« おでんの老舗・日本橋「お多幸本店」で食べる「とうめし」 | トップページ | 日本橋・八重洲の再開発エリアを歩く(後編) »

2019年2月22日 (金)

日本橋・八重洲の再開発エリアを歩く(前編)

現在、八重洲エリアで再開発計画が進められています。当ブログでは6年半前の記事で東京駅八重洲口の再開発(グラントウキョウノースタワー、グランルーフ、グラントウキョウサウスタワー、パシフィックセンチュリープレイス丸の内)を紹介していますが、今回は対象を八重洲・日本橋エリアに拡大した続編です。

 

日本橋交差点に接して建つ「コレド日本橋」と「東京日本橋タワー」、その南隣には「高島屋S.C.新館」(日本橋二丁目地区第一種市街地)が存在していますが、コレド日本橋の北側にある「日本橋一丁目中地区」、中央通りの反対側には「日本橋一丁目1,2街区」と「八重洲一丁目地区」、東京駅八重洲口の東側、外堀通りの東側には「東京駅前八重洲一丁目東地区市街地」「八重洲二丁目北地区第一種市街地」「八重洲二丁目中地区第一種市街地」などで再開発が三井不動産グループ主導で進行中です。ちなみに、京橋一丁目東地区でも比較的小規模の再開発が計画されているようです。

 

日本橋交差点付近とそれらの再開発エリアを見て歩くことにします。一際ユニークな外観で目を惹(ひ)く「日本橋一丁目三井ビルディング」(地上20階建て、高さ約121m)は高層部ガ賃貸オフィスで低層階ガ商業テナントが入る「COREDO日本橋」である複合ビルです。東急百貨店日本橋店(旧白木屋)の跡地に2004年1月26日に竣工し、同年3月30日にオープンしました。ちなみに、同年にグッドデザイン賞を受賞しています。
 
2019_02140029 
2019_02140030
   

この再開発ビルの北側のエリアは「日本橋一丁目中地区」再開発の対象で、51階建てのビルを中心とする再開発が2020年度から始まり、2025年度に完成する予定とされます。このエリアには昭和6年創業の老舗洋食店「日本橋たいめいけん」に加えて、背油たっぷりの「京都銀閣寺ますたに」や豚骨スープの「九州じゃんがら」などの人気ラーメン店が軒を構えていますので、兜町が近いこのエリアで働く金融関係者の昼食難民が出ると懸念されていることがニュース報道されました。

 

日本橋交差点の南東角には住友不動産などが「日本橋二丁目地区北地区」の名称で再開発・建設した高層部(8階以上)が賃貸オフィス、低層部が貸会議室と商業施設が入る複合ビルの「東京日本橋タワー」(地上35階建て、高さ約120m、2015年4月1日竣工)が聳えています。中央通り寄りには4階建ての低層棟(向かって左)とオブジェ(向かって右)がアクセントになっている広さ1500平米の広場が整備されています。
 
2019_02140023 
2019_02140022 
2019_02140028 
2019_02140026
   

その南隣にあるのは「日本橋高島屋三井ビルディング」(地上32階建て、高さ約175m、2018年9月25日オープン)で、7階までの低層部は115の店舗が入る「高島屋S.C.新館」となっています。その南隣は「日本橋高島屋本館(日本橋高島屋ショッピングセンター)」(地上8階建て)です。
 
2019_02140025 
2019_02140024
   

中央通りを挟んで「コレド日本橋」と向かい合うのが「東京建物日本橋ビル」(地上13階建て、高さ約56m、2015年竣工)で、その北側(写真右端)に再開発される「日本橋一丁目1,2街区」があります。
 
2019_02140027
   

永代通りを西に歩きました。「東京建物日本橋ビル」の西隣に建つ「日本橋三洋グループビルディング」(地上10階建て、2014年竣工)とその西側にある再開発エリア「八重洲一丁目北地区」にある東京建物の「TGビルディング」(地上8階建て、2002年リニューアル工事完了)と「新呉服橋ビルディング」(地上21階建て、高さ約107m、1979年9月竣工と続くと、呉服橋交差点の北西で工事が行われていました。
 
2019_02140031
   

ゴジラの絵と”TOKYO TOKIWABASHI 2027”の文字が描かれた工事用フェンスは三菱地所が開発する「東京駅前常盤橋プロジェクト」(敷地面積3.1ha)で、2つの高層オフィスビル(A棟:高さ212m、B棟:高さ390m)と2つの低層ビル、そして広場(7000平米)が2027年までに順次完成するようです。写真の手前でA棟(竣工:2021年4月末予定)の工事が行われています。ちなみに、常盤橋は江戸城の武家絵屋敷エリアに入るための常盤橋と常盤橋御門があった場所です。

 

常盤橋交差点を左折して外堀通りを南へ歩きました。外堀通りを挟んで東京駅八重洲北口および大丸百貨店が入る「グラントウキョウノースタワー」と向かい合うエリアが「東京駅前八重洲一丁目東地区市街地」です。現在は小規模の雑居ビルが雑然と建っています。南隣の八重洲口会館と新槇町ビルヂングは再開発エリアに含まれていないようで、このエリアは凹形をしています。54階建て(高さ約250m)のオフィスビル(2024年3月完成予定)が計画されているそうです。
 
2019_02140033
   

東京駅八重洲口側「グラントウキョウノースタワー」の前に「北町奉行所跡」の案内を発見
 
2019_02140034
   

東京駅八重洲北口と同中央口の間には放置自転車が鈴なりです。
 
2019_02140035
   

(続く)

« おでんの老舗・日本橋「お多幸本店」で食べる「とうめし」 | トップページ | 日本橋・八重洲の再開発エリアを歩く(後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋・八重洲の再開発エリアを歩く(前編):

« おでんの老舗・日本橋「お多幸本店」で食べる「とうめし」 | トップページ | 日本橋・八重洲の再開発エリアを歩く(後編) »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ