« 汐留のシオサイトを散策(終章) シオサイト3区「イタリア公園から3区D南街区を通って新橋駅へ | トップページ | 川崎市の桜の名所「宿河原堤桜並木」を巡る »

2019年3月18日 (月)

またまた日本料理の「木曽路」へ

この5か月間で3回も訪れている日本料理店「木曽路」にまた出かけました。10月の「しゃぶしゃぶ」、1月の「すき焼き定食」に続いて、2月は季節限定メニュー(1月15日~3月31日)の「鰻のひつまぶし」を目当てに利用しましたが、先月食べた「和牛のひつまぶし」が気に入った同居者がもう一度食べたいと言うのです。そういう場合には何も言わずに従うのが私のポリシーです。

 

私は最近食べていない「昼御膳」から4月18日までの期間限定メニューである「妻籠(つまご)(2000円+税)を選びました。内容は、お造り、焼物、一人鍋(レモン鍋)、揚物、茶碗蒸し、御飯、汁物、香の物、デザート。

 

一方、同行者は前回とまったく同じ「和牛のひつまぶし(デザート付)(2200円+税)を迷わず注文。今回、同行者が選んだデザートはアイスクリームの「桜バニラ」です。

 

休日とあって正午になり前に満席になったようです。焙(ほう)じ茶を飲みながら待つこと10分余り、先ず私の「妻籠」が配膳されました。久しぶりに目の前に置かれた昼御膳は品数が多く、胃が復調したとはいえ、まだリハビリ中の私には挑戦のし甲斐(がい)があります。
 
2019_03100001
 
まず、昼御膳の内容を目で楽しみました。
 

2019_03100006 
2019_03100007
   
ほどなく、お鍋が追加されました。
 
2019_03100004
   

鍋に火が通ったころ、店のスタッフさんが蓋(ふた)を外してくれました。

 
2019_03100008
 
早速、牛肉を出汁(だし)に付けて食べることに。
 
2019_03100009
   
「和牛のひつまぶし(デザート付)」を待つ同行者は暇を持て余したようでi Phone 6sを弄(いじ)り始めました。ほどなく、「和牛のひつまぶし(デザート付)」も配膳されると一転してご機嫌(きげん)に。
 
2019_03100002
     
早速、「ひつまぶし」の食べ方に従って食べ始めましたので、前回はしなかったお裾分けをねだると、そのままの牛肉とご飯だけではなく、出汁をかけた牛肉とご飯も小皿でくれました。程よい濃さであり、同行者が気に入った理由が分かりました。
 
2019_03100003
   
その後、私は鍋が煮詰まらないように鍋に専念しました。
 
2019_03100010
 
同行者のアドバイスにしたがって選んだ十穀米のご飯もしっかり食べました。
 
2019_03100011
 
少し時間を掛けましたが、何とか食べきることができました。
 
2019_03100014
 
先に食べ終えた同行者の前にはデザートのアイスクリーム「桜バニラ」が置かれ、
 
2019_03100016
 
 そして、少し遅れた私のデザートは「道明寺粉と餡の練り菓子」でした。
 
2019_03100015
 
今回を胃の快復状況を確認する機会と捉えた私にはチャレンジでしたが、難なく完食することができました。1年前には半分も食べられなかったことを考えると、大変な快復といえるでしょう。これから、その他の体調不良に一つひとつ向き合って行く勇気を貰いました。今日のランチには大満足です。心地よい満腹感がしばらく残りました。

« 汐留のシオサイトを散策(終章) シオサイト3区「イタリア公園から3区D南街区を通って新橋駅へ | トップページ | 川崎市の桜の名所「宿河原堤桜並木」を巡る »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまた日本料理の「木曽路」へ:

« 汐留のシオサイトを散策(終章) シオサイト3区「イタリア公園から3区D南街区を通って新橋駅へ | トップページ | 川崎市の桜の名所「宿河原堤桜並木」を巡る »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ