« 北欧4か国を駆け巡る旅(その12) ベルゲンからハダンゲル・フィヨルド地区へのバス旅(後編) | トップページ | 北欧4か国を駆け巡る旅(その14) ハダンゲル・フィヨルド地区(ウルヴィック)のブラカネス・ホテルに宿泊(後編) »

2019年6月24日 (月)

北欧4か国を駆け巡る旅(その13) ハダンゲル・フィヨルド地区(ウルヴィック)のブラカネス・ホテルに宿泊(前編)

外の景色を楽しんでいるうちにチェックインが完了。宿泊する部屋は1階(日本の2階)にあるロビーから時代を感じさせるエレベーターで1階分だけ上がった303号室です。ちなみに、荷物がなければロビーから続く階段を上がればすぐ部屋にアクセスできて便利な場所にありました。
  
201906010375  
201906010332
201906010333
 

4つ星ホテルだけあってバスタブが設備されています。
 
201906010334
 

3階(日本の4階)の窓から見るウルヴィック・フィヨルド
 
201906010330
201906010329
201906010331
 

午後7時30分からホテル内のレストランで夕食(ブュッフェ形式)でしたが、何組もの団体客が到着したため、大きなレストランもほぼ満席の状態。人気があることが良く分かるホテルです。
 

フィヨルドを正面に見ることができる3階の自室で絶景を3時間近く楽みました。
 
201906010335
201906010336
201906010337
201906010338
  

午後11時と言うのに外はまだ薄暮状態ですから厚手のカーテンをしっかり閉じて就寝することにしました。この日(2日目)の総歩数は12,233歩です。
 
201906010340
 
天気予報では翌日雨天と伝えられていましたので、空が白み始めた午前4時頃に起床。カーテンを開けると前夜と同様の曇天で、雨は降っていないことに安堵しました。
 
201906010341
201906010343
201906010344
201906010345
 

ベランダにある椅子席からはロビーに続くサンルームがすぐ下に見えます。
 
201906010346
 

雲の状態は刻々変化して、視界が少し悪くなったようです。
 
201906010347
201906010349
 

この日は船でフィヨルドをクルーズする予定が入っていますから気が気ではありません。20年前(1999年4月)にニュージーランドの南島にあるフィヨルド「ミルフォート・サウンズ」ではボート・クルーズが風雨に祟(たた)られたことが思い出されます。次の写真はその時に撮影したものです。
 
Photo_20190623133301
 
(続く)

« 北欧4か国を駆け巡る旅(その12) ベルゲンからハダンゲル・フィヨルド地区へのバス旅(後編) | トップページ | 北欧4か国を駆け巡る旅(その14) ハダンゲル・フィヨルド地区(ウルヴィック)のブラカネス・ホテルに宿泊(後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北欧4か国を駆け巡る旅(その12) ベルゲンからハダンゲル・フィヨルド地区へのバス旅(後編) | トップページ | 北欧4か国を駆け巡る旅(その14) ハダンゲル・フィヨルド地区(ウルヴィック)のブラカネス・ホテルに宿泊(後編) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ