« 「いきなり!ステーキ」で「300gのワイルドステーキ」に挑戦する | トップページ | 神代植物公園でバラを鑑賞する(その2) 「ダリア園・ぼたん園・しゃくやく園」 »

2019年5月18日 (土)

神代植物公園でバラを鑑賞する(その1) 「国際ばら新品種コンクール(JRC)入賞花展」

調布市の神代植物公園でバラが見ごろを迎えたとのニュースを見たことで久しぶりに訪れることにしました。前回、神代植物公園や深大寺を訪れたのはいつのことか記憶にありませんが、2005年10月6日に当ブログを始める前であることは確かのようです。ちなみに、当ブログでは隣接する三鷹市の禅林寺(ぜんりんじ)、ジブリ美術館三鷹天文台などを散策したり天然温泉むさし野「湯らく」とみたか温泉「新鷹の湯」に立ち寄ったりしたことをブログ記事で深大寺に触れています。

 
また、当ブログではこれまでに訪れたバラ園として、川崎市の生田緑地ばら苑(その1その2)、文京区の旧古川庭園横須賀市のヴェルニー公園御殿場市の百万本のバラ園前橋市の敷島公園などを紹介しています。

 
余談です。隣接するように立地する深大寺と神代植物園が異なる漢字を用いることに興味を持ってネットで検索すると、地名の変化がその理由であることが分かりました。以前の記事「枚方宿と娯楽湯」で紹介した大阪府枚方(ひらかた)市の楠葉(くずは)と樟葉(くずは)駅とよく似た経緯です。つまり、深大寺周辺は江戸時代から深大寺村と呼ばれていましたが、明治22年(1889年)4月に深大寺村と近隣の村が合併して神代村が誕生し、戦前 この地(深大寺の旧寺領)に造られた防空緑地が神代緑地と命名され、昭和36年(1961年)に神代植物公園が開園した経緯がありました。一方、平安時代に創建された深大寺の寺名は変わっていません。

 
国道20号(甲州街道)を西進して調布市の下石原交差点を右折、都道12号(武蔵野通り)を北上して中央自動車道を潜り、野川を超えた神代植物公園北交差点を右折して植物公園通りに入ったところに神代植物公園第1駐車場がありました。予想した通り、入口付近には数台の車が駐車場の入口へ向かうところでした。場内の奥にはまだ空きスペースがあり、神代植物公園が開場する午前9時30分ころに車を停めることができました。
 
201905170002
 

100mほど南へ歩いたところに正門ゲートがありました。
 
201905170003
 

入園料は大人500円(65歳以上は250円)・中学生200円
 
201905170010
 

正門を入った右手に神代植物公園の「園内情報案内所」と「触知図案内板」がありました。園内はいくつかのエリアに分かれており、各エリアを巡る順路が赤いラインで示されていました。目指す「ばら園」は右手奥にあるようです。ちなみに、「触知図」とは表面に凹凸があり、視覚障害者が指先で触れて形などを確かめることのできる図です。
 
201905170005 
201905170006
 

左手には神代植物公園とその周辺にある緑地(左隣り:自由広場・植物多様性センターなど、右飛地:水生植物園・城山)を含む大きな案内図もあります。
 
201905170009
 

そして、その左隣には「国際ばら新品種コンクール(JRC)入賞花展」の展示場が開設してありました。
 
201905170008
 

右端にある特別出展の「ミニバラ懸崖」(品種名:のぞみ、大熊康弘)
 
201905170011
 

以下、主な入賞作品を順不同で紹介します。(注、出品者と作品名は省略)
 
第Ⅰ部 四季咲き性大輪系 銅賞

 
201905170012 
201905170014 
201905170015
 
同 銀賞
 
201905170016
 

同 金賞
 
201905170017
 

第Ⅳ部 つる・シュラフ系 金賞
 
201905170018
 

第Ⅳ部 つる・シュラフ系 銅賞(左) 銀賞(右)  第Ⅲ部 ミニ・ポリアンサ・パティオ系 銀賞
 
201905170019
 

第Ⅲ部 ミニ・ポリアンサ・パティオ系 金賞
 
201905170020
 

第Ⅱ部 四季咲き性房咲き系 金賞
 
201905170021
 

次回から、ダリア園・ぼたん園・しゃくやく園、大温室、バラ園の順で神代植物園内を紹介します。(続く)

« 「いきなり!ステーキ」で「300gのワイルドステーキ」に挑戦する | トップページ | 神代植物公園でバラを鑑賞する(その2) 「ダリア園・ぼたん園・しゃくやく園」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「いきなり!ステーキ」で「300gのワイルドステーキ」に挑戦する | トップページ | 神代植物公園でバラを鑑賞する(その2) 「ダリア園・ぼたん園・しゃくやく園」 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ