« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

東濃の山城「岩村城址と苗木城址」を訪ねるドライブ旅(その5) 岩村城址①

いわむら観光協会のhpによれば、『文治元年(1185)に源頼朝の重臣「加藤景廉(かとうかげかど)」がこの地の地頭に補せられ創築されてから、鎌倉・室町の300年間、戦国の100年間、更に江戸期の300年間に亙り城と城主が連綿と続き、明治に至り廃城令で廃城されるまで、連綿と存続しました。 700年間に及ぶ城の歴史は、日本の城史にも例を見ないものなのです。)とあります。注、この説明には明示されていないが、景廉の長男、遠山景朝(かげとも)が1221年(承久3年)以降に築城したとされる。また、岩村遠山家から分家した幕府旗本の明智遠山家の分家の子孫には江戸町奉行の遠山景元(金四郎)がいる

 

ちなみに、「岩村城」は、戦国時代に信長の叔母にあたる「お艶(つや)の方」あるいは「お直の方」が信長の命により武田氏との前線基地を確保する政略結婚により3度目の嫁ぎ先となりましたが、夫・遠山景任(かげむね)が武田軍との戦中に病死したため「女城主」になしました。3年後の天正元年(1573年)年に再び武田軍に攻められて「岩村城」に4か月間籠城したものの、長島の一向一揆などで多忙を極めた信長からの援軍がなく、自らの養子となっていた信長の五男(名目上の城主)を守るために「岩村城」を攻めた武田氏の重臣・秋山虎繁(別名信友)と結婚して武田側についたことで信長の怒りを買うことになった。そして、3年後の天正3年(1576年)、長篠の戦武田勝頼に勝利した信長軍が一気に「岩村城」を攻めたことで、数か月籠城したもののついに落城。「お艶の方」は夫の虎重とともに処刑されました。戦国の世にあって、数奇な運命に弄(もてあそ)ばれた悲運の女性です。

 

ちなみに、「お艶の方」については、私が好きなNHKの番組「歴史ヒストリア」で「戦場の花嫁 愛に生きた女城主」のサブタイトルで201793日に放送されています。
 

現在は管理棟と駐車場となっている出丸の説明です。『本丸の南西の防衛を担う重要な曲輪で、2棟の二重櫓、3棟の多門櫓で厳重に固められていた。二重櫓の一つは時を告げる太鼓が置かれた太鼓櫓である。また、多門櫓の一つは大工小屋としてつかわれるなど、平時には城の維持管理を担う曲輪でもあった。』
 
201809190094
 

その隣には「岩村城跡 案内図」のパネルには城域全体の地図と主要な建物跡・坂などが図解されています。これにしたがって城域内を散策することにします。
 
201809190095
   

「出丸址」から「本丸址」の高石垣に沿って「二ノ丸跡」へ向かう遊歩道を進むと、
 
201809190097
   

その先には急勾配の石段が続いています。
 
201809190098
   

「二の丸址」と思われるエリアの「本丸址」寄りにある細い道を抜けると、右手に「埋門(うずめもん)」呼ばれる構造の「本丸裏門」がありました。
 
201809190099
 
ちなみに、「本丸址」の北側(「埋門」を挟んで反対側)に位置する「二の丸址」は、「本丸址」とほぼ同規模でしたが、高石垣は積まれておらず、しかも土に埋もれているようで、その存在は目立ちません。
 
2018091900952
   

『(埋門は)両側と奥の石垣の上にすっぽりとかぶさるような櫓が載せられ、石垣の間のクランクした通路には三つの扉が設けられている。門の右側には納戸櫓(二重櫓)が構えられていた。また左側の石垣は江戸初期の築城当初のものであると考えられる。』
 
201809190100
   

「岩村城 再現CGビューア」はQRコードを読み取ると、岩村城を復元したCG画像を見ることができる案内方法です。ちなみに、写真に写るQRコードをお手持ちのスマホで読みこんでも説明を表示することができますから、興味がある方は試してみてください。
 
201809190101
   

iPhone SEQRコードを読み取ると、このような画面が現れました。その説明文は、『簡素な冠木門(かぶきもん)で、「棚門」(たなもん)「木戸と呼ばれています。本丸は上下2段の曲輪からなっており、下段から上段に入る門は三カ所ありましたが、防衛は重要視されておらず、本丸御殿の格式を整えることを重視していたようです。』となっています。
 
201809190102
   

クランクした通路
 
201809190103
   

標高717mの山頂にある本丸の広いスペースには「岩村城 歴史方位盤」がありました。見て分かる通り、織田信長や徳川家康などの居城があった方位を示しています。
 
201809190104
   

本丸の説明パネルには、『本丸は納戸櫓(なんどやぐら)など二重櫓2棟、多門櫓2棟が石垣上に構えられていた。東と北には一段低い位置に長局(ながつぼね)と呼ばれる細長い曲輪(くるわ)が付属する。正門は東曲輪側の東口門である。内部には施設はなく、広場となっていた。』とあります。つまり、山城であるため天守は必要ないのです。
 
201809190105
   

一段高いところにある本丸櫓址に立つ岐阜県史跡「岩村城跡」の標柱 注、二重の本丸櫓には藩主邸ができるまで藩主が居住していた
 
201809190106
   

「昇龍の井戸」は山の頂にありながら、枯れることはなかったとのこと。
 
201809190107 
201809190108
   

「岩村城歴代将士慰霊碑」
 
201809190109
   

岐阜県指定史跡「岩村城址」の説明看板には、『岩村城は別名を霧ヶ城といい、天然の峻嶮な地形を活用した要害堅固な山城で、海抜717メートルに位置し、全国の山城の中で最も高地にあり、日本三大(山)城の一つである。岩村城の創築は鎌倉幕府初代将軍、源頼朝の重臣加藤景康が、文治元年(1185年)に遠山荘地頭に補せられたのに始まる。景康の長男景朝が岩村に移り、加藤の姓を地名の遠山に改め、以後遠山氏が代々居城した。戦国動乱の時代に入り、武田信玄の臣秋山信友が天正元年(1573年)に岩村城を奪取して入場したが、同3年に織田軍に敗れ、以後城主は川尻鎮吉と森蘭丸、森長一、森忠政の森三代、田丸具忠と28年間に目まぐるしく交代した。塀丁5年(1600年)関ヶ原合戦後、西軍に属した田丸氏に変わって松平家乗(大給松平家)が城主となった。(中略)建物は明治維新により廃城され、後明治6年(1873年)に取り壊された。』とあります。
 
201809190110
   

本丸の正門(表門)である「東口門」(ひがしぐちもん)
 
201809190111
   

2番目の「岩村城 再現CGビューア」
 
201809190112
   

その説明は、『本丸は上下2段の曲輪からなっており、下段は長局(ながつぼね)と呼ばれています。下段から上段に入る門は三か所ありましたが、防衛は重要視されておらず、本丸御殿の格式を整えることを重視していたようです。』となっています。
 
201809190113
   

(続く)

2018年9月29日 (土)

東濃の山城「岩村城址と苗木城址」を訪ねるドライブ旅(その4) 国民宿舎恵那山荘の朝食と岩村城址へのドライブ

50分後の午前7時20分ころ、「国民宿舎恵那山荘」へ戻りました。入口付近に設置された寒暖計は気温が19度であることを指しています。
 
201809190073
   

自室から見えた保古山の頂上付近をズームアップすると、「テレビ中継塔」のアンテナ群であることが確認できます。注、保古山は恵那市と中津川市の教会にある標高969mの山
 
201809190072
   

1階のレストランを覗くと、朝食の準備ができていましたので、同行者に声をかけて、少し早めですが一緒にレストランに入りました。ご飯とみそ汁はセルフサービスと表示されています。
 
201809190075 
201809190077 
201809190076
   

指定されたテーブルに準備されていた朝食は一般的な和朝食が、東濃らしく朴葉味噌が加えられています。ちなみに、ご飯をお替りしたのは久しぶりです。
 
201809190078
   

レストランを出たロビーにある売店がオープンしていることを見つけた同行者はさっそく品定めを始めました。
 
201809190079
   

その間、私は売店の右奥に貼られた恵那市観光マップでこの日に訪れる予定の「岩村城址」「岩村歴史の町並み」「阿木川ダム」などを確認。
 
201809190080
   

チェックアウトしたあと、午前8時10分ころ「国民宿舎恵那山荘」を出発して県道413号を南下しました。「岩村城址」への最短ルートと思われるからです。「国民宿舎恵那山荘」でもらった案内地図には、県道413号から国道363号へ抜け道が狭いため、県道407号方面へ戻ることを推奨していますが・・。

 

案内標識に心惹かれて脇道へそれると、「根の上高原」と刻まれた石柱がありました。「根の上湖」の畔にある「芝生広場」(標高930m)です。奥に見える建物はステージと思われます。
 
201809190082
   

県道413号に戻ってしばらく走行して右手に見える大地別荘地を抜ける脇道に入りました。簡易舗装されていますから走行に支障はありません。
 
201809190083
 

国道363号に行き当りました。「中津川方面(左手)は改良工事のため全線通行止め」 の表示がありました。
 
201809190084
   

阿木集落の棚田では稲穂が実っています。
 
201809190085
   

遠くに見える低くなった場所は阿木川湖(阿木川ダムの貯水池)かもしれません。
 
201809190086
 

岩村町に入った裏山交差点を左折して国道257号へ出ました。岩村城址の登城口か本丸址まで歩く人は、国道363号の本町交差点の300mほど手前にある信号のない交差を左折し、県立恵那特別支援学校の脇を抜けた「岩村歴史資料館」の駐車場を利用するのが一般的です。
 

しかし、足を痛めている同行者のことを考えて、国道257号の「新木の実トンネル」の手前にある案内標識にしたがって左折。幅の狭い山道を上がり、「岩村城址」の「東曲輪址」と「本丸址」の下に細長く続く「南曲輪址」を抜けた午前8時55分ころ、「出丸址」に造られた蘭丸管理棟前の駐車場に車を停めました。
 
201809190087 
201809190088 
201809190096
     

管理棟の前から2段になった本丸址の高石垣が見えます。
 
201809190089
   

管理棟の内部
 
201809190091 
201809190090
   

来場者へのアンケート調査結果が可視化されています。出発地については地元(岐阜県・愛知県)が多く、岩村城址を知ったのはインターネットと百名城スタンプとする回答が多く、訪れた回数では初めて(1回目)が圧倒的な割合を占めています。
 
201809190092 
   

その隣りには、旅好きが選ぶ「日本の城ランキング 2018」(トリップアドバイザの日本法人)で岩村城址が第10位に選ばれたことを示す順位表を誇らしく表示しています。
 
201809190093
   

プチ薀蓄です。上記リストにある「岩村城跡」は本来の漢字表記に従えばで「岩村城址」とすべきですが、「址」が当用漢字にないため、意味が似ている「跡」が使われたようです。ちなみに、当ブログでは、記事を書く時の気分次第で、「址」と「跡」を適宜使っています。(続く)

2018年9月28日 (金)

東濃の山城「岩村城址と苗木城址」を訪ねるドライブ旅(その3) 「保古の湖」の畔を散策

午前630分ころに自室を出て、県道413号の歩道を保古の湖方面へ向かいました。右手には「くの字形」に折れ曲がって北と東に伸びる「保古の湖」の東端付近が見えてきました。
 
201809190049
 

湖畔にはグラウンドゴルフ場(林間コース)も見えます。「国民宿舎恵那山荘」でもらった案内地図で確認すると、林の右奥にはひろばコースとグラウンドコース、そしてマレッとゴルフ場が広がっているようです。
 
201809190050 
201809190074
   

さらに坂道を下ると「保古の湖」のボート乗り場付近にでました。左側には人工的に造られた真っ直ぐ続く堰堤(えんてい)らしきものが確認できます。
 
201809190052
   

堰堤まで歩きました。ボート乗り場越しに見る「保古の湖」の北方向です。
 
201809190054 
201809190053
   

堰堤の下にテントが見えますから、保古の湖キャンプ場があるようです。
 
201809190055 
201809190056
   

南方向の山々は中津川市の天狗森山(1338m)と橋ヶ谷山(1421m)に続く山並みでしょう。
 
201809190057
   

堰堤を歩ききった場所で見かけた礎石には「平成2年~3年度 保古の湖修繕第1期第2期工事」と表記されていました。
 
201809190058
   

その近くに鳥居がありました。
 
201809190059
 

「保古の湖」の石碑には農地開発事業(107ヘクタール)の一環として保古の湖は、大正10年に起工、昭和8年に完成したことが説明されています。
 
201809190060
   

石段を上がった場所に祀られているのは「水神様」
 
201809190061
   

鳥居の前を通過した先に下り階段がありました。案内地図で確認すると、「保古の湖」を周遊するハイキングコースのようです。この付近が保古の湖キャンプ場の中心部と思われます。そこで、プライバシーに配慮してキャンプ場内の撮影は遠慮しました。
 
201809190062
 

ハイキングコースは右手の小高くなった場所から「保古山」(標高969m)の頂上付近にある「展望台」を経由して「保古の湖」を一周(約80分)しています。また、健脚の方には「保古の湖」の東にある「根の上湖」を周遊するコース(約40分)と組み合わせることもできるようです。
 
201809190063
   

周辺を確認すると、水位が上昇し過ぎた時に、余分な水を放流(オーバーフロー)する施設が設けられていました。
 
201809190064
   

ここで引き返すことにしました。写真は堰堤によって堰(せ)き止められて「保古の湖」が出来ていることが良く分かります。遠方には恵那山が雲間から姿を現し始めています。
 
201809190066 
201809190067
   

南方向の山々も雲がとれました。
 
201809190068
   

ボートに乗って釣りをする人がいます。
 
201809190071
   

(続く)

2018年9月27日 (木)

東濃の山城「岩村城址と苗木城址」を訪ねるドライブ旅(その2) 恵那市の食事処「自然薯 やま里」~「国民宿舎 恵那山荘」

午後4時岐阜市内を出発し、国道22号(名岐バイパス)を南下し、木曽川を渡って愛知県に入り、東海北陸自動車道の一宮木曽川ICへ向かいました。往路で利用しようとしたICです。一宮JCTで東海北陸自動車道から名神高速道路(上り)へ移り、さらに小牧JCTで中央自動車道(上り)を北東方向へ走行しました。
 
201809190028
 
多治見・土岐・瑞浪の各ICを通過し、そして午後5時半に恵那ICから県道68号へ出ました。東海北陸道一宮木曽川IC〜中央高速道路恵那IC(1時間40分、2130)。ちなみに、恵那市は平成30年度上期(4月〜9)NHK連続ドラマ「半分、青い」のロケ地とのこと。ちなみに、東濃は美濃東部の略。

 

夕食は例によって恵那のグルメを楽しむことにして、恵那駅の東方にある食事処「自然薯やま里」へ向かいました。恵那ICから県道68号を道なりに東進、恵那高校前を通過し、国道19号へ合流する直前に食事処「自然薯やま里」の看板を見つけました。午後6時少し前に到着した「自然薯やま里」は大胆なファサードが印象的。
 
201809190030
   

それとは対照的に店内は落ち着いた雰囲気があります。外装と内装は店の主張が感じられて好印象。
 
201809190032 
201809190034 
201809190033
   

先付けで出された「むかご素揚げ」と「磨り下ろした自然薯」は山間の恵那市にあるレストランらしく好印象。
 
201809190029
   

飛弾牛のメニューに興味がありますが、自然薯の店ですから、注文したのは「天ぷら麦とろ定食」(1800円)と「マグロの刺身」(1000円)、これを二人でシェアしました。ちなみに、麦飯はお替りできるそうです。
 
201809190037 
201809190035
   

「天ぷら麦とろ定食」の天ぷらはサクサクした歯触りが美味しいのですが、とろろ汁は出汁が多めのためか、粘りと味わいがやや期待外れです。また、定食に付いていた小鉢の蕎麦は平凡。そして、メニューに川魚がないため一品料理から選んだマグロの刺身は、そのまま刺身として食べるのではなく、とろろ汁とともに麦飯にかけて「やまかけ丼」にすれば良かったと思ったのは後知恵です。

 

デザートのブルー色はハワイを連想させ、味も甘すぎず、口直しに最適です。
 
201809190038
   
色々注文をつけましたが、家族連れの客がひっきりなしに入店することから、地元の人気店であることが窺(うかが)えました。
 
翌日の英気を養う燃料(アルコール飲料)をコンビニで補給し、国道19号・県道409号・県道413号を経て、午後730分ころ宿泊地である「国民宿舎恵那山荘」に到着。標高900mの「根の上高原」にある「保古(ほこ)の湖」近くに位置し、東方(15km)には恵那山(標高2190m)を望むことができるそうです。ちなみに、恵那ICから直行すれば距離13km(25分)とのこと。また、玄関前の駐車スペースは手狭ですが、少し離れた場所にある駐車スペースを含めると、100台まで収容できるそうです。
注、恵那山は、恵那市ではなく、東隣の中津川市と長野県下伊那郡阿智村との境界線上に位置する
 
39年前の昭和54年(1979年)にオープンした昔風の宿泊施設で、私たちが利用したのは定番のスタンダード和室(6畳)+洋間風スペース(1.5畳・洗面付)です。少し手狭ですが、二人分の布団を敷くには十分な広さです。
 
201809190039 
201809190040
 
スタッフの方から、『キャンプ客が午後8時ころまで利用する』 と聞きましたので、それまで小休止することにしました。同行者が入浴したあと、私も2階の奥にある浴場へ向かいました。人工ラジウム温泉です。
 
201809190045 
201809190041 
201809190042
 
「恵那山荘」の客室規模に合わせて小振りの石タイル浴槽です。
 
201809190043
 
 カランは6か所
 
201809190044
 
午前6時ころ起床。窓の外を見ると曇天です。
 
201809190046 
201809190047
 
午前7時30分から提供される朝食までの時間を利用して朝の散策に出かけることにしました。
 
201809190048
 
(続く)

2018年9月26日 (水)

東濃の山城「岩村城址と苗木城址」を訪ねるドライブ旅(その1) 静岡SAの「鮪の隠れ身丼」と和会席の「後藤家」(岐阜市)

全国の城址を巡る旅の中で訪れた山城には、日本五大山城に数えられる滋賀県長浜市の「小谷城跡」・島根県安木市の「月山富田城址」・新潟県上越市の「春日山城址」、人気がある兵庫県朝来市の「竹田城」・岡山県高梁市の「備中松山城」・鳥取県津和野町の「津和野城址」、歴史的な興味がある鳥取県鳥取市の「鳥取城址」・同じく米子市の「米子城址」・岐阜県岐阜市の「岐阜城」・愛知県小牧市の「小牧城址」・滋賀県近江八幡市の「安土城址」・宮城県大崎市の「岩出山城址」・静岡県三島市の「山中城跡」・岐阜県郡上市の「八幡城」などがあります。

 

今回は岐阜市に所用があったついでに、これまで立ち寄ることのなかった恵那市の「岩村城址」(標高721mで日本一)と中津川市の「苗木(なえき)城址」を訪れることにしました。「岩村城址」は「大和高取城」と「備中松山城」とともに「日本三大山城」に数えられ、別名「霧の城」とも呼ばれます。

9月の3連休の中日、空が白み始めた午前545分ころに自宅を出発して、御殿場JCTで東名高速道路から新東名高速道路に入りました。いつものように駿河湾沼津SAで小休止しようとしましたが、駐車場が満車状態であったため、静岡SAまで走ることに。幸いにも駐車できる場所を見つけることができました。
 
201809190001
   

高速道路を走行しながら自宅周辺のコンビニで購入したおにぎりを2個も平らげていますから、NEOPASA静岡下り線で半年前にリニューアルオープンした「しずおかマルシェキッチン」(運営:静鉄リテイリング)で人気がNo.1(注、年間販売数7000食)というプレミアム商品「鮪(まぐろ)の隠れ身丼」(580円、店のリニューアル前の値段は500円!!)を購入しました。注文を受けてからバックヤードのキッチンで作るようで、数分待たされました。ちなみに、午前7時過ぎにオープンしている食べ物店はこの店とフードコートの「欽太郎うどん」および「ドライバーズ・スポット 天神屋」(いずれも24h営業)だけのようです。
 
201809190002 
 
人が疎(まば)らなフードコートのテーブル席へ移動。備え付けられたサーバーからお茶を貰って、湯気が立つ温かい「鮪の隠れ身丼」を食べました。小さな駅弁風であり、軽い朝食には打って付け。照り焼きの甘辛いタレが柔らかい鮪の味を引き立てています。聞きなれない「隠れ身」とは鮪の頭の稀少部位であり、「鮪の隠れ身丼」は鮪の陸揚げ高が日本で有数である焼津港の水産会社とコラボした商品とのこと。
 
201809190004
   

午前750分ころ、静岡SAを出発。御殿場IC付近から不安定な天気が続いています。
 
201809190005
   

新東名高速道路の終点近くにある矢作川橋を越えるころには空はすっかり晴れ上がりました。
 
201809190006
   

豊田JCTで東名高速道路に入ります。
 
201809190008
   

午前945分ころ、名神高速道路の尾張一宮PAでトイレ休憩。一宮IC-一宮JKT間が渋滞(3km10分)と表示されているため、一宮ICから国道22号へ出ましたが、こちらも渋滞があり。目的地の岐阜市近くまでノロノロ運転が続きました。到着したのは予定より20分ほど遅い午前1040分を少し過ぎたころでした。

 

所用を済ませたあとは、1年ぶりに訪れる和会食の「後藤家」で昼食を摂(と)ることになりました。岐阜市の繁華街である「柳ケ瀬」から歩いて数分の場所にある老会席料理店です。2階の座敷席へ案内されました。
 
201809190012 
201809190014
 

今回選ばれたのはコース「長月」(全10品)で、季節感溢(あふ)れる食材を使った会席料理です。

 

【先附け】  萩和え   酢橘・花穂・枝豆・湿地・近江蒟蒻・巨峰          

【吸物】   菊花仕立て 輪柚子・名残鱧焼霜・松茸・秋茄子

【造里(つくり)】 3点盛り

        1、時の物  梅肉醤油・白ポン酢・芽物一式
 
201809190015
 
        1、白身魚  一汐湯霜
 
201809190017
 
         1 目鉢鮪  月見酒盗玉子
 
201809190016
 
【蒸し物】  秋の初風蒸し  振り柚子・零余子・紅葉人参・芋・木ノ子・三つ葉
 
201809190018
 
【旬菜】   干し柿と栗の松葉刺し  胡桃松風トリュフ・桜海老錦玉子・自家製明太子・鰈磯巻き
 
201809190019
                  

【温物】   銀杏茶巾絞り  とんぶり・銀餡・溶き山葵
 
201809190020
 
【焼物】   子持ち鮎塩焼き  松葉炭香
 
201809190021
 
【強肴(しいざかな)】  国産黒毛和牛朴葉味噌焼き  冬瓜・無花果・柳松茸・茗荷・蓮根・小口葱
 
201809190024
 
【食事】   焼鮭親子御飯  いくら・大葉・胡麻  注)はつしもこしひかり使用

【香の物】  盛り合わせ 

【留椀】   赤出汁  滑子・山椒
 
201809190026
 
【水菓子】  ラコント特製  ジェラ-ト盛り合せ
 
201809190027
   

昨年はランチ向きの「後藤家膳」でも食べ残してしまいましたが、今回はよりボリュームがあるコース「長月」(10品)を、味わいながら、ほぼ食べきることができました。久しぶりの再会で話に花が咲いたことで、3時間半ほどに及んだ会食はお開きになりました。(続く)

2018年9月23日 (日)

Halycatフィンガーマスターでピアノ演奏のスキル向上を図る

ピアノの練習をしていて小指と薬指が他の指とは異なり思い通りに動かないことが気になっていました。ネットで練習方法を検索すると、①毎日2時間練習する人は最初の30分を「ハノン」(指の訓練のための教則本)に当てる、②様々な効果がバランスよく配置されている曲を練習の最初に弾く(ウォータールーの戦い・キラキラ星変奏曲)、③指を鍛える道具で弱い指を中心にトレーニングする、などの方法が紹介されていました。

 

小指と薬指(特に小指)を安直に訓練(強化)したい私は③を選択。ネット検索すると指を強化する道具が何種類も見つかりました。そこで、アマゾンで販売している商品の中から中国製のHalycatフィンガーマスター(699円)を選んで注文すると、翌日には自宅に届きました。注、中国語の商品名: Hand Grip(指力器)

 

外観は子供向けの玩具のようで頼りないのですが、握ってみると質感があって、良く手に馴染みます。また、人差し指から小指までの4本を載せるピストンバルブのような部分(上部には滑り止めがある)は好みに従い各々独立して反発力の強さを調整できることも優れた点です。
 
2018_09150001
   

ちなみに、反発力の調整は手のひらが当たる白い部分(カバー)を外して、内部にあるツマミを回転させることでできます。時計回りは弱くする方向で、反時計回りが強する方向です。そして、この調整をしたあとにカバーを元通りに取り付けようとした時にあることに気づきました。カバーには手の平(親指の付けがふくらみ)に合わせて窪(くぼ)みを付けてあるのは良いのですが、カバー側には本体と接続する円柱の突起が等間隔に設けてあり、本体側も構造が対称的であるため、カバーはどちら向きにでも差し込めるのです。つまりカバーを被(かぶ)せる方向によっては、小指が当たるべきピストンバルブが人差し指のピストンバルブと入れ変わってしまうことが唯一の欠点と言えます。
 
2018_09150002
 

さっそく使ってみました。至って簡単な動作(運動)であることは良いのですが、そのため何回か動作を反復しただけで飽きてしまうことに気づきました。それを避けるには、何か別のことをしながら(例えばテレビを観ながら)行うのが良いと思います。折角手に入れた文明の利器ですから、ピアノの練習を始める直前はもちろん、空いた時間を見つて指の訓練を毎日続けるつもりです。

2018年9月18日 (火)

金沢まいもん寿司たまプラーザ店を再訪

同居者の買い物に付き合って(実はアッシー君として)たまプラーザへ出掛けました。某デパートの地下駐車場に入る車の列に10分ほど並んだあとは、店内では手持ち無沙汰な運転手(私)はベンチに座って小一時間を過ごすことに。

 

ちょうど昼近くになりましたから、近くにある「金沢まいもん寿司のたまプラーザ店に立ち寄ることにしました。田園都市線のたまプラーザ駅から北へ約400m、美しが丘公園の向かい側(南側)にあります。1999年に金沢市で設立された株式会社エムアンドケイが「金沢まいもん寿司金沢本店」など全国に16店舗(別ブランド店を含む)を展開しています。以前立ち寄ったことがある「たまプラーザ店」(2002年オープン)を同居者が気に入っていることを知っている私の選択です。日頃利用する「スシロー」や「くら寿司」よりも店内が洒落(しゃれ)ていて、もちろん寿司が美味しいことが理由のようです。表向きは「ピロリ菌の除菌」に成功した私の快気祝いを大義名分としました。ちなみに、「まいもん」とは「美味(うま)いもの)」という意味の能登弁のようです。

 

正午まで約20分があるというのに駐車場(27台)はほぼ満車状態。
 
2018_09130018 
2018_09130017
   

店内に入ったロビーでは、「全日本回転寿司MVP選手権」でたまプラーザ店の店員が特別賞を受賞したことを紹介しています。
 
2018_09130016
   

店内も左手にある小上(こあ)がりは満席で、大きなロの字型をしたカウンター席ならすぐ利用できるとのこと。二人連れですからカウンター席でも構いません。注、全114席
 
2018_09130013 
2018_09130014
   

先ずタッチパネルで光りもの2皿(280+税、460+)とカニ身(380+)を注文し、平日限定ランチメニューから「まいもん10貫ランチ」(1200+))選びました。
 
2018_09130001
   

何種類もの醤油が用意されています。
 
2018_09130002
   

回転する設備がありますが、これはもっぱらPR用であり、寿司皿はいずれも寿司職人から手渡されるスタイルです。まず、光り物などが手元に。
 
2018_09130006 
2018_09130010 
2018_09130005
   

配膳された「10貫ランチ」の皿にはまぐろ赤味2貫・はまち・白身・サーモン・えんがわ・蒸しえび・玉子・いか・甘えびが盛られています。
 
2018_09130003
   

上記のランチに付くお椀は「もずく汁」
   
2018_09130007
   

まだ食べられそうなので、炙り三昧(サーモン、エンガワ、はまち、380+)、本マグロ大トロ(760円)を追加。ここで二人とも満腹に。
 
2018_09130009 
2018_09130008
   

デザートはソフトクリーム抹茶(330+)とくずきり白桃(330+)とで迷った同居者は後者を選びました。
 
2018_09130012 
2018_09130015
   

混雑していたこともありましたが、注文してから手元に届くまでの時間は一般的な回転寿司店よりもかなり長めで順番は相前後しますから、それを頭に入れて注文する必要があるようです。味の方は職人さんが握ってくれるだけあって十分満足できるレベルでした。二人分の料金は4000円強とリーズナブル。サービスも行き届いていましたが、一点だけ気になったことは、「まいもん10貫ランチ」を食べ終えてかなり時間が経過してからお椀がフロア担当の女性によって一品料理のように運ばれてきたことです。細かいことですが、やはり同時あるいは間を置かないで提供して欲しいものです。

 

食べ終えた同居者は今回も満足したようで、改めてメニューを見ながら、『次回はこれを注文しようかしら!』と独り言を。私は久しぶり(数年ぶり)に心地良い満腹感を味わうことができて大満足でした。ちなみに、滞在時間は約40分。

2018年9月13日 (木)

ピロリ菌の除菌に成功、再びグルメを楽しむことに!

先の記事「胃カメラ検査とピロリ菌」に詳しく書きましたように、今年3月に受けた胃カメラ検査によってピロリ菌が原因である慢性胃炎との診断が下され、その確認のため4月に受けた血液抗体検査で陽性の判定が出たため、ピロリ菌を除菌する薬を5月中の5日間だけ服用。そして、除菌後の状態が安定する3か月が経過した今月初め、除菌に成功したことを確認する検査を受けることになりました。今回受けた検査は、先の記事で概説しましたように、「UBT尿素呼気試験」によるピロリ菌の検査です。2週間前から胃酸の分泌を抑える薬の服用を中止し、当日は朝食を摂らず、検査の1時間前まで少量の水分摂取も少量に抑えて、掛かりつけのクリニックへ出掛けました。

 

初めて受ける検査方法でしたから、担当者から以下の手順について詳しい説明を受けました。

 

1)深く息を吸って、そのまま2秒間息を止め、所定の袋がいっぱいになるまで息を吹き込む。キャップをしっかりしめる。

 

2)診断薬(尿素の錠剤ユービット錠など)を一錠、与えられた2カップ(100ml)の水とともに飲む。ベッドで左側を下にして5分間安静にした後、椅子に腰掛けたまま15分間待つ。

 

3)最初と同様に、深く息を吸って、そのまま2秒間息を止め、所定の袋がいっぱいになるまで息を吹き込む。キャップをしっかりしめる。

 

UBT尿素呼気試験」は、ピロリ菌の酵素(ウレアーゼ)が診断薬を分解して二酸化炭素発生する性質を利用する方法で、診断薬を飲む前後で二酸化炭素の量に変化(増加)があればピロリ菌が存在すると判定されます。

 

所要時間30分弱で検査は終了してそのまま帰宅。というのは、呼気の検査ができる施設であれば数分で結果が出るようですが、掛かりつけのクリニックは分析を外部に委託するようで、10日ほど待つ必要がありました。

 

成功していることを期待してクリニックを再訪すると、担当医師から検査の結果が伝えられました。『除菌は成功した』とのこと。半世紀以上も体内に保有していたピロリ菌がいなくなったのです。ちなみに、ピロリ菌の除菌は90%くらいの成功率(最近は抗生物質への耐性がある菌がいるため除菌率が低下傾向)で、失敗した場合は抗生物質の種類を変更して再度行えば、ほぼ100%成功するそうです。注、健康保険は2回目まで適用される

 

除菌してから胃や食道付近の凭(もた)れ感は減少しているように感じていましたから、慢性胃炎も治癒しつつあるようです。来年にも胃カメラによる検査を受けて慢性胃炎が治癒していることを確認してもらう予定です。

 

実は胃と食道付近い違和感を覚えて逆流性食道炎と診断された3年前から食事を美味しく楽しめなっていたのです。特に、この2年間は食が進まなくなり、体重が急速に減少したことを担当医師からも注意されていました。そこで、体重の減少を止めるだけではなく、元の体重まで戻すため、美味しい料理を頑張って食べることにしました。励みとなるように、食べ歩きの様子を紹介する記事を当ブログに順次投稿する予定です。友人たちとの飲み会ブログ「竹輪会(chukuwakai」の姉妹ブログ(個人版)としての位置付けです。興味のある方は引き続きアクセスしてください。 

2018年9月 2日 (日)

ピアノの練習成果と近い将来の目標

古希を迎えたことを契機として始めたピアノの練習はちょうど3年半を迎えました。私と相前後してピアノ教室に通い始めた二人の孫娘たちは着実にレベルアップしているようですが、頭と体に不調をかかえる私は超低空飛行を続けながら、「入門編」と「初級編」のテキスト(教本)に続いて、より本格的な楽曲を集めた「レパートリーB」を経て、やっと「レパートリーC」に入りました。注、「基礎編」と「レパートリーA」は易しすぎるためスルー(パス)

 

「レパートリーB」に掲載されている主な曲名を挙げると、「星に願いを」(ディズニー映画「ピノキオ」の主題歌、リー・ハーライン作曲)、「愛の夢」(リスト作曲)、「ロミオとジュリエット」(同名映画の主題歌、ニーノ・ロータ作曲)、「ドナウ河のさざなみ」(ヨシフ・イヴァノビッチ作曲)、「家路」(アントニン・ドボルザーク作曲)、「サバ(あるいはシバ)の女王」(ミシェル・ローラン作曲)、「モルダウ」(ベドルジハ・スメタナ作曲)、「シェルブールの雨傘」(ミシェル・ルグラン作曲)、「追憶」(マーヴィン・ハムリッシュ作曲)、「サウンド・オブ・ミュージック」(同名映画のオープニング曲、リチャード・ロジャース作曲)、「美しく青きドナウ」(シュトラウス2世作曲)、「別れの曲」(フレデリック・ショパン作曲)などです。

 

ここに挙げた楽曲の作曲家あるいはく曲名の多くが中欧のポーランド、チェコ、オーストリア、ハンガリーに所縁(ゆかり)があるものです。

ポーランド: ショパン

チェコ: ドボルザーク、スメタナ

オーストリア: サウンド・オブ・ミュージック(ザルツブルク)、シュトラウス2

ハンガリー: リスト

当ブログを読まれている方にはお分かりだと思いますが、今春に中欧旅行へ出掛ける動機づけのひとつとなったのは、これらの曲をピアノで練習したことにあったのです。

 

ちなみに、「レパートリーC」は「ムーン・リバー」(映画「ティファニーで朝食を」の劇中歌、ヘンリー・マンシーニ作曲)で始まり、「枯葉」(コスマ作曲)、「嘘は罪」(メイヒュー作曲)、「ジムノペディ」(サティ作曲)、「乙女の祈り」(バダルジェフスカ作曲)、「トロイメライ」(シューマン作曲)、「ある愛の歌」(フランシス・レイ作曲)、「ラデツキー行進曲」(シュトラウス1世作曲)、「エリーゼのために」(ベートーベン作曲」、「トルコ行進曲」(モーツアルト作曲)、「雨だれの前奏曲」(ショパン作曲)、「ノクターン」(ショパン作曲)など私がピアノで演奏してみたいと思う楽曲が多く含まれています。

 

これらが弾けるようになった暁には、「幻想即興曲」(ショパン作曲)や「春なのに」(中島みゆき作曲)など、いつかはピアノで演奏してみたい楽曲にも挑戦したいと思っています。

前者はピアノの練習を始めた多くの人たちが目標とする曲(10年以上の練習が必要?)であり、後者は今から27年前、アメリカに住んでいた時にかなりの高額で購入したアップルのパソコンで自動演奏して楽しんだ楽曲のひとつでした。自動演奏アプリ(シークエンサー・ソフト)をインストールした「マッキントッシュⅡsi」にMIDIインターフェースで電子キーボード(カシオ製)を接続する構成です。楽曲の複雑な音符をデータとして入力すれば、ピアノやオルガンなど好みのサウンドと任意のテンポで、しかも何度でも自動演奏させることができました。注、シークエンサーとは複数の電子楽器(シンセサイザーなど)の使用タイミングを、事前に設定したとおり、自動的に送り出す装置または機能

その時、いつかは自分の手で演奏したいと思ったものですが、30年後にはその夢が叶うかもしれません。ぜひ、そうありたいと思います。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ