« 中欧旅行(ダイジェスト版・最終回) グルメ編 | トップページ | ピアノの練習成果と近い将来の目標 »

2018年8月20日 (月)

~たかが咳、されど・・~ 「咳止め薬の怖さ」

風邪を引いた時に咳をすることは良くあることです。咳は異物が喉および気道を通して肺に入ることを防ぐために人の体が供えた自己防衛反応で必要なものですが、意思とは無関係に発生するため困った体の反応です。咳が長引けば周りに不快感を与えるだけではなく、苦しくて睡眠を妨げて自分の体力を無くすこともあります。極端な場合は肋骨を骨折することもあるそうです。ちなみに、風邪は鼻や喉などの「上気道」という部分がウィルスや細菌に感染することで起こりますが、体の中でウィルスや細菌の増殖を防ぐための防御反応として咳やくしゃみ、熱や鼻水などの症状が現れます。また、風邪でなくても気温の変化に気道や肺が敏感に反応して咳がでることもあります。

 

風邪の場合はまず治療することが大事ですが、咳の症状が軽い場合は嗽(うがい)をしたり、水を飲んだり、マスクをかけたりすることで楽になることがあります。しかし、朝晩に激しい咳が続く場合は自律神経が影響している場合が多いと考えられます。人には体や脳を興奮させる交感神経と休息したりリラックスしたりするときに働く副交感神経という二種類の神経が存在します。昼間は活動するために交感神経が活発になり、夜眠るときには体を休めるために副交感神経が働いて気管や気道が狭くなります。このため、空気の乾燥などの刺激に過敏になるため、咳がひどくなりやすいのです。朝方は就寝中に溜まった痰(たん)を排出しようと咳が出ますし、アレルギー性鼻炎や逆流性食道炎がある人も同様に咳が続くことがあるそうです。

 

乾燥などへの対策をしても症状が改善されず、朝晩に咳が長期間続くときには速やかに医療機関を受診しましょう。咳の原因を見極めて適切な治療を受ける必要があります。咳がひどい場合には対症療法として咳止めを処方されることが多いのですが、上記したように咳は自己防衛本能に基づいた反応ですから、咳が止まればそれで良いわけではありません。例え、咳が止まったとしても重篤な副作用が出る場合があります。私のケースは正にそれでした。今春、中欧旅行から戻った後、風邪の症状(発熱)がないのに朝晩に激しい咳と鼻水が続いたため、緊急対応として近くの内科医院でアレルギー性鼻炎の症状を起こりにくくする薬と咳止めの飲み薬を処方してもらいました。

 

指示された通り5日間に亘って薬を飲み続けた直後に副作用と思われる症状が出ました。先ず、排尿が困難になりました。それに続いて皮膚に発疹が出ることと、下痢の症状が始まりました。そこで、一番つらい排尿困難について泌尿器の専門医の診察を受けました。薬の副作用による可能性も考えられるとのことですが、排尿困難の原因として一般的な前立腺の検査を受けることになりました。その結果は軽度の前立腺肥大症(尿道の柔軟性が低下)との判定。これまで自覚症状はほとんどありませんでしたが、前立腺肥大によって生じる排尿困難を軽減する薬を処方してもらいました。前立腺の平滑筋をリラックス弛緩)させる働きがあるそうです。

 

この薬を飲み始めると、2日目には症状の改善が見られ、一週間後にはほぼ正常に戻ってくれました。ただし、処方された薬は上記のように対症療法ですから、長期間飲み続ける必要があるようです。ちなみに、前立腺肥大の根本的な治療法は薬物による方法と手術による方法があります。前者は男性ホルモンが前立腺に作用するのを抑えて肥大した前立腺を小さくするものであり、後者はレーザーやマイクロ波などによって尿道を広げる手法です。(注、前立腺癌の場合は前立腺の一部または全部を切除する必要がある) また、エコー検査と尿検査の結果、膀胱と腎臓の機能も正常であることが分かりました。これらを総合的に判断すると、軽度の前立腺肥大症と薬の副作用とがあいまって排尿困難な症状を発症したようです。

 

下痢と皮膚の発疹については日を追うごとに軽くなりました。しかし、咳と鼻水は相変わらずですから、近くの内科医からのアドバイスにしたがって、掛かりつけの病院(内科)の担当医師に相談することにしました。咳の原因を調べるため、問診に続いてアレルギーの有無を調べる血液検査と胸部のCTスキャン撮影をしてもらいました。アレルギー検査(一般的な6項目)の結果はすべて陰性。CTスキャンでは気管支炎の跡が確認されました。それらを総合判断して、咳の原因は副鼻腔炎による鼻水が喉に流れ出ることであると考えられるとの診断が下され、その症状を軽減および原因を取り除くための薬を処方されました。担当医師の考えは、咳止め薬を飲むのは継続する咳によって体に深刻なダメージを与える恐れがある場合に留めることが望ましいとのこと。幸いなことに、2週間後には咳の発生はかなり少なくなり、現在は3種類の飲み薬の1種類を変えて、さらに飲み続けています。

 

最後に今回学んだ教訓です。1時間前後にもおよぶ激しい咳と排尿困難が重なると睡眠もままならなくなり、まさに地獄に落とされたような苦しい日々が続きました。そして、お釈迦様に「蜘蛛の糸」を願いました。しかし、どんな苦しい症状であっても、神経に働きかける咳止め薬は重篤な副作用をもたらし、さらなる地獄の深みへ落ちることを痛感させられました。ちなみに、この副作用は咳止め用の市販薬でも起こることがあるようです。これほど重篤な薬の副作用は初めての経験でしたが、専門医の的確な診断と薬の処方により、副作用を抑えながら、症状が回復へ向かっていることに今は感謝しています。

« 中欧旅行(ダイジェスト版・最終回) グルメ編 | トップページ | ピアノの練習成果と近い将来の目標 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/67073956

この記事へのトラックバック一覧です: ~たかが咳、されど・・~ 「咳止め薬の怖さ」:

« 中欧旅行(ダイジェスト版・最終回) グルメ編 | トップページ | ピアノの練習成果と近い将来の目標 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ