« 東新橋一丁目の汐留シオサイトを散策(その3) シオサイト3区「イタリア公園」・H街区と2区E街区(東新橋一丁目) | トップページ | またまた日本料理の「木曽路」へ »

2019年3月11日 (月)

汐留のシオサイトを散策(終章) シオサイト3区「イタリア公園から3区D南街区を通って新橋駅へ

「ゆりかもめ」と都道481号沿いに整備された歩道を歩いて新橋駅へ向かいます。
 
2019_02220067 
2019_02220068
  

東京下水道のマンホール
 
2019_02220069
   

3区D南街区にある東京ツインパークス用駐車場の出口
 
2019_02220070
   

同じく入り口
 
2019_02220071
   

住友不動産系の「ホテルヴィラフォンテーヌ東京汐留」(Hotel Villa Fontaine)は2004年に開業した高級ビジネスホテルで、客室数497、「ゆりかもめ」の汐留駅に直結しています。
 
2019_02220072
   

「ゆりかもめ」の下とJR(新幹線・山手線など)のガードを潜って第一京浜(国道15号)の新橋五丁目交差点に出て第一京浜を北上すると都道405号との交差点脇に日比谷神社(住所表示:東新橋二丁目)がありました。東新橋にあるにもかかわらず「日比谷神社」と呼ばれることに違和感があり、ネット検索で調べると、その理由は江戸時代初期に行われた江戸城の拡張工事のため、現在の日比谷公園辺りから現在地に遷(うつ)されたためでした。ちなみに、氏子地域は新橋の大半と東新橋(汐留)とのこと。
 
2019_02220075
   

その交差点で第一京浜の反対側の歩道へ移動すると前方に虎ノ門ヒルズが確認できました。第一京浜から虎ノ門ヒルズの下を抜けて外堀通りまで続く環状2号線(都道405号)の愛称は「新虎通り」のようです。
 
2019_02220076
   

第一京浜から山手線沿いの脇道に入るとほどなく日比谷口側にあるSL広場に出ました。新橋駅らしく大変な人出があります。何か催し物が開かれているのでしょうか。
 
2019_02220077
   

この催し物に興味がある方は当ブログの兄弟ブログである「竹輪会」を参照してください。同時に、この夜に食べたグルメ料理も見られます。(終)

« 東新橋一丁目の汐留シオサイトを散策(その3) シオサイト3区「イタリア公園」・H街区と2区E街区(東新橋一丁目) | トップページ | またまた日本料理の「木曽路」へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東新橋一丁目の汐留シオサイトを散策(その3) シオサイト3区「イタリア公園」・H街区と2区E街区(東新橋一丁目) | トップページ | またまた日本料理の「木曽路」へ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ