« つけうどんとかれーうどんの「ゆでぞう」(大阪府枚方市・楠葉店) | トップページ | 淀川河川公園「背割堤の桜並木」を再訪(前編) »

2019年4月15日 (月)

天然とんこつラーメンの「一蘭」(京都八幡店)

オチビちゃんとコチビちゃん兄弟3人、私と同行者の5人でこれまで当ブログで2度(洞ヶ峠とラーメン一蘭(京都八幡店)京都のラーメン店「一蘭」(再訪))紹介した京都府八幡市(やわたし)の「とんこつラーメン 一蘭」を再々訪することにしました。彼らの両親が不在時の昼食です。

 

当ブログで紹介したことがある「松花堂庭園」の前を通過して、
 
2019_04060207

 
池と桜がある美しい「さくら近隣公園」(敷地内には八幡市こども動物園がある)で満開になった桜を見ながら、
 
2019_04060208  
2019_04060209  
2019_04060210
 

男山泉交差点で左折し、さらに八幡洞ヶ峠交差点を左折して国道1号に入ると、数10m先に見慣れた「一蘭」の建物が現れました。
 
2019_04060206
 

博多発の天然とんこつラーメン専門店で、国内外に50数店舗を展開しています。
 
2019_04060205
 

入口を入ったところに2台ある発券機でメンバーは各々の好みでメニューを選びます。とは言っても、主メニューは「天然とんこつラーメン」のみで、その他は替え玉・追加ねぎ・のり・きくらげ・半熟塩ゆでたまご・煮こみ焼豚皿・ごはんなどのサイドメニューです。
 
2019_04060204
 

同行したオチビオチビちゃんとコチビちゃんたちとともに空いているカウンターに着席(5人で4席)し、
 
2019_04060203 
2019_04060198
  

私は注文票に希望を記入して呼び出しボタンを押しました。
 
2019_04060197
 

待つこと約10分で私の前に「天然とんこつラーメン」(790円)が配膳されました。
 
2019_04060199
  

中学生のオチビちゃんは小ごはん(200円)も頼んでいました。
 
2019_04060200
 
コチビちゃんの3歳になる妹はゆで卵付。ただし、まだ取皿を使います。ちなみに、同行者はそのサポート役。
 
2019_04060201
 
私が今回も完食した写真を掲載します。ただし、汁はほとんど飲まないで我慢しました。
 
2019_04060202
 
「一蘭」の「天然とんこつラーメン」はその独特の味がやはり魅力的でした。首都圏にも「一蘭」が30軒近くありますが、やはり関西で食べる「天然とんこつラーメン」は一味違うように感じます。

« つけうどんとかれーうどんの「ゆでぞう」(大阪府枚方市・楠葉店) | トップページ | 淀川河川公園「背割堤の桜並木」を再訪(前編) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つけうどんとかれーうどんの「ゆでぞう」(大阪府枚方市・楠葉店) | トップページ | 淀川河川公園「背割堤の桜並木」を再訪(前編) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ