(4階)
 
  201804110465
   

ザルツァハ川に架かるマカルト小橋を渡ったところにある大きな建物の前に指揮棒を持ったヘルベルト・フォン・カラヤンの銅像を発見。台座と門扉には”Herbert von Karajan 1908-1989”と表記されている。
 
201804110477
   

ザルツァハ川の対岸、新市街にあるミラベル宮殿は映画「サウンド・オブ・ミュージック」の主要ロケ地(ドレミの歌を歌いながらペガサスの泉・噴水・バラのトンネル・階段を上がるシーン)として知られる 注、現在は市役所の機能(コンサート会場など)が入っている
 
201804110486 
201804110487
 

「ペガサスの泉」と「奥の石段」も映画「サウンド・オブ・ミュージック」のロケ地となっている。
 
201804110497
 

庭の先にある階段の上から見た「ミラベル宮殿と庭園」
 
201804110502
 

ここで折り返して入口方面へ戻ると、左前方に「モーツァルテウム」が見え、
 
201804110503
 

噴水越しに「旧市街」と「ホーエンザルツブルグ城」を望むことができた。ちなみに、この噴水はウィーンのシェーンブルン宮殿で有名な建築家フィッシャー・フォン・エアラッハが手掛けたもので、「ミラベル宮殿」が建てられた1605年当時のままであるとのこと。
 
201804110504
   

ザルツァハ川越しに見た旧市街の町並み。ちなみに、左手前の青い屋根は大聖堂、その手前の時計台はザルツァハ川に面した市庁舎の塔、右手前の青い尖塔はフランシスコ会教会、その右隣は白の教会(ザルツブルグ大学の教会)。旧市街の先にはメンヒスベルクの丘(標高差100m強)の上に聳えるホーエンザルツブルグ城砦がザルツブルクを象徴している。
 
201804110510
   

ザルツァッハ川には小型の観光船が係留されている。ちなみに、旧市街を抜けた先まで行くルートを約40分で往復するとのこと。
 
201804110511
   

ザルツァハ川と並行するゲトライデ通りはザルツブルグの繁華街(商店街)では各店の看板が凝っていて面白い。
 
201804110524
   

ゲトライデ通りの西端で南へ折れると、岩山を削って建てられたという「祝祭劇場」がある。ザルツブルク音楽祭のメイン会場であり、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のクライマックス・シーン(エーデルワイスソーロング・フェアウェルの歌)に使われた場所。その右隣は馬の洗い場跡(馬が描かれている)。
 
201804110523 
201804110522
   

ザルツブルクは、天才作曲家モーツアルトの生地であるとともに、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のロケ地であり、一度は訪れたいと思っていた街。旧市街と新市街を散策した日(約3時間)は生憎の雨天であったが、ザルツブルクの魅力を損なうことはなかった。時間に余裕があれば、丸一日を掛けて旧市街と新市街を散策するとより充実したものになり、もし郊外にも足を延ばす場合は2-3日が必要であろう。(続く)

« 中欧旅行(ダイジェスト版) チェコのチェスキー・クルムロフ | トップページ | 中欧旅行(ダイジェスト版) オーストリア・ウィーンのシェーンブルン宮殿 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/66935848

この記事へのトラックバック一覧です: 中欧旅行(ダイジェスト版) オーストリアのザルツブルク:

« 中欧旅行(ダイジェスト版) チェコのチェスキー・クルムロフ | トップページ | 中欧旅行(ダイジェスト版) オーストリア・ウィーンのシェーンブルン宮殿 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ